FC2ブログ

Articles

「一つ忠告しておきましょう。このライアーゲーム。やる前から負けたときのことばかり考えているものは、必ず負ける」

↑ライアーゲーム7巻より。
…人生というものをあんじているセリフだとつくづく思った。

「電波的な彼女」の3巻を読み終える。片山憲太郎の持っている世界観が非常に好きだ。何気ない一文に著者の世界観が表れていて、著者の世界の見方が非常に面白いものに思える。「紅」を含めて、ストーリーがよいというよりも著者の世界に対するものの見方が面白いんだと思った。

買った本とウォークマン
↑最近かったり借りたりした本とウォークマン。

 今日は家賃を払いに北部のATMに出かける。ついでに北部図書館に出かける。久しぶりに講談社ブルーバックスを借りた。高校のときはよく読んでいたが、大学に入るくらいになるとむしろ講談社ブルーバックスを通り越してマニアックな本を読むようになったのであんまり読んでいなかったのだ。ちらちらと読みたい。

 昨日、麻生太郎・ローゼン閣下の支持者の方とお話しする機会に恵まれた。どういう話の流れか忘れたが、イチローから入ってサッカーの中村俊輔の本がなかなかに面白いという話になったので、今日は学校の本屋に出かけて中村俊輔「察知力」を買ってきた。
 ぱらぱらと読んでいるが予想以上に面白い。読む前はもうちょっと読むに耐えない内容かと思っていたが、サッカー選手の勝負に対するものの見方が分かって参考になる。少し前に将棋の羽生の「決断力」とかを読んだが、それと比べても、あるいは俺がハマっている漫画のカイジやライアーゲームと比較すると「勝負師のあり方」という点で大いに考えさせられるところの大きい本である。
 ただやっぱりサッカーに詳しくないと具体例がよく分からないのでそこが残念だと思った。サッカーが好きで中村俊輔のファンが読んだらむちゃくちゃ面白いんだろうなーと思いながら読んでいるが、サッカーが少し分かる程度の俺が読んでも結構読み応えのある本である。

人気blogランキングへ
↑自然科学49位

察知力 (幻冬舎新書 な 4-1)察知力 (幻冬舎新書 な 4-1)
(2008/05)
中村 俊輔

商品詳細を見る


パソコンは日本語をどう変えたか (ブルーバックス 1610)パソコンは日本語をどう変えたか (ブルーバックス 1610)
(2008/08/21)
YOMIURI PC 編集部

商品詳細を見る

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ