FC2ブログ

Articles

今週のサンデーのハヤテにぐっときた・ハンズに出かける

 先週までのヒナギク編も良かったが、個人的に今週の話しが妙に心に響いた。立ち読みしてしばらく考え込む。

 文献をひたすら読む。電線の通電着火燃焼を、液滴燃焼との比較で考えてみようかと思っているが、並行してオーソドックスに固体燃焼との比較をしてもよいだろうと思って、調べてみる。なかなか面白そうである。うまくやればうまくいけるだろうと思う。

 来週からの実験で、緩衝材がないので東急ハンズに買いに出かける。風が強いという天気予報なのでやめようかと思ったが、天気が非常に良くて晴れているし、気温も-2℃だし、いけるだろうと踏んで外を歩く。果たして、札幌的には「春」といってよい暖かい陽気であった。風は強いのでいささか寒かったが。
 駅の南側はロードヒーティングで雪がないので、スパイクをはずして歩いていたら歩道の雪道でそうかいに滑った。それでも転ばなかったのはさすがのバランス感覚である。こういうのは滑らないことよりも滑ったときにどうバランスを自動で取るかが勝負だと思っている。
 雪祭りが終わってからの大通公園が妙に寂しい雰囲気である。

 ファミ通文庫の「文学少女」シリーズの一巻目「“文学少女”と死にたがりの道化」を少し読む。結構読める。そう思えるということはすごく面白い作品だということだ。だが、根本的に小説への興味がなくなってきているので今の私ではちとつらい。というか、「とらドラ!」が夢中で読めない時点でだいぶ感性が落ちている。そう考えると今の私が面白く読めるんだから「漫画」という表現手法がいかに偉大かということである。アニメもだいぶつらくなってきた。


 3/10の講演会の原稿を考える。難しい。

「正直」についてふと思った。私が正直だと自分で思うのは、他人にお世辞を言わないことではなく、お世辞を言うとそれが嘘だと相手にばれてしまうからだと思った。
「お世辞」を言うときは、それがお世辞であることが相手に悟られないように、本心から誉めている振りをしないといけない。その「私は本心から誉めています。これはお世辞ではありません」という演技が出来ないから私は正直者だなと思った。

…天気予報を見て驚いた。明日の札幌は+5℃もある。こんなに暖かくなるのは二ヶ月ぶりだろうか。

人気blogランキングへ
↑自然科学39位

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)
(2006/04/28)
野村 美月

商品詳細を見る

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ