FC2ブログ

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1984年」の社会風刺?が面白い

 SF小説「1984年」は1948年に発表されたディスユートピア小説である。
「偉大な兄弟」が支配する独裁国家を舞台としている(おそらくは旧ソ連の共産党や、ナチスドイツに支配されたドイツをイメージした世界)、とにかく徹底した恐怖世界が描かれる(作者は考えていなかっただろうが、太平洋戦争中の日本も同じような世界だった)。

「日記を書くこと」が罪である(真実を記録することが犯罪である)
法律が存在しない(秘密警察ににらまれたら法律によらずに誘拐されて処刑される)
過去を改変する(過去の新聞や雑誌を現在に合わせてどんどん修正する、真実を記録したものがない)
あらゆる部屋に監視カメラが取り付けられていて秘密警察に監視されている
言語を簡略化した「新語法(New Speak)」によって「考える」ことができないようにしていく
過去の本をすべて燃やしている(焚書)、もちろん過去を記録した本を所持すれば秘密警察に誘拐され処刑される。


 割と直接的な風刺がなされているので、素直に読めるものではないが、だが、著者の意図するところは分かるし、そもそも「こういうことが起こってもまったく不思議じゃないよな」ということは想像できるので(というか、これに近いことは実際に行われてきた)、読んでいて実に考えさせられる小説である。

 そして、この小説を読んでいると、好き勝手に新聞や雑誌や本が出版できて、インターネットでほとんど規制せずに発信できるということが、無形ではあるが、とても価値のあることなんだとつくづく思わざるをえない。「これは『当たり前』ではない」と。

 太平洋戦争中の日本国における思想弾圧の話はちらちらと聞いている。今の私からすれば「信じがたい」としか思えないめちゃめちゃなことを、どうやら本当にやっていたらしいということが、よく考えると実に驚くべきことである。なにか社会のありようというものについてよく考えないといけないような、そういう気分である。だが、私は考えるだけの知識や技術を持っていない。

 自然科学の勉強だけで、人間は頭がよくなれるのか? ということを最近は思う。

 私は何を勉強するべきか。そして、どういう風に生きていくべきか。ということをつくづく考える。

 今まであまり読まないできたが、SF小説というのは結構ものを考える上で価値がある作品が多いのではないだろうか。そういうことをつくづく思うようになってきた。またブックオフで探してみたい。

1984年 (ハヤカワ文庫 NV 8)

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 西日本にある民間企業でアマチュア・エンジニアとしてアルバイト中。職業は「勉強屋(二級)」。趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 中谷有吾(なかやあるご)の中の人。アニメブロガー西日本組。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。
 写真は2012/5/22に韓国の釜山でホットクを食べる著者。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。