FC2ブログ

Articles

海軍の街・呉にて見学会・一次選考通過の報告に・お好み焼きを食べる

 広島県の呉市にやってきた。駅を降りてびっくりした。ここは海軍の街である。そういえば漠然と戦艦大和が建造された街だとは思っていたが、駅前のタウンマップを見ていると、俺が見学会に参加してきたところの火力発電所のボイラーを製作する会社は旧・日本海軍の工場跡であるし、近くにあるIHIマリンユナイテッドは戦艦大和を建造した造船所の跡である。海上自衛隊の基地もあり日曜日には護衛艦の見学できるみたいだ。戦艦大和の博物館までありやがる。
 そんなわけで「呉って思い切り海軍の街ではないか!」と昨日来てびっくりした。記憶が確かではないが、呉は日米開戦時の連合艦隊総司令部があったところじゃないのか?(確か戦艦長門の艦橋に連合艦隊司令部があり、開戦当時に長門は呉に停泊していた、違ったかな)。なんかすごいところにきてしまったなと妙に感慨深いものを感じた。
 今日は疲れがどっと出て昼ごろまでホテルで懇々と寝込んでしまった。お昼に起きてサンドイッチをぱくついてからその旧・日本海軍の工場跡にあるところの火力発電所のボイラーを作っている会社の工場見学に出かける。幸いにして体調は良好だし天気は良くて暖かいしで、外を歩いていてうきうきとした気分になった。できることならば早起きして戦艦大和の博物館を見学したかったのだがいかんせん疲れが出てしまって起きられなかったのが残念だ。
 そんなわけで、会社の説明を聞いたり工場を少し見学したり、面談と称して事実上の面接みたいなのを受けたりして、割と充実した見学会であったと思う。見学会の終わりごろに参加している学生で妙に気があったので、見学会の後に呉駅の中にあるお好み焼き屋に出かけて少し話し込むというおまけつきであった。

 あとは見学会の最中に電話がかかってきて、そのときは出れなかったので休憩時間にこちらからかけなおしたら、少し前に受けた自動車部品メーカーの一次面接試験にパスしているので次の選考に来てほしいという内容であった。吉報である。
 まだ内定が出たわけではないのでそれほど喜ぶものでもないが、それでも落ちるよりは通っているほうがはるかに良いことなのでとにかくよかったと思った。これも面接の直前にトール鉄さんから貰った激励メールの効果かもしれないとか思う。なのでこちらも4月中旬に次の面接を受けてこようと思う。とにかく気合を入れていくよりほかにない。

 明日は出来れば午前中に広島の平和記念公園を少し見学して、それから岡山に出かけて岡山発のラジオRADIO29のパーソナリティである金魔・マルの両名とお会いしたいと思っている。金魔さんのご都合がつくかどうかは未定ということだが、お会いできたらなーと思っている。

人気blogランキングへ

スポンサーサイト



家から野良電波を拾った・いよいよ広島に乗り込む

 西多摩にある俺の家ではインターネット接続の回線を引いてないのでこれまでずっと駅前の図書館に出かけてウェブにつなげていたのだが、なんとなく部屋から無線LANを探していたらラッキーなことに野良電波を拾った。なので、これがいつまであるか分からないが家からウェブにつなげることが出来るような状況になってきた。ウェブにつながるだけでこうも落ち着いた気分になるのだから俺も本当に重度のウェブ中毒者である。

 予定では木曜日の午後に神奈川で説明会に出て、夜に広島に乗り込む算段になっている。一応広島のホテルからもウェブにつながるみたいだけど、もしつながらなかったならばしばらく更新できないかもしれない。どうだろうか知らん。

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ