FC2ブログ

Articles

研究室の引越しに着手・「獄窓記」を読んでいる

 4月から研究室の場所が変わるので、引越しを始めた。なのでちまちまと荷物を移動させている。気分一新という感じでよいんじゃないかと思う。一日いただけだが、なかなか居心地がよさそうな部屋だった。
 実験室では隣の研究室がエンジンを回して実験をおっぱじめた。なんか、始まったなーという気分。

 本が読みたくなったので図書館に出かけてきた。山本譲司「獄窓記」新潮文庫を借りてきて読んでいる。
 元国会議員だったが、秘書給与詐欺の罪で服役した、その顛末から刑務所の中の生活なんかを書いている。
 この本を読む限り著者が実に誠実な人柄である。それなのでなんとも読んでいて泣きたくなってくる本だ。
 そして考えさせられるのは「これは悪いことなのか?」という疑問である。

 ハードカバーが発売されたときに大きく紹介されていたが、私は文庫本になって図書館に並んでやっとよんだ。この内容ならば発売直後に読むべきだったと思えてならない。

獄窓記 (新潮文庫 や 60-1)獄窓記 (新潮文庫 や 60-1)
(2008/01/29)
山本 譲司

商品詳細を見る

スポンサーサイト



Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ