Articles

嫌われてみれば、嫌われないことが宝物であると思うようになった・34歳の誕生日です

 1/6は誕生日です。今日で34歳になりました
 だからどうというものでもないけど、とりあえず生きているということは悪いことではないと思う。

 最近、俺と話をしてくれる人が結構たくさんいるということが幸福だと思うようになった。
 学校にいた時から、同じ研究室で数人から嫌われることがあった。それも「どうして嫌われているのか理由がわからない」のに嫌われているということがたまにあった。それでも俺は「20人くらい人を集めたら数人には嫌われることもあるだろう、それが自然だ」と思っていた。実際、嫌われるのと同数以上には仲良くしてくれる人もいたので。
 最近というかちょっと前に、一時に割と親しくしていたのになんかしらんけど絶交されるという経験を何回かした。これも嫌われた理由が分かる場合もあるが、「なんで嫌われたのか理由がわからない」で嫌われたケースもあった。
 嫌われるにしても、嫌がらせをしないで、ただ挨拶や話をしないとかツイッターをブロックするとかメールの返事が来ないとか、それだけだったら特に実害はないのでまあいいかというかしょうがないかと思っている。
 それでもやっぱり嫌われるのは悲しい気分にはなる。

 ただ、誰かから嫌われる経験をしてみると「まだ俺と仲良くしてくれる人がいる」ということが実はすごく幸福なことなのだと、そういうことを思うようになった。年末年始にコミケでいろいろな人と一緒に同人誌を作ったり、オフ会をしたり、高校の知り合いと会ったりして、そうやってまだ俺には会って話をして良くしてくれる人がいるということが、本当に幸福なことなのだと、そう思えるようになった。
 それは「当たり前」のことではなく、あるのは幸福な「宝物」だと思うようになった。
 だから俺は名前通り「豊か」なのだろうと最近は思う。それだけで充分に満ち足りている。

同人誌「ブロガーズユニオン」のPDF電子版メロンブックスDLにて無料配信中。
キンドル版はこちらから→ブロガーズユニオン14

トラックバック一覧

コメント一覧

Re: 嫌われてみれば、嫌われないことが宝物であると思うようになった・34歳の誕生日です

いつもブログ見させてもらってます。
誕生日おめでとうございます。

嫌われるのは感情の問題なので難しいし仕方ないことも多いと思います。
人間関係はけっこう些細なことで壊れるものだと思います。
人が人を嫌う理由というのも些細なことが案外原因だと思います。
僕にも経験があります。

引き続き更新期待してます

  • 2014/01/07
  • るるとき ◆ wOrj64L2
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]
Re: 嫌われてみれば、嫌われないことが宝物であると思うようになった・34歳の誕生日です

るるときさん
コメントありがとうございます。
いつも見てくれてありがとうございます。
どうぞ今後とも宜しくお願いします。

  • 2014/01/08
  • 中谷@管理人 ◆ -
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 西日本にある民間企業でアマチュア・エンジニアとしてアルバイト中。職業は「勉強屋(二級)」。趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 中谷有吾(なかやあるご)の中の人。アニメブロガー西日本組。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。
 アカウントはmixiは「中谷@無重力」、Facebookは[Yutaka Ichimura]、Twitterは[argonworks]です。全部放置ですが。
 写真は2012/5/22に韓国の釜山でホットクを食べる著者。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート