FC2ブログ

Articles

コラム:理系の読書、の話をもうちょっと補足

> まぬけづらの浪漫クラブ
> 今日の雑記@07年11月12日分「気付くと今月も半ばですね」
http://blog.livedoor.jp/wooden_face/archives/50384564.html

> 学術書・参考書以外にもたくさんの本を読む理系の人は結構存在しているんじゃないかと思いますよ~

 もはや自分で何を書いたか忘れたし、そもそもウェブ上で厳密な議論をやろうとするとすごく面倒くさくって不毛になるから、簡単な往復書簡的な、コメントを記事でやるような感じでちょっと続きを書きます。というか、コメント欄に書くような事を記事でちらっと書いているような記事です。

「理系の読書家」自体は絶対数としてはいると思います。ただ、それがメジャーなカルチャーになりえていない、という気分でいます。
 割合としてみたら、理系の中では本を読む人は少数派じゃないかと思います。なんというか、これも思っていることだけど、漫画を読む・アニメを見る大学生はたくさんいるけど、大学生全体で見るならばアニメを見ている学生は少数派だ、というようなものに近いんじゃないかなと感じています。

 すくなくとも、ある程度学年があがって研究活動をやりだすようになると、理系では教養と言うか、研究テーマとか勉強に直接関係のない本を読む「読書」はほとんど無視されます。教員・学生のカルチャーとして、「読書は良いことだ」という認識がまずない。実際、読書をしているといえるくらいに読書をしている学生や教員も、私がまわりを見ている限りほとんど見られない。
 私は大分読書をしているといってよいくらいには本を読んでいるけど「趣味で変わった事をしている」というような認識をされていて、読書を続けている事を尊敬されてはいないですね。むしろ、「本業」の研究活動が上手くいかなかったら「本なんて読むのを止めろ」といつ圧力をかけられるか分からない、と個人的にはビクビクしています。

 そもそも理系の認識として読書がよいことで、勉強になるからドンドン本を読むべきだという認識があまりないんじゃないかと思います。

 最近の私は「読書なんかしていて勉強しないでよいのだろうか?」というようなことすらチラッと思います。それでも、勉強とは関係のない読書を続けることが、この世界を考える上でとても重要になる、「勉強の一環」だと信じるから、読書を続けることにしています。

トラックバック一覧

学ぶこと、読書のこと
 利口系無重力blog@北大さん「コラム:理系の読書、の話をもうちょっと補足」『すくなくとも、ある程度学年があがって研究活動をやりだすようになると、理系では教養と言うか、研究テーマとか勉強に直接関係のない本を読む「
  • 2007/11/20
  • from : 隠れ蓑~penseur~

コメント一覧

>「読書は良いことだ」という認識がまずない
そもそも、本当に“読書は良いことである”という命題が真なのかという疑問も残りますけどね。
研究活動が上手くいかないからって本のせいにするようなやつに進歩など無いとは思いますが、読書という趣味に時間をかけすぎて本業が疎かになるほどまでなら本末転倒、それはそれで考えもの。
そうでないなら、見識を広めるという意味で“有用なこと”だとは思いますけどね。

本を読むのは自分にない知識、考え方を得るという点では“勉強になる”のは間違いないとして、それが常に“良いこと”であるとするのはちょっと違うかもしれません。

私は読書もほかの物とおなじ趣味の範疇にとどまるのがいいような気がします。
決して否定はしないけど、あまり積極的に“良いこと”とも言いたくないかなぁと。
まぁ、普段前回のコメントに書いた程度の読書しかしてない私が言っても言い訳にすぎないのですけど(苦笑)。

  • 2007/11/20
  • halogen ◆ rKgl1FOk
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]

読書なんてメジャーなカルチャーになんてなりえないと私は考えています。
私が本を読んでいるのもそれが楽しいからであり、決してそれが良いことだから読んでいるわけではありません。
もっとも私にとって楽しいことは私にとって良いことではあるのですが、勉強になるからという理由で積極的に本を読んでるわけじゃないですね。
たとえば私はけっこうブログで古い本の感想や書評なんてしてますが、それらが現代どれだけ読まれるかというと、読まれないよなと思ってます。
読書人なんて少数でいいと思ってるのですよ。少数で、しかし根強い読書人がいれば。

  • 2007/11/20
  • 石田麦 ◆ -
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]

halogenさん
> “読書は良いことである”という命題が真なのかという疑問も残りますけどね。
> 決して否定はしないけど、あまり積極的に“良いこと”とも言いたくないかなぁと。
 高校のときから大学に入ってしばらくは、読書は良いものであると信じ込んでいたので、最近になってそう信じている人がそれほどは多くないということにびっくりしています。もう慣れてきましたが。
 おっしゃるとおり、どうやらそれほど「よいこと」では読書はないらしいとは思いますが、読書好きからすると不思議な気分になります。

石田麦さん
> 読書なんてメジャーなカルチャーになんてなりえないと私は考えています。
> 読書人なんて少数でいいと思ってるのですよ。少数で、しかし根強い読書人がいれば。
 少なくとも大学生の間では、本を読むということが勉強や、あるいは情報収集の最も基本的な手段であり、また一応は勉強をする事を重視している立場上、現在の「どう考えてもみんな本を読んでいない」という状況にびっくりします。
 読みたければ読めばよいのであって、読まないのを悪いことだというつもりはないですし、読書の固定ファンは根強いので読書がなくなることはないと思いますが、回りがそれほど読んでいないということが分かったときは実に驚きました。

  • 2007/11/23
  • 中谷@管理人 ◆ -
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ