FC2ブログ

Articles

可能性を捨てない、ということ

工学部の学内向けパンフをとってきてぱらぱらと読んでいたら卒業生コラムが良かった。学部の学生に向けて「今は勉強の意味が分からないかもしれない。かといって止めてしまうのは「価値の分からない可能性」を一緒に捨ててしまうということ。それは何よりももったいないことだ」という意味のメッセージがあって、俺がはっとした。
…そうか、そうだよなと。

 俺は「可能性を捨てるのはもったいない」というその一事で持ってのみ、現状をだらだら続けることを肯定する。そういう風に思った。

 短期的な結果の有無で判断するのではない。長期的に考えて、現状の持っている潜在的な可能性に価値を見出すべきなのである。止めてしまうということは、可能性をどぶに捨てるということなのだ。それは本当にもったいないことじゃないかと思う。
 なので、現状をもう少し、だらだらとでも続けたいと思っているところ。

スポンサーサイト



頭痛がひどくて講義をばっくれる

 昨日の夜になんか視野がちかちかすると思ったら頭痛に見舞われた。とりあえず家に戻って寝て、起きたら大丈夫そうだったので学校にきたが、昼食を食べている時点で頭痛がひどくなってきて「こりゃだめだ」と判断する。
 それなので、受講を楽しみにしていた集中講義を休まざるを得なかった。楽しみだっただけに残念で仕方がないが、とても講義が聴ける状態ではなかったのだ。

 午後に4時間ほど昼寝をして起きたら大丈夫そうなので夕食を食べに学校に来た。ただ、やっぱりまだ軽く頭痛がする。なのでうごけない。

 頭痛が突然すると脳がどうにかなっちまったんじゃないかという漠然とした不安に襲われる。

 とりあえず、乃木坂春香の5話目、椎菜転校回だけ見た。
 ただ最近は乃木坂春香を見るのが寂しい。これがファンタジー作品であって現実には絶対に起こらないだろう事を、今の私は知っている。だからアニメを見て、乃木坂春香のような理想的世界が描かれるたびに、これが現実にならないということに、私は強い失望感を感じてしまって仕方がない。
 もう少し時間がたてば、そこを居直ってまた楽しく見られるようになるだろうと思いたい。

 それにしても、この文章を書いていても軽く頭が痛くって仕方がない。明日からは工作をやりたいので、早めに治ってほしいなと思う。

 あとは知人が絶賛していた「でじぱら」という漫画の1巻を読んだ。これはひたすらにマニアックな家電やAV機器のトークを繰り広げる漫画。…知人の紹介どおり、ひたすらにマニアックなトーク連発なところにぶったまげた。面白い作品を読んだ。

 アマゾンから「ラストメッセージ」が届く。読みたい。

人気blogランキングへ
↑自然科学39位

でじぱら 1 (1) (電撃コミックス)でじぱら 1 (1) (電撃コミックス)
(2006/08/26)
高木 信孝

商品詳細を見る

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ