FC2ブログ

Articles

新日鉄の室蘭製鉄所を見学させてもらった

 新日鉄の製鉄所を見学できるオファーが舞い込んできたので、そして俺はいままで製鉄所というものを見学したことがなかったので、これは一度見ておくべきだろうと思って話に乗ってみた。

 昨日は神戸で鉄鋼メーカーの採用試験を受けてきたので大分疲れていたが、ニ連戦で本日は室蘭に出かけて製鉄所の見学である。
 室蘭まではできることならばJRの特急で行きたいのだが、いかんせん値が張る。2500円くらいの乗車券に+1700円の特急券なんて払っていられないので、行きは片道2000円の高速バスで室蘭に乗り込む。すいていたのですこぶる快適であった。
 うっかりと東室蘭で降り損ねたので次の新日鉄前で降りる。待ち合わせ場所が東室蘭駅だったのに新日鉄まで来てしまったので慌てて電話を借りて先に到着したことを伝える。…採用試験でこんな失態をやらかしたら一発レッドであろう。我ながらうかつであった。

 今回の見学会には室蘭工大の学生も参加していて、私も含めて学生の参加者もいるからということで新日鉄の会社概要なんかも聞かせてもらった。大分勉強になるものであった。
 それで製鉄所の見学。製鉄所のシンボルともいえる高炉を見せてもらった。へー、これが噂に聞く高炉かと感慨深いものであった。それから圧延工程だっただろうか。角材を加熱して伸ばして丸棒にして裁断する工程を見学させてもらって、それから研究室のようなところを見せてもらった。

 製鉄所というものをはじめてみたがとにかく巨大なエネルギーに圧倒された。電気の消費量も半端ないので自前の発電所を構えているし、製鉄課程での熱気に圧倒されるものもあった。施設の規模もはんぱなくでかいのでとにかく圧倒されっぱなしであった。話には聞いていたが、なるほど、製鉄所はすごいものだとつくづく思った。見学会に参加しただけの価値はあったと思う。

 東室蘭駅まで送ってもらって解散。頼みの高速バスは17時くらいに札幌行きの最終便が出てしまっていたのでJRで帰るより仕方がない。いかんせん特急券に金を使いたくないので乗車券だけ買ってローカル線でとろとろとゆっくり帰る。東室蘭から苫小牧まで1時間10分くらい。苫小牧で少し待って、札幌まで同じく1時間10分くらい。待ち時間を合わせると3時間半くらいかかった。

 実に勉強になった。ただ疲れたので明日は少し休みたいと思う。連戦続きでさすがに動けん。

人気blogランキングへ
↑自然科学38位

スポンサーサイト



Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ