FC2ブログ

Articles

普通に生きているということは幸せなこと

> 明日もまた生きていこう 十八歳でがん宣告を受けた私

 読んだ。バレーボールの日本代表になるくらいの選手だったのに18歳でガンになり、そして21歳で亡くなるまでに「本を出したい」と考えて自伝的な著書を書いたのが本書。どう頑張っても、何の理由もなく生きることが出来ないという状態に対して「普通に生きているというのはすごく価値がある」と繰り返し述べてあった。
 贅沢とは何かということを読んでいて考えた。普通に生活が出来ているということがそれだけですごくハッピーな状態であると、本書を読んでいるとわかる。

 私も2006年の3月に十二指腸潰瘍で腹膜炎を起こして二週間入院したことがあり、手術や入院の苦労が少しは分かるつもりだ。それでも抗がん剤による治療の苦しさは読んでいて想像をするだけでもつらいものがあり、20歳でこの闘病をやったのかということに、なにか考えさせられるものがある。

 普通に生きていられるとしたならば、その普通を大切にしなければならないと読んでいて強く感じた。
 若者向けの読書案内のリーフレットで紹介されていたので読んだが、もっと多くの人に読まれても良い一冊ではないかと感じた。


明日もまた生きていこう 十八歳でがん宣告を受けた私明日もまた生きていこう 十八歳でがん宣告を受けた私
(2008/05/22)
横山 友美佳

商品詳細を見る

人気blogランキングへ
↑自然科学53位

トラックバック一覧

コメント一覧

僕女子バレー詳しいんでその本知ってます。読んではいないんですが。

横山選手は素晴らしい選手でした。

本当に残念です。

木村沙織選手との友情にも感動しました。

  • 2009/02/27
  • ちかぽん ◆ -
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
私は女子バレーは詳しくはなかったのですが本の紹介を見て気になったので読んでみました。非常に読み応えのある本でしたし、ひたむきに生きることの価値ということについて考えさせられる一冊でした。

  • 2009/03/08
  • 中谷@無重力 ◆ -
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ