FC2ブログ

Articles

北海道大学の退学が許可された

 今日、家に戻ってみたら学校の事務から封書がポストに届いており、開封してみたらぺらっとした紙で工学部長名義で、私が申し込んでいた退学願が許可されたという意味のことが書いてあった。なので、3/31に退学できるようだ。なんだかなーと思った。

・・・学校は泥沼化の様相を呈してきた。
 先週の金曜日に指導教員とのミーティングをして、そのときに、「そろそろ研究活動を停止しようかと思っている」という意味のことを切り出そうと思っていたのだが、ディスカッションをしていると「これまでの研究内容に数値計算を加えたらまだ成果になる可能性がある」、みたいな話になってきた。
 その後に今週の月曜日にもディスカッションをしてみて、たしかに「学校を単位取得退学した後の一年間以内に論文が認められての修了」の可能性が「ゼロではない」らしいこともうすうす感じるようになった。
 それなので、「もうやめた方がいいだろうか」と思っていたのだが、方針を変更して現状では主に数値計算を中心にしてもうちょっとだけ研究活動を続行する、というふうにしてみようと考えているところ。

・・・やめた方がいいのか続ける方がいいのか、そこら辺はもう自分でもよく分からない。とにかく今現在に限っては「続ける」ほうに賭ける、ということ。

人気blogランキングへ

トラックバック一覧

コメント一覧

 今頃になって成果云々するとは教員として正直どうかと思う。
学生のモチベーションのコントロールも教員の重要な仕事の
はずだが、どうも指導教官の態度は場当たり的なものに見えて
仕方がない。
 市ちゃんがどうするかは市ちゃんの自由なんだから、自分の
好きなようにしたらいいと思う。研究を続けるのもやめるのも自由。
学位をとれない学生が増えるのは大学にとって成果をあげること
ができていないということだから、指導教員にとってマイナス評価
になる。だから今頃成果のことについて云々し始めているのかも
しれないな。

  • 2010/02/10
  • coz ◆ -
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]

cozさん
コメントどうもありがとうございます。
ご意見はごもっともです。私もここまでくると過度に期待する気分にはさっぱりならないので、あまり期待しないでできるだけ精神的に負荷を書けないようにのんびり過ごすことを第一に考えて行動したいと思います。
・・・とりあえずもうちょっと続けてみようかと思ってはいるところですが、状況次第ではいつでもやめようという準備だけはしながら、動こうと思っています。

  • 2010/02/11
  • 市村@管理人 ◆ -
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ