FC2ブログ

Articles

ふらっとヨドバシ札幌と紀伊国屋書店札幌本店に出かける

 ここ数日の札幌は天気が良い。天気予報を見ると明日の日曜日までは暖かいようだ。月曜日からはがくんと気温が下がって冬モードに突入する。丁度月曜日から三日間東京にでかけるので俺は三日ほど暖かく過ごせるというわけだが。

 面接用の原稿をざっと考える。少し考えて、そして天気も良いので外を歩くことにする。じゃんぱらとツクモとヨドバシカメラに出かける。適当にデジタルグッズを眺める。この前の日経新聞でデルのミニノートのリナックス搭載モデルが35000円まで値下がりしたというのでちょっと見に出かけたがツクモとヨドバシカメラを見る限りおいていなかった。本当に道具だけはどんどんとただ同然に安くなっていくものだと感心する。

 紀伊国屋書店をふらっと冷やかす。読売ウィークリーの茂木健一郎のコラムを立ち読みする。適当に棚を冷やかす。
 北大の中央図書館に出かけて今日の新聞をざっと眺める。工学部の図書室へのアクセスが悪くなってから新聞を読む量が格段に減ってしまったが、なんとか新聞は読みたいものである。

 早めの夕食をとってから研究室に戻って佐藤優「獄中記」を黙々と読み込む。この本が妙に面白い。拘置所でここまで楽しそうに生活することが出来るのかというのが本当に驚きだ。読んでいるとコーヒーを美味そうに飲んでいる。そして書くことと読むことが人間の自己を確立する上でとても重要なことだと書いている。北大の「本は脳を育てる」企画での紹介で知ったが、なかなかどうしてこの本は大当たりだ。今の俺にとっても考えさせられるところの大きい著作である。

 それにしても、この前に茨城県に出かけて思ったが、近くに本屋がなかったらどうやって新刊本の情報にアクセスすればよいのかが本当に分からんものである。近所に本屋があって流通する本がどんなものだか知ることが出来るというのは大きな財産だとつくづく思った。アメリカでアマゾンが出てから本の売れる量が増えたという梅田望夫の指摘がそうだよなと思う。そもそもどんな本が存在しているのかが分からなければ読みようがない。

 昨日は「獄中記」と一緒に坂村健「痛快!コンピュータ学」集英社インターナショナルを借りてくる。コンピュータの原理的な部分は気になるので読んでおきたい。

痛快!コンピュータ学痛快!コンピュータ学
(1999/11)
坂村 健

商品詳細を見る

スポンサーサイト



状況が厳しいことがなによりの先生だ

 状況が厳しい。自動車学校の仮免許試験に落ちたのは大したことではないが、一次面接に落ちたのは割と重要な問題である。学校は相変わらず卒業できそうにない。

 ふっと思うことは、まずこれは死ぬような問題ではないということだ。「最悪どうなるのか?」 という最悪仮定を置いたところでせいぜいが「フリーターになります」という程度のことであって、実は決定的にまずい状況とは思えない。私は生きるか死ぬかという問題を第一に考える人なので、死ぬような問題でないならば決定的ではないと考えている。

 そして二つ目には、状況が悪いことというのは、生きていればいくらでもあるだろうということだ。なので、目先に利益を得ることよりは状況がまずい状況にじっと身をさらして、その不遇な状況で最善を尽くすその精神的なタフさや思考の確かさを鍛えるほうが、後々に役に立つのではないかと思うのだ。
 状況が良いときには大した勉強は出来ない。逆境のときこそ自分自身を高める勉強のチャンスなのだと、俺はそう思うことにしている。

 面接試験については現在で後二つ残っている。来週と再来週受けてくる。この二つをとにかく丁寧に、最善手を指すことを考えてやらなくてはならない。
 この前の面接のときは募集が「若干名」のところに5人が応募している有様であった。それに対して、今度の二つは募集は相変わらず「若干名」だがそれに対して募集は俺一人だけである。なので、前は「相対評価で誰かを落とす」のに対して、今度の二つは「絶対評価で悪くなければ通す」評価をするんじゃないかと俺は睨んでいる。なので、次の二戦のほうが優位に進められるはずだと期待をつなぐことにする。いやまあ、ここで落としたところで死ぬわけでもないのだが、という問題は相変わらずあるのだけど。

 とりあえず本日は来週の面接試験のための発表原稿を考える。そして、明日はまた自動車学校の仮免許の試験があるので気分を落ち着ける。とにかく冷静に行かないといけない。冷静かつ堅実に動くことが重要なのである。

 昨日図書館に出かけて佐藤優「獄中記」岩波書店を借りてくる。ぱらぱらと読んでいるが、これが非常に読み応えのある一冊でびっくりしている。投獄されて獄中でここまで冷静にものを考えて勉強をすることが出来るのか! ということが驚きの一冊である。450ページくらいある厚い本であるが、この本は最後まで読みたいと思う。そんな一冊だ。

人気blogランキングへ
↑自然科学45位

獄中記獄中記
(2006/12)
佐藤 優

商品詳細を見る

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ