FC2ブログ

Articles

森見登美彦が山本周五郎賞を獲得&私は締め切りをぶっちぎる

(元)京都大学のへたれ作家、森見登美彦が新潮社の山本周五郎賞(文芸春秋の直木賞の新潮社版)をとったと昨日か一昨日の朝日新聞に載っていた。個人的に注目の、非常に面白い作家だけに私もお祝いしたい(受賞作の「夜は短し歩けよ乙女」は文句なしの傑作である)。
 個人的に面白くて仕方のない小説を書いているが、あんまり評価されないだろうと思っていたら、本屋大賞で第二位を獲得して「なかなかやるなー」と思っていたら今回の山本周五郎賞である。なんか、すげーなと思った。この作家がメジャーになるとは正直思わなかったのでびっくりである。ついでに、マイナーであって欲しかったとマイナーなときからのファンとしてはいささか残念である。

 さて、森見氏のひとつしたの私はといえば、学校に出す原稿の締め切りを爽快にぶっちぎってにっちもさっちも行かない状態で悪戦苦闘しています。
 原稿のチェックが返って来たが、直せば直すほどに段々とわけが分からなくなってきたので段々混乱してきて困る。困るのはあまり困らないが、締め切りをとうの昔にすぎているので、どうしたものかとそれがいささか問題である。
 それにしても、正直この原稿はもうちょっとは早く片付くだろうと思っていたので、想像以上に苦戦を強いられていている。…本当ならば今週は実験をする予定だったのだ。それが全部吹っ飛んでしまった。現時点で予定が押せ押せで入っているので、この調子だと実験をする時間が取れなくなるんじゃないかとそれがいささか不安である。

 なんとか頑張れば学校の課題はクリアできる自信はあるものの、この調子だと本と新聞がろくに読めないと思えてそれが心配だ。こんな風に読書をしない生活をしていると俺はバカになるんじゃないかと思うので、なんとか学校をサボタージュしてでも読書はやらなければならないと思う。
 評論家の立花隆が「本が読めないから」といって文芸春秋をやめた話を前に読んだがその心境が少し分かるようになった。ちょっと仕事が立て込むと本当に読書が出来ない。
 この前借りてきた大杉栄の「自叙伝」もあまりページが進んでいない。返却期限が明日である。また図書館に出かけて借り直してきたい。
 図書館といえばリクエストした図書の返信がまるで来ないので使えない。…やっぱり紀伊国屋に直接出かけて読むしかないだろうか知らん。

人気blogランキングへ
↑科学技術25位弱

夜は短し歩けよ乙女 夜は短し歩けよ乙女
森見 登美彦 (2006/11/29)
角川書店

この商品の詳細を見る

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ