FC2ブログ

Articles

IBMのコンテストを考える

 IBMから提供された開発ツールでプログラムを組もうと努力していたが、バグの嵐でろくに動きゃしねえ。こりゃ相当のものだぜ。というか、この出来具合で供給するのだからやっぱりIT関係というのはたいしたものだと思った。IBMもよーやるわ。
 個人的には開発ソフトがろくに動かないのでそれだけで開発する気にならねえ。どうするんだいったい。というか、予想以上に難しいので相当にやる気がうせている有様である。

 自動車学校に出かけて学科の勉強をする。出来ることならば雪が降り出す前に相当の量はこなしておきたいので出来るだけ動けるうちに動いておきたいと思っているところである。

「あかね色に染まる坂」2話を見る。クラナドのアフターの2話を見る。それぞれ見ごたえがあってよい。

やっぱり10月10日は晴れの特異日なのか

 見事に天気が良くて暖かかった。…本当に特異日なのかと思う。なにかの魔法でもかかっているかのごとく10月10日だけは確実に晴れるイメージがある。なんなんだこれは。


「遊び」というのはなんなんだろうか知らんと思った
 知人とそんなようなことを話す。俺が楽しいと思うことはアニメを見たり漫画を読んだりF1を見たり読書をしたり新聞を読んだりすることだが、一般的には全部「遊び」とはあんまり言わないような事柄だなーと。

「遊びましょう」といって集まってもくもくと漫画を読むという図式はあまり考えにくいじゃあないかと。
 むしろ、逆に俺は一般的に遊びだと思われていることにあまり楽しみを見出せなかったりする。ので、「遊び」という概念が本当に難しいと思った。

 知人は「自分が楽しい、と思えることは全部遊び」だと言っていた。なのでその定義からすれば仕事ですら遊びになりえると。

 俺は俺で、学校の発表会で何かを発表するときの原稿とか、毎回それは一つの作品を作るつもりで作っている。「遊び」と呼べるほど楽しめているかは不明だが、なにか、この「一つの作品を作る」という感覚で発表原稿を準備したり、発表を一つのステージだと思ってやっていくこと、やっていくことが出来るということが、俺の数少ない財産であるだろうと思った。


 IBMのプログラミングコンテストに参加申し込みをノリでしてしまったが果たして楽しんでいる余裕が取れるのか、危うい状況になってきた。向こうさんの義理も考えると白紙で出すわけにもいかんからなー。というか、申し込んだだけで参加賞にマグカップとかくれるし。本当に大丈夫かいな。

 10/21から始まる燃焼学の勉強会でのっけから俺が当番になっている。2番手だからフロントロースタートか。どうせならポール・ポジション(1番手)のほうがよかっただろうかと、F1好きとしては思った。俺の中で「2番手」というのは佐藤琢磨が2004年のヨーロッパGPで獲得した、非常に縁起が良い数字である。なのでやや強引ではあるが、ラッキーナンバーだと思っておきたいと思う。

 自動車の学校に出かける。実車のコクピットに生まれて初めて乗って動かしてみたが信じがたいほどに操縦が難しい。…こんなに難しいのかとびっくりするくらいに難しいのでびっくりした。F1をずっと見ていたから鈴鹿くらいは走れる気分でいたが、やはりあれは相当に難しいものなんだなと思った。

 アニメは「ONE OUTS」の1話を見る。…原作を全部知っているのでストーリーがネタバレしてしまっているのが惜しい作品。ただ原作は非常に面白いというか、あれは神がかった面白さの原作だった。1話を見る限り上手くアニメ化してくれているからカイジののりで楽しめると思った。というか、アニメから入ってONE OUTSの面白さにハマる人が増えてほしい。
「とらドラ!」の2話を見る。知人は「原作と違う」と嘆いていたが俺はこれはこれでありだと思った。そんなに違和感はなく見れるのだけど。俺は悪くはないと思う。
「ヒャッコ」2話の前半だけ見る。悪くはないがずば抜けてよいって感じは受けないだろうかしらん。でも頑張ってみたいと思う。

人気blogランキングへ
↑自然科学50位

少し発表をする・グーグルニュースでノーベル賞のニュースを知る・ハヤテを立ち読み

 研究室の勉強会で発表をする。3日で準備をしていたので大したものは出来なかったが、まああのくらいでなんとかなっただろうかと思うことにする。あまりクヨクヨとしても仕方がないので出来るだけ前だけ向いて行きたい。

「前を向く」一環としてIBMのプログラミングコンテストに参加申し込みをしてみる。なにか、創造的に作品を作るというプロセスが今の俺の流れを変えるきっかけにならないかと期待している。どうにもこうにも今の俺は周りの空気がよどんでいるような気分になっている。なにか風を起こして新しい空気を取り入れたい、という気分だ。


 ノーベル物理学賞に日本人が選ばれたというので新聞の一面トップになっている。新聞の前にグーグルニュースでちらっと知ってしまった。恐るべし、グーグルニュース。
…科学のニュースで新聞の一面トップになるニュースというのがこれだけだということが日本の科学の貧困具合を表していると感じた。
 素粒子物理学という本当になんの役に立つんだか分からないジャンルの話だが、おそらく日本の基礎科学は先は長くはないだろうなと実感をこめて思う。学生の冷遇具合を見ているとこのジャンルが発展するはずがないし、仮に発展したとしてノーベル賞を取る程度の事柄なのだから発展しないでも良いのだろうと思った。


 フィリップKディック「マイノリティ・レポート」を読む。やはりディックは面白い。考えさせられる作品だと思う。

 二-三日前にCAPETAを立ち読みする。全日本F3第2戦目。前を追うカペタ。その姿勢が実によい。

 水曜日なのでサンデーのハヤテを立ち読みする。オールスター登場という感じで楽しめた。ヒナギクさんも久しぶりに登場した。

人気blogランキングへ
↑自然科学47位

フィリップKディックの小説「追憶売ります」「CM地獄」「まだ人間じゃない」を読む

 俺は適当に本を読んでいるがとにかく当面は一介の読み手に徹することを心がけるべきだろうかと思っている。機会があれば、またなにかを書くこともあるかもしれないが、そもそもが俺の中で「小説」というものの占める位置づけが軽くなっている。そして俺は相変わらず「本」というものが好きだが、それでも本というものの価値も昔に比べたら大分軽くなってきている。これから先に何に力を入れて活動をしていくのかというのは未定だが、著述業というものへの憧れは昔に感じていたときよりは確実に減ってきているだろうなと思っている。

 今日はIBMのプログラミングコンテストの説明会がある。7月にあったのは出られなかったので、いまさらの感覚はあるが少し聞いて考えてみたいと思う。
 前からずーっと思っているが、最近50年間で一番世界を変えたすごいことというのはパソコンが出来てインターネットが出来たことじゃないかと思う。それと比べたらノーベル賞をとった研究なんて歴史に埋もれて忘れ去られるんじゃないかとつくづく思う。ノーベル賞学者よりもアップルを作ったスティーブ・ジョブスのほうがよほどすごいんじゃないかと。マイクロソフトのビルゲイツやグーグルの創業者のほうがよほど歴史的にすごいことをしているのではないかということを俺は思えてしまって仕方がない。そう考えると、ITというのは実にすごいんじゃないかと思う。…これからにまだ世界を変えるようなことが起きるかは分からんけど。


 アニメ「まかでみ・WAっしょい」1話を見る。1話に関する限りは非常に良くできている作品だと感じた。ポップで可愛いキャラデザ、そしてあのすさまじいまでの動き。あんだけ動きまくる作画はもうアニメとしての力を見せ付けられた気分だ。そして個人的には宮崎羽衣の演技もポイントが高い。これから失速する可能性は大いにあるが1話に関しては高得点を出したい。

「今日の5の2」1話を見る。俺の中ではものすごくハマるってほどの力は感じとれんかった。
「ガンダム00」1話を見る。…面白いぞ。一期を見ていなかったので二期目も見ないつもりだったが、1話を見る限りアクションシーンからシリアスな設定から迫力はあるし話も考えさせられるしでこりゃ見ごたえのある作品じゃないかと思った。SEEDがそれほどでもなかったので期待していなかったが、00は見れるかもしれない。

人気blogランキングへ
↑自然科学45位

鍵となる3枚、が上がらない

 原稿を残り3枚というあたりまでは書いてみたが、一番の鍵となる3枚なのでここからが大変だわさ。なんとか今日と明日であげないといけない。

「16歳の教科書」を読み終わる。帯にあるほどには良いと思えなかったけど読むだけの価値はあったと思う。

 いよいよ自動車の学校に出かける。基本的なシステムは分かった。楽しみになってきた。なんだかんだで明日もいくことになった。

 学習院から成績証明が届く。徐々に準備が整ってきた、という感覚ではないだろうかと思う。最初は3通くらいでよいだろうかと思っていたがトール鉄さんから「5通くらいとっておいたほうがよいですよ」という風に言われて5通とってみた。これだけあればしばらくは良いであろう。

 アニメ「かんなぎ」1話を見る。…面白いぞ。「かんなぎ」もあたりの予感。
「狂乱家族日記」最終回を見る。いよいよ狂乱が終わった。「ものども狂乱せよ!」である。身にしみるメッセージだ。狂乱するように生きなくてはならないとつくづく思った。半年前に1話の結婚式から家族探しからをやっていたのが本当に懐かしい。

人気blogランキングへ
↑自然科学44位

隣の研究室でマージャンをやっているのが楽しそうだ

 最近、隣の研究室からマージャンの牌をジャラジャラやっている音が聞こえる。楽しそうだぜ。アカギと咲を読んだだけでよく知らんが、マージャンは高等なゲームであると思う。俺には難しくて打てねえ。

 数値計算をちょっとやってみる。計算機を全開で回すと結構音がでるんだなーという発見をした。パソコンで数値計算をやっていて全開でCPUを使うと相当にやかましい音で鳴り出すのでビビッている。

 依頼された原稿を考える。…受けたはよいがやっぱり水曜日までに発表準備をするのはちょっと大変だなと思うようになってきた。多少苦戦する。


 アニメ「あかね色に染まる坂」1話を見る。なんというか、正統派のギャルゲ原作アニメである。あまりにも正統派なので逆にびっくりしたくらいである。なんか週に一本くらいこういう作品があったとしてもよいんじゃないかと思う。平野綾さんが萌えキャラをやっているというのが違和感バリバリだが全体としてみれば楽しめそうな作品だ。

人気blogランキングへ
↑自然科学53位

突発的な仕事が入った

 突発的に原稿の依頼が舞い込んできた。やってやれないこともないだろうと思ったので受けることにした。それなので、水曜日までに原稿を一本仕上げないといけない。自動車学校に出かけたりすることを勘定に入れると準備期間は3日くらいであろう。集中すれば出来ないこともあるまい。
 最近はのんびりすごすことが多かったので久しぶりに締め切りに追われての作業になると思う。とりあえず、英文でも読むか。

 それにしても現在は名古屋・東京・京都と3つの出張予定を抱え込んでいる有様である。俺の中でこんな状態は初めてだ。就職活動をしていることもあり、出先で相談に乗ってくれそうな人に「ちょっとお会いできませんか?」というメールを沢山送っている。…ほとんどは好意的な返信をくれるので本当にハッピーだと思う。こういう予定が入っていると死ぬわけには行かないなーとつくづく思う。
 今日はJTBに電話して名古屋行きの航空券が取れないかを聞いてみる。とりあえず月曜日まで保留。…大丈夫かな。割と時間的な余裕がないのでこの時期に朝一の便をとるのはちょっち面倒ではある。

 アニメはクラナド・アフターストーリーの1話を見た。「ああ、クラナドが帰ってきた!」という感じだった。「ひだまりスケッチ365」が終わって喪失感を感じていたが、その後を埋めてくれるのがクラナドだと思った。私は先の展開とかネタバレしていないので大分新鮮に見ることが出来る。

人気blogランキングへ
↑自然科学51位

本日は就職イベント@札幌

 というわけで、参加する。今回は札幌だったから大分移動が楽だった。助かる。
 昼食をのんびりと食べていたら5分ほど遅れてしまったがクラーク会館に出かけて昼から夜までいろいろな会社の説明を聞いたり話をしたりする。なかなかもってためにはなったと思う。
 懇親会があってぼんやりと参加していたらシリコン単結晶を作るのがいかに大変かについて詳しく話を聞くことが出来た。予想外に勉強になったと思う。

 昨日は本屋に出かけて「ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書 なぜ学び、なにを学ぶのか」を買ってくる。「勉強とは何か?」という問題を考える上では読み応えがあるんじゃないかと漠然と思ったので。ぱらぱらと読むがなかなか面白い。

 10月に突入したのでアニメ新番が続々と始まってチェックが本当に追いつかない状態にある。なんかクラナドのアフターも始まったみたい。気になる。

 明日・明後日で出来ることならば少し数値計算をやりこんでおきたいと思う。そう思ってはいるがどんなものだろうか知らん。

人気blogランキングへ
↑自然科学53位

ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書~なぜ学び、なにを学ぶのか~ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書~なぜ学び、なにを学ぶのか~
(2007/06/21)
7人の特別講義プロジェクト

商品詳細を見る

明日が就職イベント開催である

 なので少しばかし準備をしてみる。楽しみといえば楽しみであるが、それにしても起きれるかどうかがちょっと心配なところであると思う。起きられないということもないだろうが。

 名古屋大学でやる学生会議について。どうやら申請すれば交通費を出してくれるらしい。なんか知らんが太っ腹である。それなら実に面白そうなイベントであると思うので早速と申し込んでみる。突発的に入ってきたがどうやら10月の終わりごろに名古屋に行くことになりそう。

 アニメをちょっと見る。「とらドラ!」1話を見る。結構面白いんじゃないかと思った。序盤はストーリーを知ってしまっているので意外性はあまりなかったけど私の中では割と楽しんで見れそうな作品だと感じた。
 続けて「ヒャッコ」の1話を見る。こっちも原作の単行本1巻だけは読んでいるのでストーリーは全部知っているのだが、キャラが強くて見ごたえがありそうだなと感じた。

 メールを送らせていただきました、ちょっとご検討ください>サトシアキラさん・古蛇さん

人気blogランキングへ
↑自然科学47位

10月突入で研究室の勉強会も始まった

 なので、研究室の勉強会を冷やかす。7月の最後の勉強会で俺が発表をしたので当分ターンは回ってこない。そんなこともあって大分のんびりと冷やかすものである。なかなか持って勉強になる。というか、講義を受講していないから学費で割るとこの勉強会が一回数万円という単位での価値になるのだろうなーと漠然と思いながら聞いていた。

 学校の就職イベントに申し込んでみたりする。あとはなぜか名古屋大学でやる学生会議の案内が回ってきたので「足代がでるんならぜひでたいんやけど~」というメールを送ってみる。…いくばくかは出るだろうがいくら出るんだかはしらねえ。東京なら名古屋くらい夜行バスで軽く行けるのだが、いかんせん北海道だとやはり移動に金がかかっていけねえ。

 F1シンガポールGPを見る。見ごたえ十分のレースであった。ここでアロンソが勝つとは。次回がいよいよ富士か。楽しみだ。


メールを送らせていただきました。ちょっとご検討ください>むにゅさん・チャベスさん

人気blogランキングへ
↑自然科学49位

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ