FC2ブログ

Articles

コラム:携帯端末の元祖 機械式の時計とカメラを考える

 この前ヨドバシカメラ札幌店を散歩していて、時計売り場が面白かった。今では時計なんて安くなってしまって実感がないが、ちょっと昔は時計というのは非常な高級品だったのだ。
 クォーツ時計ができて現在は腕時計なんてただ同然である。だが、クォーツ時計ができる前の機械式時計しかなかったときは、時計はものすごい精密機器・高級品であって、宝石のような扱いだったと聞いたことがある。
 現在でも精度はクォーツに劣るが高級品として機械式の腕時計は生産されている。その時計も展示してあったが、何十万円という超高級時計を見ていて「ひょっとすると、時計というのは高級なものなのかもしれない」と、安くなってただ同然で売っている現状のほうに違和感を感じてしまった。

 現在は携帯電話とかノート型パソコンとかが携帯端末としてもてはやされているが、情報のために何かを携帯するという用途で考えると「腕時計」とか懐中時計というのが携帯端末の元祖になるんじゃないのかと思うようになった。
 持ち運べるようになったときに革命的だったものとして、ソニーが作ったポータブルのラジオチューナー(ラジオを持ち運ぶ)と、ウォークマン(音楽の携帯)がある。最近ではiPodが革命的な商品として注目されている。あるいはシャープが売り出した「電卓」とかも面白い商品だろうか。
 現在はありふれたものになってしまったが、よく考えると全部存在していることがすごいといえるくらいにすごいものだと思う。少なくとも、私は自分でこれらの商品を作ることができないのである。

 精密機械、というカテゴリーで考えてみれば時計と並んで「カメラ」も高級な精密機械としてかつて代表的な製品だった。かつては機械式の一眼レフカメラは技術の結晶であり、またとても大事に扱われる商品だったのに、これもデジタルカメラが登場してすっかり廃れてしまった。もちろんクォーツ時計やデジタルカメラができたことによって普通の人が時計やカメラを手軽に使えるようになったのだから、それは良いことだと私は思っている。
 それでも、精密機械としてすごく丁寧に扱われた、高級品である機械式時計や機械式一眼レフカメラというものへの尊敬は今でも感じている。

人気blogランキングへ
↑科学技術17位

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ