FC2ブログ

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の札幌は寒い・1984年を読んでいる・彼岸過迄を早く読みたい

 天気予報を見ていても今日だけ突発的に寒かった。冬を髣髴とさせる寒さである。気温的にはもちろん今のほうが暖かいが、雨が降っていて風があるので外歩きがつらい。ついでに装備も冬用より軽いのも効いている。

 昨日はなんとも集中できずに頭がふわふわとしていたのでろくに作業ができなかった。今日は比較的ましに頭が回っていると思う。
 実験結果をまとめて報告する原稿が一本と、なんだかんだで研究室のウェブサイトになにかを載せないといけないらしいのでそのための原稿を書いている。
 それなりに面倒くさいが、だが、まあ悪くもないだろう。

 昨日はオーウェルの「1984年」を読んでいた。前に読んだときは途中で止めてしまったが、今回はなんとか読めている。夏目漱石もそうだが、作品が分かる程度には人生経験をつんできたのか、ということを思う。
 人生経験をつまないと分からない作品は結構あると思う。そういうものが分かるようになるというだけで、長生きするだけの価値はあるのではないかと思う。特にぱっとしない生き方、というものにも価値があるんじゃないかと最近は思うようになってきた。
 文学では、どこからどうみてもぱっとしない生き方をしている主人公が数多く登場する。考えてみれば、大多数はぱっとしない生き方をしているからだと思うが、そういう人生のネガティブな部分に味わいを感じられるようになるということが、実に素敵なことだと思えて仕方がない。

 夏目漱石はなんか読み返してみたい作品だ。高校のときに読んだ「こころ」なんて、高校生が分かる小説じゃねえぞと、この前高校のときの知り合いと話していた。今読み返したら新鮮な発見があるかもしれない。
 私は太宰治がどうしても分からないのだが、かなり良さそうなのでこれも読めたら読んでみたいと思う。
 恥ずかしいのであまり他人には言わないでいたが、高校のときは中原中也の詩が妙に好きだった。高校を卒業してからはさっぱりと読んでいないが、あの明らかなダメ人間の詩を今はどう思うのだろう。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 西日本にある民間企業でアマチュア・エンジニアとしてアルバイト中。職業は「勉強屋(二級)」。趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 中谷有吾(なかやあるご)の中の人。アニメブロガー西日本組。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。
 写真は2012/5/22に韓国の釜山でホットクを食べる著者。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。