FC2ブログ

Articles

博士課程の卒業基準&今日はF1イタリアGP予選

 土曜日である。今週はF1ウィークなので、イタリアGPがある。モンツァである。楽しみだが、見ている時間が取れるかどうかが分からん。たしか来週がベルギーGPだったはず。連戦は見るほうもつらい。

 なんとか頑張って宇科連(いいかげん「ウカレン」で単語登録するか?)の原稿を出す。あとは知らん。

 北大の基準をふと考える。学習院の大学院は、修士課程では「学会発表が出来ることを最終目標にする」、博士課程では「論文が書けることを最終目標とする」であった。正式な文面は知らないが、卒業のための最重要単位の認定基準が修士課程が「学会発表」、博士過程が「論文執筆」が可能であることだった。
 日本語での学会発表レベルならば、それほど難易度が高いわけではなく私も卒業する頃には「出来る」というくらいになった。実際に学会発表くらいはちょっと出来る学生なら比較的簡単に出来るのである。だからどおってことはないのだ。

 それで、「論文執筆」。なるほど、こっちは確かに難しそうである。現時点の私が確かに「これは出来ない」という位の難易度である。だが、居直るならば、学習院が博士課程の卒業基準としてセッティングしていることなんだから、そう簡単には出来なくて当然だと思う。これが出来るならば学習院の物理で博士号をくれる、その程度のことなのだ。
 そんなわけで、学習院基準でものを考える私としては「博士課程の最後に論文が書けるようになったならば、まあミニマムサクセスではないか」というようなことは思う。そう思うので、「それでは北大での卒業基準はなんなんだろう?」ということが気になったので、ちょっとシラバスとかを見ているのだが、なんだかはっきりしたことが書いていない。
 学習院がぬるい学校だというのはしばらくいるとはっきりと分かったのだが、北大的な基準というのがどこにおいているのかというのは気にはなる。ターゲットはどこになるのか。


 いよいよアニメが見れそうにない。学校がなかなか忙しいというか、時間的に忙しいというよりは精神的に追われている感じがするので、そのゆとりがないのでアニメや漫画が見れない。F1も最初はフリープラクティス(練習走行)を見ていたが、最近は予選からしか見ていないし。
 アニメを見れないことは特になにも問題はないが、アニメが好きなウェブ上の知り合いの皆様と話が出来なくなることがものすごく困る。なので最近の私は「義務としてみる」という風になってきている。困ったものだ。漫画も最近はほとんどまったく読めていない。こんなことじゃ俺はバカになる。

 オーティオプレイヤーに昔の曲を入れて聴きなおす。改めて過去の曲を聴いてみると、新鮮に聞けるから不思議だ。
 私が高校生くらいのときに、2-3年位だけ活躍して、すぐに引退してしまった丹下桜さんというアイドル声優がいた。当時非常に好きだったので、時々、今はどうしているのだろうということをふと思う人だ。丹下さんの曲を入れようかと思ったが、アップルのAAC形式で圧縮していたので、東芝のGIGABIETには入らない。失敗である。

 森毅と養老孟司の対談を読む。というか、昔ハードカバーで読んで、それでこの前ブックオフで文庫になったのが100円で売っていたので買ってきて読み直した。なんというか、ものの考え方が実に面白い。やはり本は良い。なんというか、自分で考えているだけでは思いつかないような新鮮なアイデアがポンと書いてあったりするのだ。勉強になる。
 森毅のいう「居直る」ということを最近は良く思う。なんというか、「出来なくて何が悪い!」と居直ることが、場合によってすごく有効ではないかと思うのだ。何でもかんでも居直るわけではないが、だが、どうせ人間パーフェクトに何でも出来るはずがない。だったら「出来なくて当然」と居直ることは実に重要なものの考え方だと思う。
…自分で考えていて、どうしても居直れないこともあるが。なかなか難しい。

 月曜日から金曜日まで動いていると、土曜日はもうふらふらになって延々と12時間くらい眠り込んでしまう。やはり疲れているのだ。せいぜい頑張るしかない。
 この前の「鳥人間コンテスト」は録画できているのは何とか確認した。時間を作ってチェックしたい。

人気blogランキングへ
↑科学技術5位、ひとけた台は珍しい。

寄り道して考える PHP文庫 (PHP文庫) 寄り道して考える PHP文庫 (PHP文庫)
養老 孟司、森 毅 他 (2004/06/01)
PHP研究所

この商品の詳細を見る

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ