Articles

ノンフィクションも「同じような話」に過ぎない、という意見

「フィクションのストーリーは数パターンしかない」ということを少し前から思うようになってきて、それゆえに俺はフィクションをどうやって読めばよいのかちょっと考えているところである。
 1/4にたこやきさんとみとみーさんと千葉を散策している時に、年に300冊位フィクションを読んでいるたこやきさんから「ノンフィクションだって同じようなことしか言っていない」というようなことを言われて「言われてみればそれもそうだな」ということを思うに至った。
 ノンフィクションで何かを主張する感じの本はその主張内容はだいたい「どこかで見たような主張」を焼きなおしているに過ぎない。そんなような本が多すぎる、ということは、「言われてみればそうだなー」と言われて初めて気がついた。そういえば、ノンフィクションだって同じようなことを言っているだけかもしれない。
 そう考えてみると、フィクションが基本ストーリーが数パターンしかないというのもノンフィクションと同じかもしれないと思った。

同人誌「ブロガーズユニオン」のPDF電子版メロンブックスDLにて無料配信中。
キンドル版はこちらから→ブロガーズユニオン14

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 西日本にある民間企業でアマチュア・エンジニアとしてアルバイト中。職業は「勉強屋(二級)」。趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 中谷有吾(なかやあるご)の中の人。アニメブロガー西日本組。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。
 アカウントはmixiは「中谷@無重力」、Facebookは[Yutaka Ichimura]、Twitterは[argonworks]です。全部放置ですが。
 写真は2012/5/22に韓国の釜山でホットクを食べる著者。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート