FC2ブログ

Articles

池内了の科学者の倫理の話し、を久しぶりに読んだ

 昨日、北大の工学部図書室をぶらぶらと冷やかしていたら、新着図書のコーナーに池内了の本があった。「科学者心得帳――科学者の三つの責任とは」みすず書房、である。

 少し前には結構読んでいたが、最近はあんまりこの筆者の本を読んでいなかったので久しぶりに読み返してみた。
 テーマが科学者の倫理、ということで、小さいところでは「不正(捏造とか盗用とか)をしない」、というあたりからはじまって、最後のほうになると、「社会に対して発言しようよ」という話しになる。いってみれば、「科学者にとっての正義とは何か」というような問題を、地味ではあるが考えている本。

 ほんとうに地味な本だ。筆者も「科学者として倫理が重要だといっても、ほとんどの人はまじめに聞いてくれない」という意味のことを言っているが、まさにその通り。
 それでも、一考に値する問題ではないかと思うし、ひょっとすると、これはすごく重要な問題なのかもしれない。その可能性は大いにある。

 良い本を拾った、というそんな気分である。図書室の新着コーナーは定期的にチェックしてみるべきである。

科学者心得帳――科学者の三つの責任とは科学者心得帳――科学者の三つの責任とは
(2007/10/11)
池内 了

商品詳細を見る

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ