FC2ブログ

Articles

明日からちょっと大阪に出かけます・更新しばらくお休みです

 それなので、条件が悪かったならば来週の月曜日くらいまでここの更新が出来ないかもしれません。ふと思い立ったので大阪に日帰りでいってこようと思います。少し遠いけど、東京-大阪の移動をムーンライトながらでやるんだったらそんなに難しくはないと思う。それよりも睡眠時間を調節するほうが難しい。

 本日は本当に久しぶりに年賀状を書いていました。ここ数年親戚に年賀状を出そうとは思っていて出せなかったので、今回何とか書き上げることが出来て本当に良かったです。
 コンビニに年賀状を買いに出かけたら、元旦の新聞が売っていたので読売と毎日を入手することが出来た。明日にちょっと読んでみたいと思う。
 朝日新聞の元日分を読んだ。出版社の全面広告がとても面白いと思った。面白い広告はそれ単体でしげしげと読んでしまう。

 外を少し歩いていましたが、なかなか暖かくてよかった。もうそろそろ北海道に移動するが、多分次にくるときもごくごく普通にくるんじゃないかと思う。

 アニメ「みなみけ」の最終回を見た。実に良い作品だと思った。

 そういえば、2007年度版私的アニメランキングを考えたい。ただ去年に何をやっていたかをそもそも忘れてしまった。どんなアニメがあっただろうか。

スポンサーサイト



新年明けまして…去年を振り返り・今年の抱負を考える

 なんだかよく分からない。めでたい気分はまるでないが、現状で不幸ではないから多分幸福なのだろうと思う。
 ブロガーとしてはネタにしやすいイベントがあると記事が書きやすいから、年明けは書くチャンスではある。
 少なくとも、昨年を振り返って自分の中でまとめる作業はやっておいて損はない。

 昨年はやっぱり学習院を出て札幌に乗り込んで北海道大学で勉強を始めたということが、結構大きな出来事だった。
 やる前は札幌で一人で勉強をすることが出来るかどうかわからなかったが、今のところ結構あっさりと札幌で一人でやれているから良く考えると不思議だ。こんなに簡単に出来るとは思わなかった。

 数年前は金に執着していたので金がないことに劣等感を感じて仕方がなかったが、「金は天下の回り物」というようなことを本気で思うようになったので(価値のあることをしていても金が稼げないことはある、それは社会の責任だと思うから俺が劣等感を感じる必要はねえ)、最近は金がないことへの劣等感はあまりない。家は金持ちでは決してないが、幸いにして俺を学校にやるくらいの小金は現状ではまだあるらしいので、「出世払いにするから今は俺に金をくれ」と居直って勉強をしている。もちろん将来金を稼げる確証はない。

 将来が相変わらず見えない。しばらく前からF1と、去年あたりからフォーミュラニッポンとGP2(国際F3000)のレースをチェックするようになって、やっとモータースポーツからスポーツに興味を持つようになった。
 今の私はスポーツ選手と似たような状況なんだと思ったらなんだか得心がいった。
 スポーツ選手がプロリーグでプレーするときには将来保証なんてない。一年後にどうなっているか分からん。そういう環境でできるだけのことをがんばってみる。金はまったく稼げないが、境遇としてはスポーツ選手のようなものだろうと思うと、自分の中で妙に納得がいった。
 サッカー選手でもJ2のたとえば四国の徳島とか愛媛のチームの選手とか、境遇としては私と似たようなものじゃないかと、そんなことを思うようになった。

 実際、学習院を出る前から先なんてまったく見えていなかった。むしろ、現在北海道大学で大分まともに研究活動をしているのが不思議なくらいである。学習院でのまったく勝負の出来ない環境でもんもんとしていたことを考えれば(指導もなくなによりお金も実験手段もなかった)、現在、ここで世界と互角に勝負できる体制で研究活動をやっているということが、非常に奇跡的なことだと思っている。

 私は小学生のときから極端に成功体験が少ない。他人から評価されるようなことをほとんどまったくやってこなかった。実際他人から評価されたことも尊敬されたこともほとんどまったくない。それなので自分に自信を持つまでに非常に時間がかかったが、去年くらいからやっと物理学が少し分かるようになって、それで自分に自信を持つことが出来るようになった。
 将来どうなるか知らないが、やばい状況になったとしての、「その時点でのベストを尽くす」ことは出来るだろうと思う。
 かつての私からすれば、そもそも勝負できる状況になかったのだ。現在、たとえ一瞬のことであったとしても、第一線で闘っているということが、私はとてもうれしい。

 自分でやっていて「いつなんどき俺はリタイアするか分からん」という、なんかギリギリのことをしているような気がする。それでも挑戦できただけでもラッキーだったのではないか、失敗したとしても最初が0だったんだから失敗したとして元に戻るだけだよと、そういう風に思っている。


 アニメとか、マンガとか。
 北海道に出かけて、勉強が思ったよりも忙しいのでアニメもマンガもろくに見れなくなった(ただ、勉強は忙しいだけであって苦痛ではない。むしろ勉強が面白くて仕方がないからアニメの時間を削って全部の時間を勉強に突っ込んでいるのだ)。
 それでも、やっぱり俺はアニメもマンガも好きだなと、それを実感しているのがまた不思議だ。
 いっそのこともう全部アニメなんか見なくても良いんじゃないのかということもふと頭をよぎるが、この前一週間岐阜県に実験で出張していたとき、4日目くらいから禁断症状でアニメが見たくなってホテルからニコニコ動画にアクセスしてしまったことや、また私が毎週の「ハヤテのごとく!」を原作・アニメともに毎週楽しみに見てしまっていることからも「ああ、俺アニメもマンガも好きだわ」と実感せずにはいられなかった。
 今の私に「生きる目的は?」と聞いたならば、私は「毎週のサンデーでのハヤテと、アニメ版のハヤテを見るために俺は生きているんだ」と答えるだろう。最近ではマンガの「ひだまりスケッチ」の原作のすばらしさに感動し、アニメの「クラナド」を見ては感動し、いまさらになって京アニ版「KANON」を見ては感動し、ということをしていると、もうどうやってもアニメとマンガは見ないではおれないのだなと思わずにはいられない。

 うすうす気づいてはいたが、私は他人と話しをすることが極度に苦手である。その私がほとんど唯一他人とまともに話をすることが出来るのが、アニメとマンガの話じゃないかと思う。実際、アニメの話を同志とすることが、とても楽しくて仕方がない。むしろ科学の話のほうが他人と話をするのが難しい状況にある。私が悪いのか相手が悪いのか知らないが、他人と話をするのは本当に難しい。


今年の抱負
 考えるだけ無駄というか、価値があるとは思えないが、考えてみよう。今現在の私が何を望んでいるかを一言で集約する作業であるから、価値がある。

「リタイア覚悟でギリギリを攻めろ 危ない橋をあえて渡り続けろ」
 という指示を、自分自身に出したい。ハイリスクで攻める。ラッキーだったら結果がくるかもしれない。安全策をとるには、まだ早すぎる。そして、安全策をとっていたら何も得られない。そんな気分だ。

 やれる量よりもやりたいことの量が多すぎる、状態だ。まあそれでも私が集中したらかなりのことが出来ると思っているし、読書量はどう考えてもそれなりに多いほうだとも思うので、自分が面白いということを攻撃的にやっていくよりないだろうなという気分。
 結果がどうなるかは知らない。

 現在がどうなっているのか、一年前は想像できなかった。一年後にどうなっているか、今は同じく分からない。未来の予測なんて出来ない。現在をどこまで攻め続けられるか、それだけが重要なんじゃないかと思う。

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ