Articles

最近見たアニメの簡易感想 6/28編

> 響け!ユーフォニアム 11話「おかえりオーディション」

 考えを改めたが、タキ先生は人間ができていないというよりも音楽の技術力を唯一の判断基準においているある種技術者に近い考え方なのかなと思った。だから演奏が上手い人が偉いしオーディションで選ばれて当然、という考え方で、練習中に出来ない人がいると「明日までにできるようになってください」と平然と言い放つ。私も基本的に技術力の高さが重要だという考えの人で、政治的な要因で判断するということを嫌っている人だから、タキ先生みたいな態度もわからないでもない。
 ただ、本作を見ていてちょっと不思議に思うのは、この吹奏楽部が演奏技術の高さに価値を置いていないということ。吹奏楽部が舞台だが、人間関係のトラブルというか、政治的な関係性のやりとりを描くことに注力していて、「練習して演奏技術を磨く」ということの話がほとんど全く出てこない。
 それなので、タキ先生は「演奏技術の高さ」を重要視しているのに対して、部員たちは「演奏技術だけで評価するな、それは絶対じゃない」という考え方で、その考え方の違いによる対立なのかなと思った。
 ついでに言えば、私は民間企業で仕事をしていて、その前の学校に居た時から思っていたことだが、技術力の高さよりも政治的な駆け引きのほうがリアル世界では重要視されていると思う。学校ではそういうことを教えてくれなかったなーというのがなんか不思議な気がする。学校は技術力の高さをとにかく高めることに集中していて、政治的駆け引きが重要だということは言っていなかった。

> ニセコイ: 9話「オソウジ/オミマウ」

 二期目の中盤以降は要するに「春ちゃんを可愛く描く」ということに全力を投入している作品である。それが正解だと思う。スタッフはよく分かっていると思う。そして実際に春ちゃんが実に可愛いのだからそれだけで大成功なんじゃないかと思う。
「ニセコイ」のすごいところはヒロイン達が人間的に魅力的だと視聴者に感じさせるところだ。「ガールフレンド(仮)」も「女の子かわいい」アニメだったが、女の子の描き方が表面的というか、それは愛玩動物としての可愛さに近いものが有ると思った。「ニセコイ」は愛玩動物としての可愛さではなく、彼女たちが人間として魅力的なので惹かれる、という描き方ができていると思う。それができているというのはすごいことだと思う。

> パンチライン 12話「パンチライン」

 最終回。
 6話以降に関しては「普通に面白い作品」という感想。1-5話までの前振りが長すぎるのでせいぜい2話か長くても3話であれは終わらせておく内容だろうというのがあってそれで大分評価を下げているが、それがなかったとしても、中盤以降の展開は王道かつテンプレで特に目新しい要素があるわけでもなく、「まあごく普通に面白い、よくある感じのアクション作品」という感想なので、正直中盤以降はそこそこ楽しめたがトータルではあまり高い評価をあげる気にはならない。

> プラスティック・メモリーズ 12話「想い出が埋まってく」

 単発で話を見れば別れの前の雰囲気がよく表現されていてなかなか良かったとは思う。とはいえ、作品トータルで見たらギフティアと社会との関係について序盤から中盤にかけてかなり面白そうな問題提起をやっていたのに、結局ツカサとアイラの恋愛ものだけで終わらせそうなところはちょっと残念というかもったいないと思った。悪くはないし十分に楽しめる作品だが、上手くやれば傑作になれたと思うのに良作程度で終わりになりそうでそれが惜しいというのが12話までの感想。13話をとにかく見て全体の評価を決めたい。

> ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編 24話「遥かなる旅路 さらば友よ」

 王道な展開で素直に楽しめた。王道を素直に楽しんでしまったのであまり突っ込みどころはなかった気がする。
 ジョジョは基本的に頭脳戦・知能戦で闘う話が多いのに、最後のDIO戦については「承太郎が強いから」勝ったという理由のパワー勝負だったのが私は残念だと思う。

> 俺物語!! 11話「俺の海」

 最近は同じようなことを繰り返しているようで飽きてきた。

同人誌「ブロガーズユニオン」のPDF電子版メロンブックスDLにて無料配信中。
COMIC ZINでも委託販売しています→「ブログ同盟」の本

夏コミC88に当選しました「ブログ同盟」は「金曜日 東地区 "フ" 02b」です、CASPAR003さんのC87同人誌「Shadeでマテリアル」も再販します。
ぱれっとHOUSE在住」は、「日曜日 東地区“ペ” 32a」
はるこん実行委員会」は、「金曜日 東地区 "サ" 33b」
アニ☆ブロ」は、「金曜日 東地区 “フ” 32b」
踏み切ってじゃんぷ」は、「金曜日 東Z15a 」
パズライズ」は、「日-東ペ08a」

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 西日本にある民間企業でアマチュア・エンジニアとしてアルバイト中。職業は「勉強屋(二級)」。趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 中谷有吾(なかやあるご)の中の人。アニメブロガー西日本組。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。
 アカウントはmixiは「中谷@無重力」、Facebookは[Yutaka Ichimura]、Twitterは[argonworks]です。全部放置ですが。
 写真は2012/5/22に韓国の釜山でホットクを食べる著者。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート