FC2ブログ

Articles

札幌にやってきました&いよいよ北大スタート

 昨日、東京西多摩で最後の一日を過ごしていました。そうはいっても、緊張はしたものの夜になるといつもと同じようにすごしていたので「本当に明日から札幌にずーっといくのか?」ということが自分で信じられないような状態でした。でも最後には違いがないのです。なんだかんだで午前3時くらいに寝たような気がします。
 それで、朝の9時50分に起きました。なぜか? アニメ「ハヤテのごとく!」があるからなのです。私は前からこのハヤテが見たいと思っていて、札幌にもこれを見てから行こうと思っていたので予定通り起きてみてました。相変わらず予想通りすばらしいアニメであり「うむ、ハヤテはよし!」だと思っていました。それから簡単に食事を取ってから、荷物の最終チェックをして家を出ました。なんか微妙に眠かったので行くときの電車では寝ていました。それで東京から浜松町にいってモノレールで羽田空港で。今回はまたスカイマークで新千歳にいきました。
 14時20分の便で新千歳へ。基本的に1時間半飛行機の中でぼけっとしていれば到着する。今回はなぜか窓際の席が空いていたので外を眺めることができた。上空は雲の上で、下に一面の雲海、上に青空というなんとも不思議な光景を眺めることができた。
 幸い天気は東京・札幌ともに雨は降っていなかったので移動は特に不便はない。

 新千歳からは快速エアポートで35分で札幌に着く。なんというか、非常にあっさりと札幌に到着した。ふらふらと札幌を歩いていると、なんだか家から遠いところにきたという実感がまるでない。ちょっとすればすぐに家に帰れるんじゃないのかというような奇妙な錯覚を感じながら町を歩いてアパートメントに行く。3日ぶりだが出たときのままであった。いったん荷物を置いて夕食でも食べに出かける。大体17時くらいだが昼食をあまり食べていなかったのおなかがすいているのである。ちょっと歩いて北大の中央食堂へ。…するとこれがまた見事にしまっている。どうしようかとしばし途方にくれていたがまあ仕方があるまいとまたしばらく歩いて北大正門のモスバーガーに移動してハンバーガーを食べて夕食にする。非常にうまかった。そのあとで工学部研究室に移動。

 なんだか日曜日はしまっているらしく入るのに少々手間がかかった。だがなんとか入れたのでこうやって研究室のPCを借りて一日ぶりにネットをチェックする。昨日PCをばらして送ってしまったので昨日はPCに触れなかったのだ。なのでなかなか新鮮な感じである。私は重度のネット中毒患者なので一日PCがたたけないと妙に落ち着かない。それなので久しぶりにキーボードをたたいて少々安心した。

 ちなみに、本日は行くときの飛行機で「世にも美しい数学入門」ちくまプリマー新書を読んでいた。170Pくらいの本なのであっさりと読了。個人的にはそれほど面白い内容ではなかった。いかんせん内容がゆるゆるすぎて歯ごたえがない。タイトルと作者を見てもうちょっとは楽しめるかと思ったが、個人的にはいまいちな本であった。だが、中古250円の新書としてはこんなものだろう。

 今日は余裕があればまた駅前の電気屋とか紀伊国屋書店とかを冷やかそうと思ったが、体力温存のためにまた後日にした。今日は適当に休もうと思う。
 明日からは北大での話が本格的に動き出すので個人的に非常に楽しみである。せいぜいがんばって有意義に過ごそうと思っています。

世にも美しい数学入門 世にも美しい数学入門
藤原 正彦、小川 洋子 他 (2005/04/06)
筑摩書房

この商品の詳細を見る

スポンサーサイト



Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ