FC2ブログ

Articles

ツクモ電機が潰れたのが悲しい

 昨日、俺が研究室でごろごろとしているとウェブサーフをしていた024氏が唐突に声をかけてきた。

「いっちーさん、ツクモが潰れましたよ!」
「え、ツクモってそこの札幌店が?」
「いや、札幌店とかじゃなくて、ツクモ自体が潰れたみたいです」
「え、えええ!?」
「ヤフーニュースに出ていますよ」

 というのでヤフーをみたら本当に民事再生法の適応とかなんとかでツクモ電機が潰れていた。

 とりあえず昨日ツクモ電機の前をチラッと通ったのだが、札幌店は通常通りの営業をしている。これからどうなるのだか分からないが、ツクモ電機は俺も好きなショップなので、なんとか存続してほしいものである。

 ツクモは他のPCショップとは一味違ったショップだとつくづく思っていた。
 ロボット王国と題してロボット関連のパーツやキットを扱った売り場を作るとか、無線LANを世界中に広げようというFONプロジェクトを店をあげて推進しているあたりとか。格安パソコンであるe-machinesを大々的に販売している代理店でもあった。

 この辺の思想性を持ったパソコンショップであるというところに、俺は魅力を感じていた。俺自身はウィンドーショッピングをするばかりであまりツクモで買い物をすることはなかったのだが、だが今から考えるともっとツクモで買い物をするべきだっただろうかと思う。本当に残念なニュースだ。

人気blogランキングへ
↑自然科学54位

参考URL
> アキバ初のPC専門店、九十九電機が民事再生法適用を申請
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20081030-OYT1T00415.htm

スポンサーサイト



市民科学者、のことを10年ぶりに読み直す

 高木仁三郎の、死の直前に出された本を読み直した。これまでの俺は基本的に一度読んだ本は読み直さないであたらしい本を読むことに集中してきた。だが、今になって読み直してみたらまた違って読めるかもしれないと思って読み直したが、今の俺にはまさにピンポイントで考えさせられる一冊であった。10年前に読んで、そして今にまた読み直したということに、価値があったと思う。北大図書館でのお勧めイベントがあってよかったとつくづく思った。

「俺はどう生きるのか?」ということを、一応は自然科学の勉強をしている人間として本当に考えさせられる一冊だった。

市民科学者として生きる (岩波新書)市民科学者として生きる (岩波新書)
(1999/09)
高木 仁三郎

商品詳細を見る

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ