FC2ブログ

Articles

大阪にやってきた(ISPS初日)

 今日は5時半に起きた。8時の飛行機に乗る予定だったのである。だが、札幌駅発の快速エアポートが普段は15分に一本はあるはずなのに20分待たされてあげく新千歳空港のカウンターについたのが7時50分であった。あやうく乗り遅れそうになった。今回ばかりは本気でびびった。
 そんでJALの飛行機に何とかギリギリで滑り込んで関空に飛ぶ。10時10分に関西国際空港に到着した。止まっている飛行機を見て「Air France」と書いてあるのを見て、「そうか、エール・フランスのエールってのはAirをフランス語で発音したものなのか」とはじめて気がついて感心した。

 そんなこんなで生まれて初めて関空に来た。なんかすげー豪華だ。それはともかく、暖かいのでびっくりした。札幌はもう冬の陽気で私も冬服を着ていたが、関空に降りたら例年の東京と同じくすごしやすい秋の陽気で札幌とは気温がまるで違う。電車に乗ると冷房が入っている始末だ(北海道では暖房が入っているというのに)。このへんの気温の違いを見て、なんかすごく驚いた。
 飛行機を降りてすぐの関空のレストラン街にサンドイッチのSUBWAYがあったのでシーザーBLTをちょっと頼む。本当に久しぶりにサブウェイのサンドイッチを食べた。実にうまい。東京大学の本郷の構内にも出店していてびっくりしたが、北大の近くにもこないだろうか(その前に吉野家が近くにきてほしいのだが)。

 大阪に来たと実感したのは、電車にたまたま乗り込んできた高校生らしき一団が当たり前に関西弁でおしゃべりしていること。「そうか、ここは大阪なのか」と実感した。話には聞いていたが、エスカレーターで左側を開けるというのも本当だった。本当に東京とは逆サイドをあけているのでびっくりした。

 電車で1時間くらいのって難波に行く。なんか想像よりもすごく賑やかなのでびっくりした。よく地図を見ると大阪の電気街の日本橋のすぐ隣である。「ああ、聖地の隣だ」と妙に感心する。
 ホテルに荷物を置いて奈良県新公会堂に出かける。行く前に松屋があったのでよって昼食に牛丼を食べる。

 近鉄なんば駅から40分くらいで近鉄奈良駅である。駅を降りて1.5kmほど歩く。いって気づいたが奈良公園のど真ん中だ。東大寺が近い。修学旅行のメッカのようなところであった。そこらじゅうに仏教最高!という雰囲気のものがあり、ついでにそこら中をシカがうろうろと我が物顔で歩いている。「ああ、シカいるじゃん」と思いながら歩く。

 グーグルマップでは駅から公会堂まですぐだと思ったが歩くと結構距離がある。なんとか会場に着いた。入り口で「ISPSはここですか?」と聞くとそうだそうだとの答えだがなんだか話がかみ合わない。ちょっと話しているとどうやら準備の係りの人だと思われていたらしい。私は一応一般の参加者で今日は受付に来たというと、受付の開場はここではなくってJR近鉄駅近くのホテルでやっているということだった。「そんなこと書いてあったかな」と思ったが、ウェブサイトが全部英語なのでよく分からないのである。とにかくJR近鉄駅に移動。循環バスが走っていたのでそいつに乗る。

 駅の観光案内所でホテルの場所を聞いて、なんとか本日のミッションであるISPSの受付をすることが出来た。予稿集ももらうことができたが、これがコミックマーケットのカタログ(冊子版)ぐらいの代物でなかなか持って帰るのが重かった。
 帰りはJRを使う。なんか話にはチラッと聞いていたが本当に関西はJRと私鉄が競合していて、近鉄とまったく同じような路線を走っていてびっくりした。関西はすげーなと思いながら帰りはJRに乗ってなんばに戻る。

 夕食を食べようと難波の町を少し歩く。吉野家があったので久しぶりに吉野家で牛すき鍋定食を食べることが出来た。
 ブックオフもあったので100円コーナーを冷やかす。こちらで糸川英夫の本(逆転の翼―ペンシルロケット物語)があったので買ってみた。昔図書館で借りて読んだが、大阪に来て100円で入手できるとは思わなかった。子供向けの本だし、あまり話題に上っていないがよい本だと思う。そういや当時の俺は子供の科学を購読していたのでその書評で知ったのだ。

 ISPSは、プログラムをちらちら見ているとだいぶ楽しそうである。それなので明日からがんばって聞き込みたいと思う。だが、全部英語の発表会なんて初めてだから、どこまで判別できるかはだいぶ難しい。

人気blogランキングへ
↑自然科学40位くらい

逆転の翼―ペンシルロケット物語 (ノンフィクション科学の扉) 逆転の翼―ペンシルロケット物語 (ノンフィクション科学の扉)
的川 泰宣 (2005/11)
新日本出版社

この商品の詳細を見る

スポンサーサイト



Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ