FC2ブログ

Articles

想像以上に「普通」だという感想の韓国行き

 韓国に来た。この一週間の行程も本日が会議最終日で、そして明日に日本に戻るのみという状況になっている。

 韓国に来て自分でも不思議に感じていることは、「日本とそれほど変わらないのだな」という点にあっけにとられていて、むしろ日本から離れたことによるサプライズがほとんどまったくない、ということだ。

 俺は韓国に来るまでは、きっと韓国にきたら新鮮な驚きをたくさん体験するのではないかという期待を持っていた。なのだが、いざ韓国に実際に来てみるとわくわくするような体験はほとんどなくて「なんだ、意外と日本と同じだなー」という感想を持つほうが多い有様だ。

 もっとホットでエキサイティングになるとばかり思っていたのに、実際はどんどんどんどんクールな気分になっていく感じ。だからといって今回の韓国行きが無意味だというわけではもちろんなく、国際会議に参加してみて「言語が日本語から英語に変わっただけで思ったより日本と同じだな」と思えたことや、言語が違うといっても何とかなるということがわかっただけでも収穫といえば収穫なのかもしれない。
 あとは韓国の国立科学博物館を見学していて「韓国の歴史」について興味が出てきたことも非常に大きな収穫だといってよいのではないか。
 英語についても、もっと日本語と同じように、水や空気と同じように使えるようになったならばもっと世界が広がるのではないかということも強く実感することができた。それは大きな収穫だといって間違いはないのではないだろうか知らん。
 日韓共催学生イベントでの司会を英語でやり遂げたことも大きな充実感を感じたものである。

 それでも、「日本と違ってすばらしいことばかり」という感想ではなく、案外日本と変わらない、というか「日本から出なくても日本にいればほとんどのことはやれるのではないか」、という風な感想になったのは自分でも幸せなのか不幸せなのかがいまいちわからない。まだ韓国を一週間眺めただけだが俺はなんか今回はそういう風な感想を持ってしまって仕方がないものである。

 後は、俺がもう宇宙科学のジャンルからほぼリタイアしているということもこの会議にそれほど大きな興味を感じにくい要因になっているだろうか知らん。宇宙科学についての発表を聞くにつれて「そういえば、どうやら俺はもうこれ以上は宇宙科学を続けられそうにはない」ということを嫌になるくらいに感じさせられて、宇宙科学についての発表を聞くことがいささかの寂寥感を伴ってくる有様である。
 おそらくは、俺がまだ宇宙科学の分野において何かしらの希望を持ちうる状況でこの会議に臨んでいたならば、またちょっとは違った展開になっていたとは思うものなのだが。

人気blogランキングへ

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ