FC2ブログ

Articles

ヤフオク・立ち読み・勉強の続行

 今日は午前中に漫画喫茶・アイカフェに出かけて漫画と雑誌を読んできて、学校に戻ってきてから実験装置を少し動かしていた。…もはやモチベーションを保つのが極端に難しい状況で実験をするのも凄く大変なのだが、それでも現状ではなんとなくというか惰性で勉強を続けている。我ながらこの状況でまだ勉強を続けているとは俺はこんなに勉強が好きだったか? と自分で不思議に思うほどだが、まだなんとなくだらだら勉強を続けている。
…続けられるうちはだらだらとでも、惰性でも何でもいいから勉強をだらだら続けようと今はまだ思っている。

 木曜日なので札幌の本屋に「週刊アスキー」の最新号が入荷したはずである。それなので生協の本屋に出かけてちょっと立ち読みをしてくる。
 季刊「読書のいずみ」があったので一部もらってくる。

 俺は今までヤフーオークションをやってこなかったのだが、最近になってヤフオクに興味が出てきた、というか、ちらちらウォッチしていると「これはほしいな」と思う非売品のグッズが安く出ていたりするので、ヤフオクに手を出してみようかと思っているところ。

 今日は英会話の勉強会があるのだが、疲れがどっとでているので今日はばっくれる。すまん。

 なんか、ぴよさん@木下クラブlog(http://blog.livedoor.jp/kinoshita_piyo/archives/51641231.html)、に依頼していた冬コミの原稿が速攻で上がってメールで送られてきた。はや! というか、印刷所に依頼した見積もりよりもぴよさんの原稿のほうが早く戻ってきたのでさすがにびびった。
…印刷所からも返信が来た。12/8入稿でいいそうな。良かった。見積もりだとA5、48ページの同人誌を100部作って料金が2万円弱くらい。思ったよりは安く上がりそうで助かる。

人気blogランキングへ

スポンサーサイト



Kindle・電子ブック・本屋がないと本は読めない

 今日漫画喫茶で読んだ分と今週号の「週刊アスキー」で電子ブック「キンドル」の話題が出ていた(「キンドル」に限らず電子ブック特集が組まれていた)。アマゾンの電子書籍端末「キンドル」が日本でも買えるようになって、アマゾンのトップページに大々的に広告が出ているが、アメリカではこれに触発されて電子書籍端末がいろいろなメーカーから続々とリリースされているそうな。
 俺は本・読書が好きでそしてITのことも好きなので、「電子ブック」については相当興味を持ってウォッチしている(へたをすると「本」の形態が劇的に変わる歴史的な瞬間に立ち会っているのかもしれないとすら思う)。

 改めて気が付いたが、そもそも「本」を読むためには物理的に「本」を入手する必要がある。つまりは家の近所に本屋か図書館がないと本の存在にそもそも気が付かずに本を読まない状態にいる、ということがあり得るのだ。
 俺はラッキーにも子供のときから近所に本屋も図書館もある環境に住んでいたから認識しなかったが、住んでいたところがもっと田舎で「近所に本屋も図書館もない」という状況だったならば、はたして俺はここまで本・読書が好きな人間になっていただろうかということを考え込んでしまった。

…俺の想像だが、基本的にアメリカは国土が広すぎて「気軽に本屋や図書館に行ける」という環境に住んでいる人は少ないんじゃないだろうか。だからアマゾンのウェブ通販での書籍販売が広まった、という側面だってあるんじゃないのかな(以前、玉川大学の講義にモグったときには「アマゾンは本屋で売れ残った本を安く買い叩いてウェブで低価格販売をしたからヒットした」と永綱さんが言っていたが)。

 よくよくと考えてみると「本」にとって重要な側面として「流通」という問題があることにいまさら気が付いた。キンドルを始めとする電子書籍の場合、本屋に行かなくても無線通信でコンテンツ(本・新聞・雑誌)をDLできるというメリットがあるらしい。現在の米キンドルの場合は「物理的な本よりもDL版のほうが価格が安い」という点を武器にしているようだが、俺としては価格競争よりも流通の点で「本屋が近くになくても本が手に入る」というのがでかいよなーということを、週刊アスキーの記事を読みながらつくづく感じていた。

 というか、俺は電子書籍端末に相当興味を持っていて、ニュースを見たらくまなくチェックしている有様だが、自分自身が電子書籍を使うか、という話しになるとまた分からない。住むところにもよるだろうが、現状の札幌にしろ来年予定している広島の呉にしろ、中程度以上のリアルの本屋が近くにある状況だったら電子端末を使わないんじゃないかとうすうす思う。現状でも俺のアマゾンの利用法は中古で値崩れしたハードカバー本を買い叩くくらいで新刊書店で流通している新刊をウェブの本屋で買うという使い方は実はしていないのである。

 電子書籍端末がこれからどうなるかは、あと10年もしたら嫌でも結果が分かる、というか見れる・見ざるをえないので、それがどうなるかすごく気になる。

人気blogランキングへ

漫画喫茶、アイカフェに出かける

 久しぶりに漫画喫茶・アイカフェに出かけてきた。3時間パックの900円か、6時間ナイトパック1200円かどっちのプランにするか迷うところであるが、ここ最近行くときは時間を作って6時間ナイトパック1200円で入るようにしている。

アニメージュ
ニュータイプ
週刊アスキー
サンデー
ハチワンダイバー 12
エンゼルバンク 8
とある科学の超電磁砲(漫画版) 1.2
でじぱら 3.4
涼宮ハルヒの憂鬱 9.10

 あたりをちまちまと読んできた。「とある科学の超電磁砲」の漫画版が予想以上に面白かったのでびっくりしている。最新4巻はあったのだが3巻がなかったので4巻が読めなかった。

 アニメージュとニュータイプもまとめて読むことが出来て情報収集をすることも出来た。週刊アスキーも俺は普段立ち読みだけで終わらせることが多いので特集をじっくりと読めたのは良かったと思う。

人気blogランキングへ

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ