FC2ブログ

Articles

風邪がなかなかなおらねえ&ラジオ収録&F1モナコGP予選

 引いてから三日目に入りますが、風邪がなかなか治らない。そんなわけで結構苦労しています。それでも家にいるとろくな料理を作らないので、熱がちょっと引いたこともあり、昼食を食べに学校にやってきたり、その後で調子が悪くなって寝込んだりと、なかなか波乱万丈な生活を送っています。この風邪のせいでショップに買い物にいけない。それがちょっとつらいが、特に用事がきつくないときに風邪を引いたのは幸いだと思うべきだろうか。

 なんとか頑張ってWEBラジオ無重力地下放送の27回を収録する。明日に配信します。本編でも触れたけど、私にとってラジオというのは週に一回のお祭りじゃないかと最近思うようになった。

 ISPSというシンポジウムに申し込みたいので、そのための原稿も風邪の中考えています。どうにもさっぱり筆が進まずに大苦戦を強いられているが、せっかくだから参戦したい。びりっけつでもいいから完走してみたいという気分。

 F1モナコGPが開幕です。風邪引いたり原稿を書いたりラジオを収録したりでなかなか見れない。予選の第一ピリオドをかろうじて見た。佐藤琢磨がノックアウトされていたのが非常に残念である。後半からの追い上げに激しく期待する。…抜けないと評判のモンテカルロでどこまで順位を上げられるか、見ものである。

人気blogランキングへ
↑科学技術30位くらい

スポンサーサイト



コラム:パワーポイントでの発表に紙の資料は必要か

 北大に来て、ゼミ(勉強会)の方法が学習院と同じだったのでびっくりした、これならやっていけそうだという手ごたえを感じたと以前書いた。
 だが、学習院と北大で違っているところもある。それが発表時にパワーポイントの資料をプリントアウトして配布するということだ。

 学習院にいたときはパワーポイントで発表をするときにスライドを紙にすって配るということは誰もやっていなかった。特に不都合はなかったし、スライドで写すのに同じものを紙で配る必要はないだろうと私は漠然と思っていた。
 だが、北大の研究室のゼミでは発表者がプレゼンに使うスライドを紙にプリントアウトして参加者に配っているのである。これがなんだかびっくりした。ちらちらみていると結構メジャーな風習のようだ。
 学習院にいた私からすると、プレゼン資料の紙での配布なんていらないんじゃないのか? と思えて仕方がない。
 そもそもプレゼン資料というのは紙での資料がなくても良いように作るものじゃないのか? 原稿を紙で配るのならばスクリーンにスライドを映す必要がない。また配られた資料を読んでいて気づいたが、紙の資料があるとそれを読むのに忙しくってスクリーンに写されたスライドを見ている余裕がない。

 紙で配れば発表後に振り返って考えるときに役立つかもしれないが、私の場合は他人の発表資料なんぞ発表後に見返すことはほとんどまったくないのである。大体研究室でのプレゼンなら紙で配らずに電子ファイルを共用サーバーにおいておけば用事はすむだろう。

 以上のような事を書いていて思ったが、ようするに私はパワーポイントで発表をするときにスライドをプリントアウトしてメンバーに配るという風習が理由抜きで好きになれない。理由はないが私は嫌いだ。そんなわけで、私は出来うる限り発表時には紙の資料を配らないようにしようとここに宣言する。紙の資料がなくたって、スクリーンを見て私の話を聴くだけで内容が分かるような発表を俺はやってのける。という風に言ってみよう。はたしてどうだろうか知らん。

人気blogランキングへ
↑科学技術30位

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ