FC2ブログ

Articles

コラム:講義というのは聴くまでは楽しみなものである

 北大からシラバス(授業計画)をもらった。シラバス自体は前に来たときに去年の分を図書館でぱらぱらと読んでいたのだけど、これがまた実に面白そうな講義が多い。
 学校の講義というものは大体シラバスを読んでいる段階では面白そうに見えると前から思っている。
 学習院でもシラバスをもらって「さて、今度は何の講義をとろうか知らん」と考えている時点では非常に面白いものだった。それでいざ聞いてみると講義というものがシラバスを読んで楽しみにしていたのよりはあまり面白くないということに気がついて落胆したものである。
 おそらくは北大でもそうだろう。シラバスを読んでいると非常に面白そうでためになる講義がたくさんあるように見えるが、実際に受講してみると多分退屈で面白くない講義なのだろうと思う。
 だが、講義の中には娯楽として面白いものはないにせよ興味を持てるものもあった。出来ればそんな講義を聴いて、いろいろと考えてみたい。そういうことが勉強になるのだと思う。

 学習院にいるときは講義でやっている勉強が良く分からなかったけど、最近になってあの手の勉強が大切なんじゃないかと思えるようになってきた。それなので、今更ながらに頑張ろうと思う。講義をあまりたくさん聴いていてもこっちのなかで消化できないのであまり数は取れないが、面白そうな講義があったらもぐりにいきたいと思う。
 昨日の入学式で新入生が修士課程380人、博士課程60人とか言っていた。…学習院の5倍以上の規模である。この「理工系の規模が大きい」という点は私にとっては非常に新しい視点である。それなのでその辺がどういう風に学校に影響しているのかというのが気になっている。規模がでかいので私が興味を持てる講義も数が多いかもしれない。そんな事をチラッと思っています。
 おそらくは、北大はもぐりがいのある学校だと思う。きっとマニアックで興味深い講義があるに違いない。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ