FC2ブログ

Articles

研究室のゼミで発表をする&一週間後も私のターン

 研究室のゼミ(研究発表会)で私のターンが回ってきたので、というか、一番手スタートを任命されたのでしょっぱなからやることになったので発表をする。気が向いたので文献だけは英語らしきもので書いてみたが英語として成立していなかったのでいささか申し訳ない。だが、研究室のゼミなんていい加減にやってもそんなに起こられないので「練習走行」とわりきって英語の原稿を書き続けて英語の練習というか実験場としてここを使ってみようかと思う。

 それで、なんとか研究報告を終わらせたかと思っていたら一週間後になんか文献を読んで内容を紹介するゼミというものがあり、それの一番手スタートも私に任命されたので一週間後にやらないといけないので結構大変な状況になってきた。
 見事に受講している英語の集中講義と重なっているので、こいつらを片付けるのに一週間ではつらいんじゃないのかと我ながら戦々恐々としている。
 ついでに研究室でのパーティーが2つ入っているので時間をとるのが結構つらい状況で困った困ったというところ。

 とりあえず、なにかの文献を読んで紹介しろというお題である。私は「炎の光学的な計測」というものに興味が向いているのでそんな風なテーマの文献を読み込んでちまちまと紹介できたら面白いのではないかと思う。
 そんなわけで、今日はデータベースをたたいてなんか面白そうな文献がないかをひたすら探す。

 うすうす思うが北海道大学にやってきてからの私は妙に忙しい。仕事がたくさんあって非常に充実しているので楽しくて仕方がない。おかげでアニメショップにさっぱり行けないが、まあやることがあるというのは幸せなことだろうと思うのでよしと考えたい。

 宿題がたくさんあってなかなか実験に手が回らないが、宿題を手堅く仕上げていけばきっとチャンスもめぐってくるに違いない。そう思ってちまちまと宿題をやろうと思う。

人気blogランキングへ
↑科学技術25位くらい

スポンサーサイト



SONYのビデオカメラHDR-HC3が使えそうだ

 火曜日に帰り道にある古本屋、北12条書店のワゴンにあったDIMEという雑誌を100円で買った。それに偶然載っていたのだが、SONYが去年出したビデオカメラには一秒間に120コマの映像が取れる機能が搭載されているそうだ。
 個人的にびっくりした。普通のビデオカメラは毎秒30コマで、その4倍が取れるカメラなんぞそんなないのである。それがビデオカメラのオマケ機能として搭載されているとしたら燃焼研究をやっている私からすれば「おい、これはすごくないか!」という機能なのである。
 値段は高くて9万円。それで120Hzの映像が取れるカメラが手に入るのならばこれは非常に使えるというべきである。

…古本好き・デジタルグッズ好きの能力が意外なところで研究に役に立ちそうだ。

梅沢無線電機でケーブルを買った昨日の話

 火曜日の話を忘れないうちに書いておきたい。朝4時半に学校に登校していたが、午前中に実験で使用するケーブルを買おうと商店街の梅沢無線までてくてく歩いて出かけてケーブルを買ってきました。これで実験が出来るのだけれども、論文紹介とか英語の課題とかいろいろと宿題がたまっているのでこの調子だと当分実験に着手できそうにないのが非常に残念である。

 午後にISPS(微小重力関係のシンポジウム)に提出する原稿をせっせと考える。それを考えていたら無性にショップに出かけたくなってきたのと、風邪も大分よくなってそろそろ外出しても良いだろうと思うようになってきたので、まず古本屋の南陽堂書店にでかけて古本を二冊ほど買う。
 そのあとでツクモ電機に出かけてゲートウェイのパソコンをチェックして、ヨドバシカメラに出かける。入り口近くにMacが展示してあるが、弁当箱くらいの小さなMac miniにばかでかいディスプレイがつながっている様子は非常に不思議だ。アップルは非常に前衛的なパソコンを出してくるので時々分からん。だが、アップルらしいなと感心する。ヨドバシでは携帯電話をちらちらと眺める。
 それから紀伊国屋に出かけて辺見庸の新刊(といっても3月ごろの本だが)を読んで家に戻りました。久しぶりに近場のショップを回って満足です。今後はアニメショップにも行きたいですが、最近やけに忙しいので難しいです。

 水曜日は研究室の勉強会に出てそれから本日の午後にある発表会でプレゼンテーションをしないといけないので、そのための原稿をせっせと考えていました。
 あとはマガジンの発売日だったので生協で買ってネギま!とか読んでました。久しぶりに雑誌でネギま!をじっくり読みましたが、読み応えがあって楽しいです。

人気blogランキングへ
↑科学技術30位くらい

青年の翼―若い日本人のための12章 (1980年) 青年の翼―若い日本人のための12章 (1980年)
広中 平祐 (1980/02)
パナジアン

この商品の詳細を見る


関西弁の数学噺―数学世界を散歩する 関西弁の数学噺―数学世界を散歩する
森 毅 (1989/02)
福武書店

この商品の詳細を見る

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ