FC2ブログ

Articles

スポット参戦でインドにいけるかもしれない話が展開してきた

 名古屋大学で行われた学生会議に参加してきた。学生会議そのものは非常に有意義だったと思う。話も出来たし、なんか、その後の懇親会でもいろいろと有意義に話しこむことが出来た。出来ることならば二日間くらいにわたってもっと長時間かけて話をしたかっただろうかという思いもあるが、悪くはないと思えるような話だった。

 だが、メインの話を全部吹っ飛ばすようなインパクトのある話が展開してきたのでそっちがすごく気になっている。

 名古屋大学でやるときにインドからきた研究員の人が英語で講演をしてくれた。それで懇親会のときに適当に話をしているとなんだか知らんが俺に面白いオファーを出してきた。

「お前、機械工学の話は出来るか?」
「出来ますよー。」
「そうか。じゃあインドで会議をするのだが、お前来ないか?」
「いや、行きたいですけど、俺は金がないっすからねー」
「俺が招待するよ、こい」
「え?…マジっすか」
「うん、本当よ」

 という感じで、そのインドの研究員はオードブルのリンゴをシャクシャクとかじりながら、ごくごくとなんでもないようなあっさりとした口調で俺をインドに招待してくれるという話をしてくれた。

「ま、メールを出すから、返事くれよ」
「分かりました」

 という話をしていた。話を整理すると、インドで国際会議をするらしい。それで、なんだか知らないが俺を招待してくれるというのだ。航空券とかも多分向こうさんが出してくれるらしい。俺が行くって言えばどうやら行けそうな雰囲気なのだ。
 あまりにも面白すぎる話なので「インドで国際会議? 俺がインドにいけるのか?」と思っていたら興奮してしまってその日はホテルで一睡も出来なかった。なので日曜日に名古屋の電気街の大須をちょっと散歩していたのだが、最後はへたばってへろへろになる有様だった。

 それで「この話は本当なのか? それともガセネタだろうか?」と思っていたら本日に本当に案内のメールが届いたので、こりゃ多分本当に本当の話だ。
 というわけで、俺はふって沸いてきた「インドの国際会議に参加する」という話を急ピッチで進めないといけない。

 F1好きからすると、日本GPの金曜フリー走行に単発で走らせてもらえる、みたいな感覚だろうか。なんだか知らないが大きな国際会議にスポット参戦できるような話になってきた。なので相当にびっくりしているが、非常に価値のあるチャンスだとも思っているので、このイベントを大切にして話を進めていきたいと思っている。


 今日は疲れがたまっていて昏々と寝込んでしまったが、なんとかおきて学校で年末に東京に戻るための航空券を買って来る。そして自動車学校に出かける。自動車学校では仮免許試験前のまとめとして総合的な練習に入った。これも大分難しいが本日は何とか悪くはない走りをすることが出来たと思う。
 IBMのプログラミングコンテストは主催者側のメールで締め切りが一週間延長になった。なのでちょっと余裕が出来てきたと思う。とりあえず明後日の研究室発表会の原稿を作ったほうが良いだろうか、という話になってきたものである。
 明日は明日でまた自動車学校での練習が二時間連続である。なのでまだまだ忙しいのである。たまっているアニメも見ないといけない。というか、その前にF1中国GPをいまだに見ていないという有様だ。

人気blogランキングへ
↑自然科学48位

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ