Articles

「第1回 電気通信大学 コンピューター囲碁講習会 実践編1」を見た

 コンピューター囲碁のプログラムの書き方を1回めはルール通りに打つプログラムを作るというか、サンプルプログラムでどういうふうなアルゴリズムでC言語のプログラムが書かれているかを解説していくものであった。
 前にも書いたが、私も最近はプログラムを書くことをしているのだが、独学であり、他の人がどういうふうにプログラムを書いているのかを見る機会がなかったので「プログラムはこういう風に作ればよいのか」ということを事実上初めて知ることができた。予想以上の収穫であった。

 プログラムではC言語が一番の標準だというのはなんとなく感じていたので独学だったり講習会に出かけたりして、当面使う予定はなかったのだが(とはいえ他の言語にも応用可能だと思ったので無駄だとは思っていなかったが)C言語は基礎はひと通り理解しているのでC言語のプログラム解説はちゃんとついていけることができる。それなので個人的に非常に勉強にもなるし面白くも見れている。

 できれば引き続き実践編2回目も視聴したい。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 西日本にある民間企業でアマチュア・エンジニアとしてアルバイト中。職業は「勉強屋(二級)」。趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 中谷有吾(なかやあるご)の中の人。アニメブロガー西日本組。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。
 アカウントはmixiは「中谷@無重力」、Facebookは[Yutaka Ichimura]、Twitterは[argonworks]です。全部放置ですが。
 写真は2012/5/22に韓国の釜山でホットクを食べる著者。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート