FC2ブログ

Articles

朝に講義・実験・英会話   日本の科学の壊滅を望む

 今日は朝から人工衛星の概論の講義であった。昨日よりは頭が回っていたが半分眠くてふらついていた。何の話だったかなー。軌道か。衛星の軌道の話をやって円軌道からはいって今日は楕円軌道がどーのこーのと話していた。…おもしれーな。講義自体は基本つまらない形式だと思っているが、興味が持てる話題だとかろうじてついていけるものである。

 午後には実験装置をちょっと動かす。実験装置を改装する必要があるだろうと思っていたのだが、今日少しやっていたら、一週間かかると思っていた改装がちょっとした工夫でできることがわかって1時間半で改装が終わってしまった。予備的な実験をちょっとしてみる。なかなかいい手ごたえを発揮している。というか、発光ダイオードがねえ。梅沢無線まで買いに行くのがかったるい。


 この前書いたレポートの評価が散々だったので気落ちしてモチベーションがだいぶ下がっている。レポートだけではなく、全体的に状況がだいぶ厳しいので、気落ちしている。

 科学をやっている人間としてのセオリーとして、現在の問題点を箇条書きでひたすら書き出して、どうすれば解決できるのかを、ここ数日ずっと自問自答していた。問題を要素に分割してそれぞれについて解決策を考えることが問題解決の基本である。
 いろいろ考えて、外的要因によって留年は不可避だという結論に達する。なので、今から留年を覚悟する。在学年限ギリギリまで留年してやっと卒業できたらよくやれたほうだ、という風な、極端に低い目標設定をせざるを得ない。

 おそらく、俺の有様をまじかでまじまじと見ている研究室のメンバーは「ああはなりたくない」と思うような、醜態をさらすことになるだろう。だが、それはそれで俺はいいやと居直る。居直るしかないと思うようになってきた。そもそも他人の評価を気にしてはいけないのだ。自分自身の自己評価がどうか、それだけに注目するべきだと思うようになってきている。

 札幌にくるまでこの学校での生活が想像できなかったが、なるほどタイトである。前の学校の教員が「厳しい」とつくづくいっていたが、なんとなく分かるようになってきた。特に外的なサポートの極端な不足を見ていると、誰もこのカテゴリーにはそりゃ進学してこないだろうと思う。俺はこんなとんでもないところによくもまあ進学してきたもんだ、と自分でびっくりしている有様だ。去年4月から北大にいて「こんなありさまじゃ日本の大学での科学研究は世界とは戦えるレベルにならないだろうな。敗北必至だ」とつくづく思うようになった。むしろ、日本の大学での科学なんて滅びればいいんだ。壊滅するところまで行かないと改善されないだろう。んなことまで思うようになってきた。こんな阿呆なシステムがうまくいくはずがない。


「狂乱家族日記」のOPの終わりのほうで「明日は不幸かもしれない。だから今日は宴をするんだ」という意味の歌詞があって、激しく共感した。俺もそういう気分だ。「明日には破滅する。だから今日は楽しく過ごすんだ」、というそのあり方が正しいと思えてならない。


 夜に英会話の勉強をする。時間的に眠かったが、終わるころになって目が覚めてきた。なんだかなー。

 明日は明日でタイトである。せいぜいがんばろうと思う。
 気分が落ち込んだときはとにかく本を読む。本を読みたいと思う。本にはさまざまな不遇な境遇の人物が登場する。吾妻ひでお「逃亡日記」では、ホームレスになった筆者の話が書かれていたし、あとは投獄経験の話も時々読む。夏目漱石も宮沢賢治も、今になって読むと不遇な人物について描かれたストーリーが多いということに気づいた。そういう話を読むとすごく考えさせられる。だから本を読まなくてはならないと思う。

人気blogランキングへ
↑自然科学36位

ブックオフに出かける・「ハニカム」を買う

 研究室の勉強会があった。午後に、天気が久しぶりに良かったので大通公園あたりまで歩いてくる。ブックオフに出かけて少し気になっていた新書を買ってくる。あとは吾妻ひでおの逃亡日記が捨て値で売られていたので買う。

 あとは知り合いから「ハニカム」という最近出た漫画をお勧めされた。これは週刊アスキー連載の4P漫画で相当マニアックだから「知らないでしょう?」と言われた。俺は週刊アスキーは毎号チェックしているので知っていたが、むしろ向こうが知っていたことにびっくりした。そんな有様だ。
 私としても「あ、単行本で出るのか。ちょっとまとめて読んでみるか」と思っていたときだったのですごい偶然だと思った。本日本屋に出かけて早速入手してきた。

 なんというか、勉強の進め方に悩む。これからどういう風に攻略するべきか、ちょっと悩んでいるというか、考え込んでいる状態だ。それなのでちょっと動けず。しばし悶々としている。ここ最近は休日をぶっつぶして動き続けていて休みを取っていなかったから少し休んだほうがよいかもしれないと思うようになってきた。動けないときは無理して動くものではない。

 アニメは絶チルと、DC2SSを見る。DC2SSは先週からいよいよ本題に入った。もうちょっと先になるだろうと思っていたので、先週にさくらの別れのシーンが描かれていたときはすぐには何のことだか分からなかったくらいだ。そして今週は正義の魔法使いとしての音姉の苦悩を描いていた。…いよいよ本気である。もう目が離せない。

人気blogランキングへ
↑自然科学36位

 以下、本日購入した本。

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
(2008/05/27)
桂 明日香

商品詳細を見る


逃亡日記逃亡日記
(2007/01)
吾妻 ひでお

商品詳細を見る


欲望する脳 (集英社新書 418G)欲望する脳 (集英社新書 418G)
(2007/11/16)
茂木 健一郎

商品詳細を見る


フューチャリスト宣言 (ちくま新書 656)フューチャリスト宣言 (ちくま新書 656)
(2007/05/08)
梅田 望夫茂木 健一郎

商品詳細を見る


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
(2006/02/07)
梅田 望夫

商品詳細を見る

ウェブ人間論を読み直している

 なんか、妙に疲れた。そして本が読みたくなったので小雨が降る中、学校の北部図書館に出かけて何冊か本を借りてきた。研究室に戻ってきてまったりと本を読んでいる。

 ふっと、グーグルブックサーチを試してみた。日本語は知らんけど英語の学術的な文献については結構使えるんじゃないかと驚いた。うわさだけは聞いていたが、少し試してこれはすごいプロジェクトだとつくづくに感心した。

 狂乱家族日記OPの「超妻賢母宣言」の歌詞を読む。よく読んでみると良いかしだと思った。歌だけ聴いていても聞き取れなかったので、新鮮な驚きだった。

人気blogランキングへ
↑自然科学41位

 以下、本日借りてきた本。

ウェブ人間論 (新潮新書)ウェブ人間論 (新潮新書)
(2006/12/14)
梅田 望夫平野 啓一郎

商品詳細を見る


目覚めよ仏教!―ダライ・ラマとの対話 (NHKブックス 1087)目覚めよ仏教!―ダライ・ラマとの対話 (NHKブックス 1087)
(2007/06)
上田 紀行

商品詳細を見る


生きる意味 (岩波新書)生きる意味 (岩波新書)
(2005/01)
上田 紀行

商品詳細を見る

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ