FC2ブログ

Articles

コラム:なんだか北海道が楽しみになってきた・北大での抱負

 26日にアパートメントをあっさりと契約してきたらなんだかハイテンションになってきた管理人です。あまりにも興奮しているので深夜2時になっても眠れずにこんな文章を書いています。
 今までは北海道に行くリアリティが無かったけれども、アパートメントを契約して「おお、ここに住むのか。明日から家具とか買わないと」とか思っていたら大分楽しみになってきました。そう思っていたらなんだか4月からの北大での生活も楽しみになってきたのでびっくりしています。我ながら、調子が良いというか楽天的というか。
 けど、自分で「おいおい、大学生活がそんなに楽しいことばっかりじゃないということは学習院で分かっているだろう?」と冷静に見ている自分もいて、心の中で対立しています。
 冷静に考えれば、大学生活はそんなに楽しいことばっかりじゃあない。けれども、札幌に来ている今の私は妙にウキウキワクワクしている。なんでだろう?ということを不思議に感じています。

 生まれて初めて一人暮らしをするからだろうか。東京から一人で札幌に出てきて一人暮らしをするということは、私の人生の中でも大きな出来事だと思う。これが私の精神面に影響を与えないはずが無い。
 若者が都会に出てくると成長するというような話をどこかで漠然と聞いた気がするけど、ひょっとすると一人暮らしにはそういう精神的に成長する可能性があるのかもしれない。そんなことをふっと思います。

 さっき東横インのベッドの中でごろごろしながら考えていたけど、「プライベートスペース」のことを考えていました。考えてみると私が「自分の部屋」を持ったのは大学に入るころになってからなのです。高校を卒業するまで弟と部屋を共同で使っていたので自分の部屋が無かった。高校を卒業したあたりで台所の前のスペースに机を置いてそのスペースを「自分の場所」として占有したのが始まり。そのとき妙にうれしかったのを覚えている。自分のスペースを確保した事で初めて「眠れないなら夜中に起きていても良い・その場所がある」ということが出来るようになった。そしてもうちょっとしてパソコンを購入してネットをはじめる。パソコン・ネットを好きなだけ出来る(当時はテレホーダイなので夜中だけだけど)という「ネットの占有」もなんだかすごく開放感だった。大学に入るあたりでようやく自分の部屋を持って独立して寝ることが出来るようになった。半分忘れているけど、これもなんかうれしかった気がする。
 そして今、いよいよ「自分の家」を持つようになったのだ。それも0から部屋をレイアウトしての暮らしである。この状態になんかワクワクしている。家財道具だって自分が好きなものを選んで買ってよいというのだ。いいの? ほんとに? という気分。
 今までも少なくともパソコンとネットが好きなだけ好きな時間に使えるという贅沢は味わっていたけど、これからはテレビ・HDDレコーダーを好きに使えるという贅沢が出来るわけです。今まではリビングにHDDレコーダーがあったので親と共同で気兼ねして使っていた。それが占有できることは喜びだろうかと思う。

 だけど、今までと比べて何かが劇的に変わるというわけではないのだと思う。今までだってパソコン・ネットは好きに使えたし、大学では研究室を好きに使えたのだから。
 学習院では通学時間が電車で1時間半だったのが、北大では徒歩15分になることは大きな変化だ。だが正直、通学が楽になったから勉強が劇的にはかどるとは考えにくい。
 そんなわけで「北大に来ても今までとあんまり変わらないんじゃないのか?」ということは思う。けど、けど、今の私は楽しみだ。なんだか北海道にはすごく楽しいことが待っていて、胸躍るような、ワクワクするような出来事が一杯あるんじゃないかという根拠の無い期待を感じている。もし出来ることならば、楽しいことが一杯の北海道にしたい。そんな気分。ほんとうに楽天的だ。

「今まで生きてきて一番楽しかったときは?」と聞かれたら、私は迷わず「高校のとき!」と答えるだろう。高校のときの物理部・化学部・天文気象部を初めとする部活に熱中したことが最高の幸せで、そして今の私は高校の物理部の延長で学習院の物理に入り、これから北大工学研究科にいく。…今だって「物理部の延長」のつもりでいるんだ私は。
 だけれども、これから頑張って動いていけば、ひょっとすると高校のときに匹敵する「面白い!」生き方が出来るんじゃないのかという、根拠の無い期待を感じている。なんというか、「何が待っているのか?」という受身の考え方より、「私自身がどうするか?」、私の動き方で世界は変えられるのだと、そういう積極的な気分でやっていきたいと思う。世界は変えられるのであり、私のやりようで面白いことは出来るんだ。そう信じたい。

 今まで学習院で物理を勉強してきて、物理学というものがどんなものなのかその全体像が少しだけ分かってきたという気分に最近はなっています。…正直、学習院での大学生活はそんな楽しい!というほど楽しい印象はないのだけど、今から振り返ってみると確実に勉強にはなっていたと思う。自分ではそんなに勉強した気は無いのだけど、振り返ってみると勉強になっていたと思う。
 学習院に入ったときよりも、卒業するときの方が物理が分かるようになっている、世界が分かるようになっている。それは間違いない(と今は自分で思っている)。そのほんの少しだけわかるようになってきたということをステップにして、北大では自分で「よくやった、俺!」と自分で思えるようなすごいことをやってみたい。今はそんな心境です。
 頑張って考えて動いていれば、もっと物理や世界が分かるようになるはずだ。それどころか、今まで人類が誰も分からなかったということを私が明らかにするということだってひょっとすると可能なのだ(それは射程に捕らえている)。…いやがおうにもワクワクです。これからについて悪い可能性だっていくらでも考えられるけど、ポジティブな発想を中心にして考えていきたい。

 やってやれないことはない! ない! ない!(byカレイドスター)のです。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ