Articles

3/23 日曜日はスウォンに行ってきました

 9時37分に起きて10時に宿を出てスウォンに出かける。何とか行ってこれたので良かった。

 まずは地下鉄4号線でトンデモン駅からソウル駅に出かける。ソウル駅で地上の特急に乗っていこうと思って、「ムグンファ号かセウマル号の切符でスウォンまで」と英語で言ったら通じたので嬉しかった。大人三枚の切符を買って11時5分ソウル駅発のセウマル号でスウォンに出かける。これが2700ウォンでやすかったがちゃんとした特急で、特急で30分乗って300円弱というのは安いなーと思った。それで11時半頃にスウォンに到着。駅のフードコートで腹が減っていたので昼食というか軽く食うつもりが、おかゆ屋でおかゆを食ったら結構量があって腹一杯になってしまった。
 インフォメーションセンターでちょっと話を聞く。「ワールドヘリテージに行きたいのですが・・・」と俺が英語で言ったら「日本人ですか、ジャパニーズOK」というので日本語で話が通じた。さすが観光地。

 スウォン駅から世界遺産の城壁まで、大人三人だと値段的にはバスもタクシーも変わらないのだが、親が「バスのほうが面白そうだ」というのでバスにのることにする。我ながら外国の路線バスに乗るのは結構ハードルが高い行為なのだが、そんなこと関係なく普通に路線バスで世界遺産の城壁の八角門だったか。に到着する。門から北上して真ん中の宮殿を見て、それから北の長安門についてから城壁にそってブラブラと東側を散歩する。結構足にこたえたがそれでも散歩をするには良い所であった。少し歩いて、ドラゴンの顔がどーんとしている観光列車に乗ろうとしたらこの列車?が大人気で14時半ごろに乗り場についたのに16時半の便まで待つことになったから、いいや、この調子で歩いて行こうということになる。客がいないので休みかと思ったら開いていた喫茶店で柚子ジャムのかかったかき氷を食べて休憩してまたぷらぷらと歩き出す。結構散歩をするには良い所であった。それにしても韓国のスウォンにきてかき氷を食べるとは思わなかった。
 途中でやたら立派なスウォンの教会を見て、この建物すげーなーと思いながらとにかくあるく。天気が良いので散歩には良いなと思った。
 川のところに来てあとちょっとでもとの門に行けたのだが道を間違えて西に行くところを北に行ってしまったので博物館前に出てしまったので博物館を見ることにして、それから歩いて八角門まで戻った。それでまた路線バスでスウォン駅まで戻る。
 俺はタクシーでいいんじゃないかと思ったが、親がまた路線バスに乗りたがったのでまあいいかと路線バスで行く。というか、行き帰りともに路線バスで迷わずに移動できたんだから我ながらよくやったなと思った。

 16時過ぎにスウォン駅についたら偉い混雑していて、ここってそんな混む駅だったのかと思った。またソウルまでの切符をセウマル号で買ったら17時半出発の電車だが20分遅れで17時50分ぐらいになるということ。というとその時16時50分頃だったから一時間待ちである。
 またスウォン駅のフードコートでダンキンドーナツに入って俺はベーグルをかじりながら時間をつぶす。

 それで17時半過ぎにドーナツ屋を出てホームに行く。
 なんか電車は25分遅れで17時55分ごろやってきた。
 全席指定の特急のはずなのだが、立ち乗り客はたくさんいるし俺の指定席に先客がいて寝ている。なんか間違えたかと思ったがどうやら空いている席に勝手に座っていたことらしく、ちょっと間違いじゃないですかと切符を見せたら席を譲ってくれた。
 結構歩きっぱなしだったので電車で座われたのでだいぶ回復した。あとはつかれたのでスウォン駅のコンビニGS25で買ったレッドブルとコーラを飲んで回復していた。
 ソウル駅からはまた地下鉄でトンデモンに行く。ホテルでちょっと休んでから近くのレストランで夕食を取る。適当に見て適当に入ったのだが割りとうまかった。ダッカルビが美味いよといってそれでいいかと話していたらおやじさんが構わずダッカルビを持ってきた。親の食いたかったチジミと食ったが量が多くて食べるのが結構大変だったが、味は良かった。料金も割とリーズナブルで結構食ったが3人で49000ウォンであった。

 明日はテハンノをみてからナンデモン市場とトンデモン市場を見ようかと思っているところ。本当ならば博物館とか行きたいところはあったのだが月曜日は基本休みなのである。あとで知った。

同人誌「ブロガーズユニオン」のPDF電子版メロンブックスDLにて無料配信中。
キンドル版はこちらから→ブロガーズユニオン14

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 西日本にある民間企業でアマチュア・エンジニアとしてアルバイト中。職業は「勉強屋(二級)」。趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 中谷有吾(なかやあるご)の中の人。アニメブロガー西日本組。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。
 アカウントはmixiは「中谷@無重力」、Facebookは[Yutaka Ichimura]、Twitterは[argonworks]です。全部放置ですが。
 写真は2012/5/22に韓国の釜山でホットクを食べる著者。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート