FC2ブログ

Articles

サンテグジュペリ・夏目漱石・八十日間世界一周

 フランスの作家、サン・テグジュペリと日本の作家夏目漱石についての紹介本を図書館で借りてきて読んだ。前に弘法大師・空海の紹介本を読んだら割と面白かったのでそのシリーズの本を借りてきて読んだのである。

サン=テグジュペリ―大切なことを忘れない「少年力」 (齋藤孝の天才伝)サン=テグジュペリ―大切なことを忘れない「少年力」 (齋藤孝の天才伝)
(2006/02)
斎藤 孝

商品詳細を見る

 「星の王子様」で有名なフランスの作家サン・テグジュペリについては断片的にはチョコチョコと話を聞いていたのだが、生い立ちについてそれほど詳しかったわけではないので今回まとめて読んでみて非常に勉強になった。発明直後の飛行機に乗った飛行士として仕事をする傍らその経験を基にして数々の作品を発表するという姿勢はすごいものがあると思う。「星の王子様」は俺も読んだが結構面白かったという印象がある。学習院にいたときに「夜間飛行」「人間の大地」も読んでは見たがそのときはあまり分からなかったという気分だ。偉大な作家には違いがないのでなんとか時間を作って読み直してみたいと思った。

夏目漱石―人生を愉快に生きるための「悩み力」 (齋藤孝の天才伝)夏目漱石―人生を愉快に生きるための「悩み力」 (齋藤孝の天才伝)
(2006/07)
斎藤 孝

商品詳細を見る

 夏目漱石については説明不要という気もするが、それでもライフヒストリーをおってみると結構タイトな人生を歩んでいて、友人正岡子規との死別とか、あるいは東大教師を辞めて朝日新聞に行くくだりとか、今考えてみると結構派手に生きた人だと思う。そして、発表されている作品群が100年前のものにもかかわらず現在でも変わらずに通用するという点は非常にすごいことだなと改めて考えると思った。

 図書館にこの前でかけたら、ジュール・ベルヌの「八十日間世界一周」が文庫でぽんとおいてあって、俺はこの作品をちゃんと読んだことがなかったからちょっと読んでみたいなーという風に思った。ジュール・ベルヌのSF小説は何作か読んでいるがことごとく面白いので代表作はチェックしておきたいという風に思っている。面白い娯楽小説を読んでいると、「読書は面白ければそれでいいじゃないか!」といいたくなる。そう思わせるだけの面白さがある作品をどんどん読みたいと思う。

人気blogランキングへ
↑自然科学38位

八十日間世界一周 (角川文庫)八十日間世界一周 (角川文庫)
(2004/10)
ジュール ヴェルヌ

商品詳細を見る

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ