FC2ブログ

Articles

同人誌・同人作家の可能性をキンドル自費出版のニュースを見て強く感じた

> 「キンドル」作家、募集中 米アマゾンが自費出版支援
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100117ATGM1601F17012010.html

↑このニュースを見ていて、「自費出版」がとんでもなくやりやすくなる可能性があるとの期待を強く持った。

 俺が「出版」の真似事がやりたくてコミックマーケットに同人誌を持ち込んで本の配布をしたりしているが(この前のコミケで結局トータルで同人誌を73部発行したのかな、早くPDF版も準備しないと)、コミケのサークル参加で本作りをやっていて思うことは「出版」というのが「流通」の問題が一番大きいんじゃないかということだ。

 印刷所に頼めば「物理的な本」は格安で作ることができる。俺の場合はコミケの同人誌をA5サイズ40ページで100部作るのに印刷所に依頼して18000円くらいだった。それにコミックマーケットへの場所代を8000円払って、合計でも3万円以下の料金で「本作り」をやっている。・・・実際問題アマチュアで自分の本を作ろうと思ったならば費用負担はこのくらいが限界だろう。
 これまでの「自費出版」のように、詳しくは知らないのだがちょっと聞いたところで数十万円から百万円を超えるような費用を負担して「自費出版」をすることはちょっと現実的ではない。
 だが、キンドルのような電子本での「出版」形式ならば現在のコミケのサークル参加のような感覚で、リーズナブルでの料金での「出版」が可能になるのではないか? という期待を俺は電子本に感じている。

 実際問題として、現在の本好き・読書家だったら「アマゾン・コム」を知らないとか使えないということはないだろう(年配の、インターネットをそもそも使えない人はいるかもしれないがこれからの若い世代はインターネットが使えないということはないはず)。
 そして将来にキンドルが電子本のスタンダードになるかはともかくとして、どうやら最近のキンドルの快進撃を見ていると電子本が本格普及する事柄はもう間違いないと思う。そうなったとしたら、あとはもう「流通」についてはデジタルデータをウェブサイトに登録するだけの問題であり、それが今の自費出版みたいな「全国の本屋に並べるための手数料を数十万円」なんてコストはありえない。せいぜい高くても数万円の手数料を払うことでアマゾンなりどこかのサイトに登録してもらってそれをDL販売する形式をとることは十分可能だ。

 俺だって、現在のところコミケのために同人誌を作ってそれのデータをPDF形式にしてインターネット上に置いているが、数万円の手数料でアマゾンのサイトで販売出来るならば相当に魅力的だ。それだったらもっと多くの読者に届くと思うし、面白い同人誌を作れば本格的に収益を上げる「販売」だってできるかもしれない。

 コミックマーケットを中心とした同人誌即売会が活発になり、アマチュアで漫画を描いている人の活動が盛んになって発行部数が数千部のサークルがあったり、「とらのあな」のような同人誌専門店が出来たりで、即売会の大手サークルの書き手は「事実上の出版をしている」セミプロだと思う。電子本の普及によって、漫画以外の書き手にもアマチュアのままでセミプロになる可能性を提供できるようになるのではないか。

 俺はパソコンを中心としたITが好きで、そして本・読書も好きだ。だから今までアマゾンのキンドルを中心とした電子本のニュースを興味深くチェックしていたのだが、それでも結局のところ「普及するとなんのメリットがあるのか?」という点についてはいまいちよく分からないままだった。まあ、それは今でも良く分からないが、考えていて「読み手には大きな変化はないかもしれないが、アマチュアの自費出版はもっとやりやすくなるはずだ」という可能性を思って、もしそうだとしたらすごく面白いことじゃないかと、結構期待するようになった。

 どうだろうかしらん。もし電子本の世界が本格到来して安い料金で「電子出版」ができるようになったら、俺もコミケで作っている同人誌のノウハウを流用して同人誌の電子出版をやってみたいものである。

人気blogランキングへ
自然科学49位

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ