FC2ブログ

Articles

明日から福岡で学生会議

 明日に福岡に出かける。準備する。といっても現金を引き出して本屋で本を買ってきただけだけど。


 本田透の「自殺するなら、引きこもれ」、前にも買って読んだけど知人に上げてしまったのでブックオフで見つけてまた買った。…というか、今の俺にはピンポイントなのだが。「メリットよりもデメリットが大きくなったら学校なんてやめてもよい」というメッセージがまさしく今の俺にずばっと当てはまる。

…学校を中退する経験は生まれて始めてである。どんなものなのだろうか。なんか、妙に不思議な気分になってきた。

「電波的な彼女」の2巻を買う。
とらのあなに出かけたら「みつどもえ」の5巻が出ていたのだが、今日は買いすぎで金がなかったので買えなかった。

学校に戻ってきてひたすらに本を読む。

自殺するなら、引きこもれ  問題だらけの学校から身を守る法 (光文社新書)自殺するなら、引きこもれ 問題だらけの学校から身を守る法 (光文社新書)
(2007/11/16)
本田 透堀田 純司

商品詳細を見る


電波的な彼女―愚か者の選択 (集英社スーパーダッシュ文庫)電波的な彼女―愚か者の選択 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2005/03)
片山 憲太郎

商品詳細を見る

スポンサーサイト



レス

> いよいよ就職ですか…
> あまり気落ちしないで、前向きに!前向きに!!
> b y Rick

 どうもです。楽観的になればよいのか悲観的になればよいのか、精神状態のありように大分悩みますが、なんとかがんばって出来るだけ前向きにやっていこうと思います。ありがとうございます。


> 私も精神状態が非常に悪いので的確なアドバイスが出来ないのですが、是非とも目標だけは眼前に置いておいた方が良さそうです。

 精神状態を良好に保つことは難しいなーと最近はつくづくに思います。

>  分かりますねぇ…『乃木坂春香』を観ていても想うのですが、空想の中の世界だと分かっていても、直視出来ないほど眩しかったり。これも自業自得なのでしょうか。

 乃木坂春香もひだまり同様に見ていると憂鬱になる作品です。あまりにも理想的なまぶしい世界に、これが現実で起こらないということとのギャップに泣きたい気分になって仕方がありません。

> 正直、F1ドライバーの速さがどれくらいなのか見当も付きません。トップチームに琢磨を乗せたらどうなるのか、またはハミルトンやマッサ・ライコネンがトヨタに乗ったらどうなるのか。

 基本的にマシンスペックの影響が大きいとは思いますが、それでも今期のルノーやトロロッソのように二名のドライバーでポイントに極端に開きがあるケースを見ていると、ドライバーの要素も多少はあるのかなーと思います。
 フォーミュラは接触してのバトルが出来ないのでその点が独特で攻撃的なドライバーには不利なのかなと思っています。

>  まあ、あれはぶっちゃけwiki頼みです。それと、『こっちは大型艦は残らず沈められたのに、そっちは脳天気なこった』という妬み嫉みもちょっとだけ入ってます。

 私も日本海軍の海戦の話は多少は知っているつもりですが、そもそもの国力、生産力が全然違うから勝負にならないんじゃないかと私は思っています。サトシアキラさんも書いていましたが、エセックス級空母なんて40-50隻くらい建造しちゃうんですからね。勝てませんよ、とおもうのですが。

> b y サトシアキラ


> 何かあったんですか??
> b y ちかぽん

 いよいよ学校を退学しようと思うようになって、そう思ったら妙に悲しい気分になってきてしまったのです。

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ