FC2ブログ

Articles

ボーナス支給日に、お金を使い切れないくらいもらった

 今日はボーナス支給日だった。俺が契約している民間企業から、予想を上回る金額を支給されたのでビビった。
 今日このお金をもらったことで、俺は今日生まれて初めて使い切れないくらいのお金を手に入れた(といっても数十万円くらいだから絶対的にはたいした額ではないのだが)。

 今までずーっとお金にはさっぱり縁がなかった。それでも学習院に入る頃からは本と漫画はなんとかほしいだけ入手できる状態だったのであまり気にしなかったが(いや違うか、漫画も新刊では買えなかった有様だったかな)、それでも北大に行くまではオーディオプレイヤーとかのガジェットは気軽に買えなかったから学習院の時の俺はやはりお金には多少困っていたのか。
 北大に行ったあたりでやっと必要量が供給されるようになってトントン位になった。
 そして、今年に仕事を始めても月給でやっているうちはおよそトントン位だったが(使える額は少し増えたが東京に戻ったりモータースポーツを観戦したりで支出も増えていた)、このボーナスに関しては必要量を大幅に上回る金額支給されて、「ああ、主観的には俺は今日は金持ちだな」と自分で思った。
 自分の使う量・使いたい量を大幅に上回る額のお金を所有した以上、それは主観的には「金持ち」なのだ。そして俺は「金持ち」になったのは今日が生まれてはじめてである。だから「へー、俺は一生金には縁がないと思っていたけれどもこういうこともあるのか」と妙に感心した。

 そして随分お金というのはくだらないものだと思った。
 俺が学習院や北大で死闘を繰り広げていたとき、今よりもずっと世界に対して価値あるパフォーマンスを発揮していたと俺は自負しているが(今の俺が能力がなくなったというよりは様子見に徹しているのでまだパフォーマンスを広島では発揮していない)ほとんどまったくお金は俺に入ってこなかった。それが民間企業と契約したら(学習院の時や北大の時の俺と比べて)大したことをしていないにもかかわらず使い切れないくらいの金をぽーんと無造作によこしてくる。・・・不合理だろう。
 今の俺にこれだけお金をくれるのならば、なぜ学習院や北大の時の俺にこの半分でもくれてやらなかったんだと、俺はこの世界に文句を言いたくなった。
「金持ち」というのは本人の資質とかではない。ただ、運と周りの状況で金回りなんて決まるものじゃないかと、そう思った。

 とりあえず、今日にボーナスを予想よりもたくさんもらったので今日の俺は実に金持ちだ。だが、これまで30年生きていて今日はじめて金持ちになったので俺はこの状態がイレギュラーだと思っている。金がない状態のほうが標準状態じゃないかと(30年間そうだった)。それなので、俺は小金が入ったがこれまで同様に金がない状態を仮定して経済活動を展開する。それは傍から見たらただのケチにみえるかもしれないが、俺からしたら金が入ってこなくなったときのシミュレーションなのだ。たまたま小金が入ったが、ほんのちょっとしたことですぐに貧乏になんてなるのである。金があろうとなかろうと「なくても困らない」経済活動をするべきだと俺は考えているのだ。

 とりあえず、「金持ち」という状態を経験するのは悪く無いと思っている。今まで金がない状態を基本として考えていたが、金がある状態を基本とした物の見方が少し理解出来ればそれはそれで俺の役に立つと思う。

スポンサーサイト



Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ