FC2ブログ

Articles

WEBラジオについて、たこやきさんとチャット対談をしてみました

 blog「たこの感想文」の管理人のたこやきさんとチャットで対談をしてみました。主にWEBラジオ「まぬけづらの小部屋」の話を受けてのチャットですが。このチャットのログを載せるという方法が面白いのかどうか分かりませんが、やってみます。
 以下、追記で。

[23:20:51] たこやきの発言: 逆に、このチャット対談、という形式の記事を投稿するのも面白いんじゃないか、なんてことを思うんですけどね
[23:21:26] 中谷@無重力の発言: そうか。それもあるか…。<チャット対談。
[23:21:46] 中谷@無重力の発言: いや、コミケの同人誌で、大学の漫研がそういうチャット対談を記事にしているのは見ましたが、blogではあんまりみないので。
[23:22:13] たこやきの発言: 多少、編集作業とかしないとならないでしょうから、手間はかかると思いますけどね
[23:22:18] 中谷@無重力の発言: 後は2ちゃんねるのまとめblogとかみたいになるのかもしれませんが、面白いかどうかがそもそも疑問で。
[23:22:34] 中谷@無重力の発言: じゃいまやりましょうか。今お時間があるのならば、blogの投稿前提のチャットを何かやりませんか?
[23:22:43] たこやきの発言: 大丈夫ですよ<時間
[23:22:54] 中谷@無重力の発言: というか、まぬけづらさんのラジオってお聞きになりましたか?
[23:23:34] たこやきの発言: はい、聞いてますよ
[23:26:43] 中谷@無重力の発言: よかったです。「ラジオのやり方」とか、「どうすれば面白くなるのか」という話をまぬけづらさんが1.5回トークの最後に言っていたので、それについて、たこやきさんの見解とか聞かせていただければ。
[23:26:58] たこやきの発言: いきなり、難しいテーマですね
[23:27:25] 中谷@無重力の発言: なんか、たこやきさんは的確なコメントくれる気がするんですよ。なんとなく。
[23:28:42] たこやきの発言: これは、あくまでもラジオの特徴だと思うんですけど
[23:28:53] 中谷@無重力の発言: はい。<ラジオの特徴
[23:29:20] たこやきの発言: ブログと比べると、パーソナルなメディアなんじゃないかな、と思うんですよね
[23:30:15] たこやきの発言: ブログ記事よりも、声で語りかける形ということで、距離感が近い、とでも言うか…
[23:33:51] たこやきの発言: あと、これは別にブログとかでもそうなんですけど、読者、リスナーを意識するのは大事かな、というのも思いますけどね
[23:35:15] 中谷@無重力の発言: blogと比べると、というか、ラジオの場合パーソナリティの魅力しかないと思うんですよ。特にアマチュアのWEBラジオだったら情報番組でリスナーが獲得できるとは思えないのでパーソナリティへの興味でリスナーをひきつけるしかないと思うんですよ。
[23:35:50] たこやきの発言: それは確かですね…
[23:38:24] 中谷@無重力の発言: ちなみに、blogもラジオもそうだと思うのですが、リスナーを意識するというのは、意識的にやるというよりも嫌でも意識せざるを得ないんですよ。blogでもアクセス数が徐々に減るとすごいプレッシャーですが、ラジオもそうなんですよ。「リスナーが減る」ということは軽く恐怖です。どうやってリスナーの気を引くか結構気にしています。
[23:39:20] たこやきの発言: いや、それを意識してない、っていうのも色々と聞いているとありますよ(笑)
[23:39:59] たこやきの発言: なんか、ただ、友達同士で駄弁っている声を延々と流し続けているだけのラジオとか(笑)
[23:41:42] たこやきの発言: 私自身は、意識するのが当然、せざるを得ない、と考えている時点で志が高い、というか、そういうのを思うんですけどね
[23:41:53] 中谷@無重力の発言: それも最近分かるんですよ。スカイプキャストでだらだら話していると、適当なトークを延々とやらざるをえないんですけど、一人でトークするとなると、「だらだら話す」というのは難しいんですよ、多分。私も一人で話すときは事前にトーク内容を準備しますが、この前スカイプキャストをしたときはすごくゆるゆるな内容になったので違いに自分でびっくりしました。
[23:42:58] たこやきの発言: 確かに、1人でやる場合と複数人でやる場合では大分違うかも知れませんね
[23:43:37] 中谷@無重力の発言: 一人でやるときは準備する、というのを逆にすると「複数でやるときは事前準備が出来ない」という事情もあるんですよ。相手が何を話すか分からないので、どうしても「出たとこ勝負」になる。
[23:43:51] たこやきの発言: なるほど…
[23:44:51] 中谷@無重力の発言: なので、一人でやるときは「これを話せばみんな面白がってくれるはずだ」というトークをするように努力しますが、最近スカイプキャストで複数録音をするようになると「どうすりゃ面白くなるんだ?」と私は考え込んでいるんですよ。
[23:45:11] 中谷@無重力の発言: 適当に話したら多分面白くないんですよ。だからどう工夫するかを悩みます。
[23:45:19] たこやきの発言: 方法論が異なる、ってことでしょうね…となると
[23:46:35] たこやきの発言: 中谷さんのラジオの中の対談で感じたんですけど対談形式の場合、より、明確にテーマを決めることが大事かな? っていうのは思いましたね
[23:47:42] 中谷@無重力の発言: 逆に言えば、トークテーマを決めるくらいしか事前セッティングが出来ない、ということです。
[23:47:50] たこやきの発言: いや、そうなんですけど
[23:48:08] たこやきの発言: サトシアキラさんとの時は、本当にテーマがピンポイントで決まっていたじゃないですか
[23:48:27] 中谷@無重力の発言: あらためて身にしみていますが「なんか面白い話をして」という漠然としたテーマで面白い話をするのはものすごい大変だということです。
[23:49:03] 中谷@無重力の発言: そういやそうですねw あの時は事前に話して「堀江さんの話でやってみましょう!」と決めて挑んだんですよ<サトシアキラさんとの対談
[23:49:44] たこやきの発言: あのときと、まぬけづらさん、ぱにっくぽにーさんの時を比較すると、大分、印象が違っているように感じたんですよ
[23:49:56] 中谷@無重力の発言: で、まぬけづらさんのときは前にも書いた気がしますが木曜の夜に「明日やる?」といって翌日にとったので、話すテーマとか決める余裕もなかったのです。とにかくまぬけづらさんと話せたらいいや、と思って。
[23:50:51] たこやきの発言: 結局、しっかりとテーマが決まっていれば、相手次第といってもある程度は、こういう反応が返ってくるのでは? という準備がしやすくて、メリハリがつけやすいんじゃないか
[23:50:54] 中谷@無重力の発言: あと、ぱにっくぽにーさんのときは大分話す内容を決めてかかったんですよ。なので2回目のまぬけづらさんのときは大分適当にやったけど、3回目のぱにっくぽにーさんの時は結構「制御」を意識してやったので、2回目と3回目は私としては結構違ったことをやろうとしたって感覚があります。
[23:50:58] たこやきの発言: というようなことを感じたんですね
[23:51:59] 中谷@無重力の発言: これもジレンマですが、相手の反応が予想通りならばやっている私が面白くないのです。自分が考えないような発言を相手がするから他人と話すのが面白いのです。
[23:52:24] たこやきの発言: いや、それはわかりますけど。予想通り、というか…話がどんどん逸れていく、みたいなことだと、普通の雑談みたいになるんじゃないか、と思うんですよ
[23:53:22] 中谷@無重力の発言: 話をちょっと変えます。まぬけづらさんがラジオで「私のラジオにみなさんなにを期待しているんですかね?」といっていましたが、たこやきさんは何を期待していますか?
[23:54:01] たこやきの発言: 何を期待…ですか…うーん…かなりアバウトな回答になってしまいますけど…面白いと感じられれば、とか、そういう答えになっちゃうんですよね…
[23:55:23] 中谷@無重力の発言: ちなみに私の場合も理由を聴かれても答えられないんですよ。「まぬけづらさんへの興味」というのが一番近いかなーと。
[23:55:41] たこやきの発言: 勿論、それもありますね<まぬけづらさんへの興味
[23:57:25] 中谷@無重力の発言: 「面白い」ということについて最近考えるんですけど、ラジオでもblogでも「皆何が面白いの?」というか、何をblogに書いたり、ラジオでトークしたらみんな「面白い!」と思うのだろうと、考え込んでしまいますね。「面白いとは何か」という問題を今更ながらに考えています。
[23:58:13] たこやきの発言: 面白い、という概念自体が、かなりアバウトなものですしね
[23:59:30] 中谷@無重力の発言: blogでもラジオでも、多分「なんとなく面白い」という風に思っている人が聞いてくれるのかなーと思うのですが、これだと「なんとなくつまらない」と思われた瞬間に切られますからね。なので結構考えてやらないといけないと思うんですよ。
[0:00:09] たこやきの発言: 確かに…ただ、さっきの話と重なるんですけど、「読者、リスナーを意識する」っていのがないと、そもそも相手を面白いと感じさせることが難しいんじゃないか、と思うんです
[0:03:54] 中谷@無重力の発言: 「相手を意識すれば出来る」というほど簡単なことでもない気がするんですよ。冷静に考えれば、アマチュアがアニメの話をしているblogや、あるいはただの一般人が日常のトークをすることになんの面白さがあるのかよく分からないんですよ。それを言えば商業的なテレビ・ラジオも何が面白いのか説明が難しいようなコンテンツが多いですし。
[0:04:28] たこやきの発言: 多分、考え方が逆だと思うんですよ。私の場合、「相手を意識していないものは最低限のところまで達していない」という意味で。そこから先は、相手の好みだとか、感性だとか、そういうものも影響するので、「こうだ!」とはいいにくいと思います。「相手を意識すれば面白くなる」ではなくて、「相手を意識していないものはつまらない」ということでしょうかね
[0:09:17] 中谷@無重力の発言: それはある。というか、「適当にやったら面白かった」ということはまずないですよ。<相手を意識しないとつまらない
[0:09:33] 中谷@無重力の発言: 必要条件ですね<相手を意識する
[0:12:08] たこやきの発言: それとも関連するかも知れないですけど、「何をしたいのか」をハッキリさせることも大事かな、という風に思いますね
[0:12:41] 中谷@無重力の発言: 確かに。blogの解説本でも「テーマを限定しろ」と必ず書いてありますからね。結構重要な注意だと思います。
[0:13:20] たこやきの発言: 結局、ただ駄弁っているだけ、状態のものがつまらないのも、「何がしたいのか」がわからないからだと思いますし。こういう風に考えると、自分が言ってることって「こうすると面白くなる」じゃなくて、「こうするとつまらなくなるから避けろ」ってことに過ぎないんですけどね
[0:15:48] 中谷@無重力の発言: 雑談は本人には面白いですが、他の人が聴いて面白い雑談が出来たらもうプロですよ。
[0:16:23] たこやきの発言: まぁ、プロの「雑談」っていうのが、どこまで「雑談」なのか、というのも疑問ですけどね
[0:17:07] 中谷@無重力の発言: 確かに。雑誌の「対談・座談会」とか、見られる事を想定していますからね。
[0:18:02] たこやきの発言: 勿論、見られることも想定していますし、比較的、テーマも決まっているじゃないですか。しかも、当然、編集とかもされているわけですし。それでも、たまに全く噛み合っていないものとかもありますけど(笑)
[0:19:39] 中谷@無重力の発言: ただ、オノッチさんがやっていたというリアルタイムの雑談を10時間延々とやるというのはそれはそれでなんか面白そう。
[0:20:09] たこやきの発言: あれは、生でやるからこそ面白いと思いますね
[0:20:15] 中谷@無重力の発言: 商業ラジオも4-6時間くらいの長時間番組もありますし。リスナーからのフィードバックを取れたら「雑談」もやれるんじゃないかと思います。
[0:20:40] 中谷@無重力の発言: そう「生」って実は力があるのかもしれません。
[0:21:29] たこやきの発言: 今度は、生放送ですか?(笑
[0:26:08] 中谷@無重力の発言: ええ、やってみたいと思います<マナ放送
[0:26:15] 中谷@無重力の発言: 間違えた。生放送です。
[0:26:32] たこやきの発言: 一瞬、何のことかと思いました<マナ放送
[0:27:37] たこやきの発言: さてと…
[0:27:43] たこやきの発言: すいませんが、そろそろ失礼しますね
[0:28:02] 中谷@無重力の発言: はい。今日はありがとうございましたm(_ _)m。あと、載せてよいですかこれ。
[0:28:15] たこやきの発言: かまいませんが…使えますか?(^^;)
[0:28:19] 中谷@無重力の発言: というか、気づけば0時半ですか!遅くまでつき合わせてしまってすみません。
[0:28:54] 中谷@無重力の発言: 使えます。ありがとうございます!
[0:29:01] たこやきの発言: いや、今日は最低限2時まではおきているつもりなので(ぉぃ
[0:29:43] 中谷@無重力の発言: じゃ、今日は本当にありがとうございました。またの機会がありましたらぜひお願いします。
[0:30:04] たこやきの発言: こちらこそ、また機会がありましたらよろしくお願いします
[0:30:20] たこやきの発言: それでは、失礼します
[0:30:47] 中谷@無重力の発言: では、落ちます。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ