Articles

読書の目的は今のほうが良いんじゃないか

内田CIMG4952
↑内田樹のエッセイを読む。高校の時に哲学的な感じの本を読んで知識をひけらかした話とかが書いてあった。まあ本筋は知識のひけらかしというよりも、そうやるやつから騙されないためにチェックしておく本を抑える技術を身につけたというような話だったのだが。
 前に立花隆の本を読んでいても、昔は「この本を読んでいないと学生として恥ずかしい」というような感じで、今の俺からしたら大して面白くもなさそうなそれでいてやたら意味を取るのが難しい本を、半分見栄で読んでいた、というようなことがあったらしい。
 昔の俺は「昔の学生はすごいなー」と思っていたが、今考えてみると、大して面白くもなくてやたら長くて難しい本を「読んでいないといけない・恥ずかしい雰囲気だから」なんて理由で読まないといけないなんて実につまらないんじゃないかと思った。
 年300冊くらい読んでいるたこやきさんを見ていてもおよそ実利的に役に立ちそうにない娯楽小説を実に楽しそうに読んでいる。俺もライトノベルを読んだり(上にあげた電撃文庫は将棋をテーマにした作品で実に面白かった)、趣味でノンフィクションを読んだりもするが、それだって楽しいからであって実利的に役立てようとかいう目的はほとんど全くない。というか、俺は実利的なことを考えてつまらない本を読もうとすると脳が拒否して読み進めることができない。
 思ったが、実利的な役に立つ具合とか、見栄とかより、「楽しいから読む」って目的の読書のほうがなんか健全じゃないかと思った。健全というか、そういう目的の読書のほうが楽しくて良いと思う。
 幸か不幸か、昔にあったらしい「やたら難しい本を見栄で読む」という文化は今は殆ど無いんじゃないか。俺はそれは悪いことではないと思う。本は見栄のために読んだり、知識を他人にひけらかしたりするためにあるものではないと思う。
「楽しいから読む」でいいじゃないか。


 視点が面白いので割と楽しく読めるエッセイです。星3.5。


 イロモノかと思って読んでいたけどすごく面白い小説だった。偏見を持っていてすみませんでした。星4つ。

同人誌「ブロガーズユニオン」のPDF電子版メロンブックスDLにて無料配信中。
キンドル版はこちらから→ブロガーズユニオン14

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 西日本にある民間企業でアマチュア・エンジニアとしてアルバイト中。職業は「勉強屋(二級)」。趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 中谷有吾(なかやあるご)の中の人。アニメブロガー西日本組。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。
 アカウントはmixiは「中谷@無重力」、Facebookは[Yutaka Ichimura]、Twitterは[argonworks]です。全部放置ですが。
 写真は2012/5/22に韓国の釜山でホットクを食べる著者。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート