FC2ブログ

Articles

2011年が終盤なんだなーと他人事のように思う・年末のまとめ

 いつもと変わりがない生活を送っているので年末という実感がない。なんか不思議なものである。けど、冷静に考えればあと数日で2011年が終わるのだなということを理論上は分かって不思議な気分になる。

 カレンダーなんて人為的なものなので、年の終わりと年の始まりにまとめを考えることに大した価値はないと思うが、ネタとして面白いかもしれないので、今日風呂に入りながら俺の2011年度はどうだったかということを考えていた。

 まずは何よりも仕事が1年続いたということが大きい。本当に2010年4月1日に仕事を始めたときは一年たたずにやめてしまうんじゃないかと思っていたのでまがりなりにも一年間仕事をやめないで続けられたということが個人的に一番、地味ではあるが大きいことである。
 これは毎年そうだろう。正直来年の4月1日時点で仕事を続けているという保証は全く無いのであるが(そう冷静に考えれば明日仕事をやめないという保証は全く何もないのだ)、続けられたとしたならば仕事をやめないで続けているということが大きいことだろう。

 あとは、逆襲・ストライクバックに向けた動き?をおっぱじめたことも大きい。
 放送大学に科目等履修生で登録して半年のあいだ通信制大学の学生をやってみたり、個人で研究活動をして学会発表をするための第一歩として数値計算による解析を始めたこと、これは今後のストライクバックに向けた重要な第一手だったと後から総括されるかもしれない重用な行動だと俺は思っている。

 それから、酔狂にも今年は10月からハングルの勉強を初めてみた。あまりにも唐突でいつ自然消滅するか分からない企画であるが、まだ続いている。少なくとも2ヶ月は続いているんだから我ながらよーやっていると思う。「親と同じ趣味を持とう」というような感じで始めたことだが、新しい言語の勉強は文化的に非常に教養を深める役に立つと思う。何時やめるか分からないし、実際にいつ無期限休止しても良いという気軽さ加減でのんびりやっていこうと思う。


 続けたこと。コミックマーケットへの同人誌発行は夏はやったし冬もやる。「自分で本を作る」企画を本好きとして実践し続けているのは、これもいつやめるか分からない企画だが続けられるうちは続けたい。

 そして、なんだかんだでこのブログもまだ続いている。俺は自分自身を「ブロガー」だと思っている。ブログを書く・続けるということに関してだけはものすごい気合を入れてやっている。読み手の側が気づいているかしらないが、どんなどうでもいい内容でもできるだけ毎日何かしらのエントリを上げ続けてブログを「生きた」状態に保つ、努力を不断にやるのは結構なものだと思う。俺はブログには狂っていると思う。それは今のところブログは狂うだけの価値がある「モノ」だと信じているからだ。それは「信じている」つまり根拠は全くない。
 根拠は全くないが、価値があると思えて仕方がない。それがブログというものである。というか、何かを狂ったようにするときは、理論的な根拠なんてあるはずがないのだ。無根拠で狂っているのが好きってことじゃないか。
 だから、俺は仕事を辞めるよりブログをやめるほうがつらいと思っている(仕事には狂ってないからね)。

 仕事をやめても「仕事やめました」とそれをブログのネタにすればいいだけの話だが(そうホントただそれだけのことじゃないか)、仕事を続けていてもブログをやめてしまったらそれは精神的に死んだに等しく、生きている価値がないとすら思う。
・・・俺がそこまで考えてブログをやっているということをわかっている人が何人いるかなって思う。まあそれはいいけど。
 ブログほどではないが同人誌をつくろう企画もそれに近しい。だから俺は狂ったように同人誌を作り続けている。ブログと同じように、だ。だから俺はコミケに参加しているのである。それに価値があると狂信しているから。

 このブログと俺が作る同人誌は俺の狂気の産物である。

 2010年4月1日に民間企業と契約して仕事を始めた時、場合によってはブログを続けられなくなるんじゃないかと危惧していたが、なんとかいままではアベレージで月30エントリ以上を上げてこのブログを生きた状態に保ち続けている。それは地味ではあるがよくやっていると俺は自分自身で思う。読み手の側はそれが「普通ではない」ということをどこまでわかっているものだろうかしらん。


 失ったものものある。「失った」といって良いかは知らないが、アニメが見れなくなった。かつては見ないと死ぬと思っていたアニメだったが、ろくに見なくても死なない・大丈夫などころか最近はアニメを見るのがかったるいと思ってしまった。かつて狂気に囚われていてもあるときに魔法が解けるようにふっと興味が失せてしまう。その喪失の経験を今年は体験した。その具体例がアニメだ。
 まだ完全にアニメに興味がなくなったわけではなく、「ハヤテのごとく!」の映画と「けいおん!」の映画は映画館に観に行ったし、多分「ストライクウィッチーズ」の映画も見に行くと思うが、毎週定期的にアニメをチェックするのがしんどいと思うくらいには興味が失せてしまった。
 ついでに漫画も前は買ったら即日で読んでいたが、最近は積みっぱなしの作品が多くて読まないままというのも数多い。漫画への興味も確実に失せている。

 上に書いたように、いろいろなものを得たがその「対価」としてさしだしたものが「アニメ・漫画への興味」だったのかなーということを思う、そんな2011年度末。

 2012年1月1日にもなにか今年はがんばるぞ!的なエントリをあげたいが、結構スケジュールが詰まっていて書いている余裕が無いかなー。

トラックバック一覧

コメント一覧

Re: 2011年が終盤なんだなーと他人事のように思う・年末のまとめ

 二年ほど前にふとこのブログを発見して以来毎日更新を楽しみにこっそりと拝見させていただいています。いまでは市村さんのブログが日々の楽しみの一つとなっています。市村さんがオタク趣味から遠ざかってしまうのは寂しい気もしますが、末永くブログを続けていただけたら幸いです。

  • 2011/12/26
  • とある機械の学部生 ◆ -
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ