FC2ブログ

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の価値判断はどこまで自分で考えたものか

> まぬけづらの浪漫倶楽部

> ざっくり言えばメディアリテラシーの問題なんですが、教養の問題とも言えそうです。そう考えると、難しい。

 多分ちょっと私の思っていることと違うと思う。
 私が気になっていることは、自分が好きだと思ったとして、それはどこまで自分で考えたものなのだろうか? ということ。

 知らないうちに回りの人の意見・考え方にどうしても影響されてしまう。外界からの影響がない、純粋に自分だけで考えた判断なんて、そもそもありえないんじゃないかということ、を気にしているのです。

「これは私が良いと思っている」と思っていても、無意識のうちに周りからの影響でそう刷り込まれてしまっているだけではないか。
 周りから刷り込まれた意見を自分で考えた意見だと思い込んでしまって、影響を受けたことにすら気づいていない。その状態がなんか怖いのです。

 だからもしかしたら不可能かもしれないが、それでも自分の意見は自分で決められるようになりたいし、影響を受けるにしても「影響を受けている」ことを自覚できるようにはなりたいということ。

 普通の人がなにかの問題について意見を言うと、社会常識にそった意見を言って来ることがある。それはその人のオリジナルでは決してなくて、周りの社会・文化の影響でそのコピーを言っているだけなのだが、それを言っている本人は自分が回りの影響を受けていると分かっていない、自分で考えたオリジナルの意見だと思っていっている。そういうことがあるんだろうなとおもって、その状態に違和感を感じる。

…だいぶ分かりにくいですね。

スポンサーサイト

日本機械学会誌が思ったよりも面白い

 なんか入会したら機械学会から変な冊子が送られてくるようになった。つまらないだろうとおもってうっちゃっておいたが、この前ぱらぱらと見たら意外と面白いのでびっくりした。なのでこれからはしっかりと読もうかと思っている。


 天気は良いけどぼけっとしてすごしている
 今日も天気がよい。実験をしようかと思ったが、なんかテンションが低いというか、ふわふわとした気分であんまり実験をやりたい気分でもないので学校にはきたけどぼけっとしている。適当にすごしたい。


 昨日、クラナドの24話(本編最終話)を見た。…ベタじゃないかとは思ったが、実に良かった。軽く感動した。良い気分になった。最初の2話で切りそうになったが切らなくて良かったと心から思った。
 演劇のシーンでは「らきすた」を思い出した。なんか「らきすた」最終回は幕があくまでで終わっていたが、クラナドはその幕が開いてからをやっているなーというのが、なんか京アニが「らきすた」最終回の続きを描いたかのような錯覚を覚えた。
 ベタベタなストーリーではあったが、見終わって「ああ、見てよかった」と思うことが出来る良い作品だった。俺の中では二重○をつけたい作品である。

 H2Oの最終回も見た。…話しが良く分からんかったので「???」という気分になった。だが、全体を通してみれば話しがわからなくても毎回見ていて楽しめる作品だったと思う。だったらストーリーなんてどうでもいいじゃねえか、という気分だ。

人気blogランキングへ
↑自然科学55位

「どれみと魔女をやめた魔女」をみて衝撃を受ける

 おジャ魔女どれみドッカ~ン!第40話「どれみと魔女をやめた魔女」について、しばらく前にお勧めされたけどすっかり忘れていた。昨日ふっと思い出してやっとみてみた。

…これはすげーな。「こんなすごいエピソードをやっていたのか、どれみは!」ということに衝撃を受けた。見おわって「ぽかーん」としばらく呆けていた。
 たしかにこれは間違いなく神がかったレベルのエピソードである。というか、これを今まで知らなかったということに激しく後悔した。
 細田守はすごいんだなーといまさら思った。

 時かけでも出てきた、というか、細田守のお得意らしいけど「分岐した二股路」がいい味を出している。こっちに行くかあっちに行くか、ただのそれだけでその先の展開ががらっと変わってしまう、その分岐点を表しているのだろうか。もうこれをみてしまうと、散歩をしていてもどっちの道を選択するかでその先の人生が変わりそうで、道選択が大変になりそう。

 40話があまりによかったので、続けて49話「ずっとずっと、フレンズ」をみる。…こっちも非常にすごく良い。どう表現してよいのか分からないけどすごく良いことだけは間違いがない。

 こういう話しをやっていたのか、どれみは。と思うと、このシリーズを見逃したことをいまさらに後悔する。

 なんというか、こういうすごく良いものを見たときにどうすごいかを表現できない文章力のなさをいまさら感じて情けない。
 だが、40話は本当に神だった。それは間違いがない。

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。