FC2ブログ

Articles

実験を開始する・熊本ラーメンと紅茶・ライラック祭り

 昨日実験装置の制御に使うシーケンサーのプログラムを書くことが出来たので、本日から少し実験装置を動かして実際に燃焼実験を開始することにした。まだ序盤という風であまり本格的にやっているわけでもないのだが、今後の指針となるようなデータをまずは取ることを目標にして動いていきたいと思う。
 本日少しやってみた限りだと割と上手い具合に装置が動いてくれているのでいい具合だと思う。

 この前食べた熊本ラーメンがやたらに美味かったので今日も夕食に食べてみる。…やはりこれは間違いなく美味いラーメンだとつくづく思う。期間限定だというから少し集中して食べてみようかと思う。
 日本茶のティーバックが切れたので売店に買いに出かける。ふと見ると日本茶よりも紅茶のティーバックのほうが安いのでそっちを買ってみた。早速入れて飲んでいるが値段の割りに味も悪くはない。しばらくは紅茶を飲むことにしよう。

 木曜日から明日の日曜日まで、大通公園でライラック祭りがやっている。せっかくなので明日にちょっと見に行こうと思う。…この俺が花なんぞに興味を持ち始めるとは自分でも末期症状だと思う。

 今日はF1モナコGPの予選、明日が決勝レースである。基本的にモンテカルロはオーバーテイクが少なくてレースが膠着することが多いので俺はあまり好きではないのだがとりあえず見ようと思う。

人気blogランキングへ
↑自然科学39位

スポンサーサイト

PCのメモリを2GBに換装する・プログラムの書き換えに6時間くらいかかった

GX270内部
↑学校で使っているパソコン、DELLのGX270というマシンの筐体を開けたところ。メモリを差し替えたらあっさりと認識してくれたので本当に良かった。


 学校で使っているパソコンのメインメモリが512MBで動作が重いので2GBのものに増設することにした。それなのでパソコンの筐体を開けて刺さっている256MBのメモリ2本を引っこ抜いて1GBのメモリを2本差し込む。それで動くかなーと思っていて、最初こそ起動画面でなんかエラーがでていたが、ちょっと待っていたらなんかあっさりと起動した。
 マイコンピュータから見ても問題なく2GB認識されているので結構あっさりとメモリを2GBに増設することが出来た。これで前よりはストレスなく作業が出来ると思うので良かったと思う。それにしても、本体価格中古1万円のパソコンに増設用のメモリが7千円というのもバランスをつくづく欠いているものだと思う。
 このパソコンを使ってみて使用感覚が明らかに良いようだったら家で使っているパソコンのメモリも2GBまで増設しようと思う。家のパソコンもメモリが512MBで使っていて最近動作が遅い気がしているのだ。


 日本火災学会から戻ってきたのでそろそろ実験を再開しようかしらんと思って動き始める。手始めに実験装置を制御しているシーケンサーのプログラムを書き換えないといけなかったのだが、これが予想通り難航して結局まともに走るプログラムを書くのに6時間くらいかかった。
 ちょっとシーケンサーを制御するためのプログラムが独特であまり理解していなかったので、これまでは前の人が使っていたプログラムをちょこっといじって使っていたのだ。だから今回みたいに抜本的に違うプログラムを書こうとすると非常に難航するものである。それでも6時間ほど頑張っていてなんとか走るプログラムを書くことが出来たのでこれで目的としていた実験が出来そうだ。良かった。

人気blogランキングへ
自然科学36位

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ