FC2ブログ

Articles

「魔法の杖」の新調・DELLの中古PCを買う

 研究活動に使っていたパソコンが爽快にぶっ壊れてどうしようもなくなったので(BIOSがまともに動かない有様だからおそらくどうしようもないし、そもそも5年前のものだから寿命だと思えば納得できる)新調することにした。
 それなので今日は午前中にちっと実験装置を回してから、昼過ぎに自転車で北大からちょっとはなれたところにある「パソコンショップDO-夢」という、私の知る限り札幌最強の中古PCショップに出かけて使えそうなPCを物色する。結局以下の機種を購入する。

DELL Optiplex GX270 P4-2.4G
Pentium 4 2.4GHz
512MB/80GB/CD内蔵/FD内蔵/Gigabit LAN
OSなし Officeは付属していません。
ACケーブル有り
AGP×1(空き×1)/PCI×1(空き×1)
総メモリスロット数×2(その内、空きスロット数×0)
メモリタイプDDR-SDRAM
CPU2次キャッシュ:512KB/USB2.0

 これで8800円。現在新品で売っているパソコンからするとちっと頼りないスペックではあるが「インターネットにつながってオフィスがうごきゃいい」という割り切りでこれにした。オフィスを動かす程度の作業が中心になるだろうから、だったらこいつでなんとか勝負できるだろう、みたいなノリ。そもそも本格的に数値計算をやりたくなったら研究室にある計算用のPCをちっと借りりゃいいんだ、みたいな。

 科学者にとってパソコンはちょうど魔法使いにとっての「魔法の杖」に相当するものだと私は前から思っている。この杖はそれほど高い性能ではないが、あとは使い手の腕で勝負、というものだ。

 それに、今でこそコア2デュオとかがでてかすんでしまった感じがあるが、1998年からのパソコンユーザーとしてはペンディアム4が出たときの「これはすごいCPUなんだぞ」感は覚えている。だから石がペン4であるだけ良しとしたい(というか、私が2004年にPCを新調したときはペン4ではなく廉価版のセレロンだったのだ)。
考えてみれば実に懐かしい。私が最初に自作したPCはCPUが中古のAMD・K-6 266MHzであった。そこからすると、ペンティアム4が中古屋でたたき売りされている時代が本当に不思議な気分だ。

 メモリが512MBというのも今では結構ぎりぎりな感じはするが、なんとか動かないこともないだろうよ。
 HDDは、どうせ高速度カメラのデータを扱う以上いくらあっても足りない・結局外付けHDDに頼るのだから容量はそれほど問題じゃない。むしろUSB2.0であることのほうが重要だ(これまでのPCはUSB1.1だったのでデータ転送に苦労していた)。

 それにしても、天気がよいこともあって自転車で出かけたが、精密機器であるコンピューターを自転車の荷台にくくりつけてえんやこらと輸送したのも我ながらよくやったと思う。時代が時代ならもっと丁寧に扱わないといけないものなのだ。コンピューターが庶民的になったのは俺にとっては本当によいことだとつくづく思う。コンピュータのおかげでなんとかやれているという部分が本当に大きい。

人気blogランキングへ
↑自然科学50位

スポンサーサイト



Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ