FC2ブログ

Articles

植松電機・カムイスペースワークスを見学させていただきました

 赤平の落下塔を見る機会に恵まれたので本日いってまいりました。そんなわけで、50mの落下塔の見学と、それから(株)カムイスペースワークスの見学をしてまいりました。

 本日は落下塔からカプセルが実際に落下するところまでを見ることが出来たので非常に勉強になりました。…なるほど、こうやって落とすのかと感心しました。非常にためになります。近日中にまたここで重力センサーを搭載して落下時の重力を測るということが出来るらしいのだけど「とりあえず10回くらい」落下実験が出来るというような話になってびっくりしました。…落下塔という極めて希少な実験装置をこんなにあっさりと10回も使えるのかーと思うと、北海道にやってきてよかったとつくづく思いました。楽しみです。

 それで、カムイスペースワークスの施設インフラもちらちらとチェックしてきました。「ウェブは使えるのか?」と思っていたのだけれども、部屋には無線LANが配備されていてどうやら高速インターネットが出来るようだ。もちろん有線LANもある。またシャワー室があって宿泊も可能なようになっているし、給湯室には冷蔵庫・炊飯器・コンロとかがあったので自炊も可能である。部屋も最近出来たそうでやけにきれいだったので、「これだけのインフラがあれば長期泊り込みも十分に可能である」という結論に落ち着いた。難点としては近くに店がないので、食材を買いに行くときに車がないと大変そうということは感じたが、天気が良ければ自転車か何かで買いにいけるだろう。ちょっと離れたところにスーパーがあったのである。

 隣の部屋のHIT-SAT(北海道発の小型人工衛星)チームの部屋の扉が開いていたので入り口からしげしげと中を(無断で)見学させてもらったが、なんかディスプレイが2台あったりやけにでかいスピーカがあったり、あるいはオシロスコープがあったりでものすごい装備であった。「こんな装備で研究しているのか」ととてもためになった。またその隣の部屋の扉も空いていたのでやはり(無断で)見学させてもらったが、本棚に「まんがサイエンス」が10巻くらいまで置いてあったのが印象的だった。
 あとはミーティングルーム?にガンプラから戦闘機のプラモから戦艦ヤマトのプラモまでディスプレイしてあって「オタクだなー」とやけに感心した。

 そんなわけで、今回は「一週間くらいの泊り込みは十分に可能」という情報を得ることが出来て、非常にためになりました。どうやらまたくることが出来そうで、とても楽しみにしています。北大で準備を確実に進めたいです。

人気blogランキングへ
↑科学技術20位くらいです

まんがサイエンス (10) まんがサイエンス (10)
あさり よしとお (2007/01)
学研

この商品の詳細を見る

スポンサーサイト



姉妹ブログのログを移転

声優アニラジcafe

 株式会社アルクのMANGAカテゴリーで9ヶ月にわたって運営してきた、私の中では思いいれの深い姉妹ブログの閉鎖を受けて、ログをはてなに移しました。とりあえず、ログは残します。WEBでの活動自体は、ここ(利口系無重力blog)を拠点にやりたいと思います。どうぞ皆様、今後ともよろしくお願いします。学校が忙しいのでどこまで出来るか不透明になってきましたが、出来るだけ頑張ります。

たこやき本を読む:「とらドラ・スピンオフ!―幸福の桜色トルネード」&「乃木坂春香の秘密6」

とらドラ・スピンオフ!―幸福の桜色トルネード とらドラ・スピンオフ!―幸福の桜色トルネード
竹宮 ゆゆこ (2007/05)
メディアワークス

この商品の詳細を見る


乃木坂春香の秘密 6 (6) 乃木坂春香の秘密 6 (6)
五十嵐 雄策 (2007/06)
メディアワークス

この商品の詳細を見る

 というわけで、たこやきさんのお奨めの本を読むシリーズの第二段です。とらドラ スピンオフに関しては、いろいろなところで評価が高かったということもあり、読んでみることにしました。
 最近はなんとも学校が忙しくってろくに小説が読めないので(それ以前に本自体がろくに読めないが)、面白いと評判の小説があったらこの機会にえいっと読んでおきたいと思ったのです。

 さて、それで最近もうひとつ読んだのが「乃木坂春香の秘密」の最新6巻なのですが、典型的なラブコメであるこの二冊を読んでいて、併せて感想を書きたいと思いました。
 自分でつくづく思ったけれども、俺は心が汚れてしまったのかもしれない。小説として考えるのならば、この二冊のラブコメは非常に面白くって「いい話だな」とか、「俺もこんな風な学園生活を送りたい」というような幸せな気分にさせてくれるとてもよい話だといえる。間違いなく、面白い小説だった。
 だけれども読んでいて、「こんなに素敵なヒロインは現実にはいないのだろうなー」ということも読んでいて同時に思った。なんというか、サンタクロースを架空の存在で実在を信じないように、私は「とらドラ スピンオフ!」も「乃木坂春香」も、ヒロインの実在をどうしても信じることが出来なかったのだ。

 ヒロインは小説の中にしか存在しないのだろうとは思う。だが、素晴らしいストーリーだったとつくづく感じた。

人気blogランキングへ
↑科学技術20位くらい

本日は赤平落下塔に行く予定です!

 本日は札幌から少し離れて、滝川の近くの赤平(といって土地勘のある人は何人いるんだか)に出かける予定です。実験装置、落下塔を少し見学できるようで、とても楽しみです。

 昨日は実験装置を少し作っていました。なかなか上手く動いてくれるようで嬉しいです。また図書館にも出かけて研究に使えそうな資料を探していました。工学部図書室の書庫にはいったけれども、非常にたくさんの本がおいてあって嬉しかったです。これだけ本があると研究がはかどりそうです。…多分。
 最近気づいたが、本が多くても読むのに時間がかかるから、実際は大して読めないのだが。それでも蔵書が多いのは選択肢が多くて嬉しいといえば嬉しい。

 知人が立花隆の「脳を鍛える」を紹介したので、しばらく昔に読んだけどまた読み直してみることにしました。それなので図書館でまた借りてきて読みなおしています。今読むといっていることが分かって、大学で勉強をするというのがどういうことなのか、非常に勉強になる本です。

 北海道では月曜深夜にアニメがやるということもありまして、「ながされて藍蘭島」の雪山に氷を取る話をやっとみれました(北海道は他の地域よりも放送が遅れている)。ゆきののママが萌えでした。
 ハヤテもやっとみれました。西沢さん登場!ということで、なんか西沢さんですら萌えだったのにはびっくりしました。

人気blogランキングへ
↑科学技術25位くらい

脳を鍛える 脳を鍛える
立花 隆 (2000/03)
新潮社

この商品の詳細を見る

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ