FC2ブログ

Articles

iTunesが確かに使いにくいというか、好き嫌いが激しいソフトになっていると思う

 前にも書いたとおり、たけさんからiPod touchの3G 32GBを貸してもらって試用させてもらっている。俺がアップル製品を使ったのはたしか2004年か2005年にiPod shuffleの初代512MBモデルを使ったとき以来である。
 俺は基本的に中古でオーディオプレイヤーを買うので一番人気のアップル製品は値崩れしなかったので縁遠かったのだ。

 それで、shuffleを使っているときはiTunesが非常に使いやすかった印象が強かったので、今回たけさんが「iTunesが使いにくい」と言っていたのが最初は理解できなかった。だが、貸してもらったiPod touchをつなげてみたらなんとなく理由がわかった。
 噂には聴いていたが、本当にパソコンに入っているiTunesが無条件にiPodを同期して中身を勝手に書き換える仕様に今はなっているのだな。びっくりした。昔のiTunesはそんなことはなくて自分でiPodの中を編集できたので不便はなかったのだが、今の仕様ならばたしかに使っていて気持が悪いという部分はどうしても拭えないものである。
 自分で使ってみて「これはたしかに俺もあまり好きじゃない使い勝手だ」ということは思った。

 あとは、この前の日曜日に広島に出かけたときにWiMAX端末と一緒iPod touchを持って行って使ってみたが、出先でウェブを見るのに重宝する端末だろうと思った。1998年頃に俺が初めてパソコンを購入したときに言われていた「ウェアラブルコンピュータ(身につけるコンピュータ)」がこういう形で実現したのかなーということを思う。当時は腕時計か眼鏡に内蔵されるという形式がテストされていたが結局はiPhoneがそれだったのかというのが感慨深い。
 なんというか、iPod touchについては「オーディオプレイヤー」の発展形というよりも「パソコンを手のひらサイズに小型化しました」というコンセプトの端末に思える。だからバッテリーの持ちも朝から晩まで使ったら一日もたない仕様になっているし(オーディオプレイヤーだったら私のウォークマンでも朝から晩まで使い倒しても二日は持つ)。そもそもアプリケーションソフトを入れてそれを使うのがメインだというところもすこぶるパソコンっぽい。というか、これだけ大画面液晶でソフトウェアが使える端末だとオーディオプレイヤーとして使うのがむしろ勿体無い程に思える。

 どうでもいいが、iPhoneではソフトウェアのことを「アプリ」と言っているのが個人的に気に食わん。普通に「ソフトウェア」と言ってくれ。携帯電話でもデータ量をバイトやビットではなくて「パケット」という良くわからん単位で表現しているのが前から気に入らなかったが、iPhoneでもアプリケーションソフトウェアを「アプリ」と言っているのが個人的に受け付けない。

 現状ではそんなところ。とりあえず、iPod touchのメインの使い方であるソフトウェアをインストールして使うことがまだろくに出来ていないのでそれはこれからやりたいと思います。

スポンサーサイト



Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ