FC2ブログ

Articles

アマゾンがキンドルをリリース・iPad miniも出た

121024v1.jpg
 今日の未明にiPad miniをアップルが発表して、すげーなーと思っていたら、夜になってみたらアマゾンがいよいよキンドルをリリースした↑。正直ぶったまげた。「いよいよかー」と思ってかなり興奮した。
 というか、キンドルのペーパーホワイトが8500円くらいな値段なのがすごいと思った。
 楽天kobo 7980円とか、SONYのリーダーが9980円とか、キンドルがこの値段だと売れなくなるんじゃないのかと思った。
 俺の手元には楽天koboがあるわけだが、早くも数ヶ月にして時代遅れになった感じすらするものである。
 タブレット端末のキンドルファイアも手頃な値段でグーグルのネクサスより安いし、ほんとプレイヤーが揃ってきた感じがする。

 いよいよ日本でも本格的に電子書籍の時代が来るのかなーと思うとなかなか興味深い。なんか楽しみである。いいことなのか悪いことなのかはしらないけれども個人的には楽しみな感じが先に来るものである。

広告・同人誌「ブロガーズユニオン」の電子版メロンブックスDLにて無料配信中。

グーグルのタブレット端末「ネクサス7」が日本発売

> グーグル、「ネクサス7」日本発売 格安タブレット
http://www.asahi.com/business/update/0925/TKY201209250188.html
↑なんかニュースを見ていたらグーグルがアメリカで売っていた7インチタブレット端末を日本投入してきた。
 楽天のコボ、SONYのリーダー新機種、そしてアマゾンがキンドルを近日発売でアップルがiPad miniを10月に発表するんじゃないかというタイミングで、グーグルもネクサス7を日本発売で、ここ最近になって一気にプレイヤーが揃ってきたなーという感想である。
 正直タブレット端末については興味はあるのだが何に使ったらいいか使い道の明確なイメージが浮かばないので買えないのであるが、おそらく発売から一年も経てば中古屋に安く並ぶと思うのでそうしたらなにか面白い使い道があるというのであれば買っちまうかもしれないなということは思う。
 まあ、デジタリアンとしてはいろいろなガジェットがどんどん出てくるのは退屈しないものであると思う。

広告・同人誌「ブロガーズユニオン11」の電子版メロンブックスDLにて無料配信中。

フェイスブックの広告がストレートすぎて「こういうものか」と思った

 Facebookのサイドバーに広告が出るのだが、見てみると以下の様な広告が載っている。

・おみあい
・無印良品カード
・スロットゲーム
・年収800万-2000万円の求人増加中
・婚活しよう
・フォルクスワーゲン・ジャパン
・働く30代、急募!!(転職)

↑そういえば登録するときに年齢と性別を打ったからそれに応じて広告が出ているのかと思うが、これが30代男性向けの広告であり、「ありがちな欲望」なのかというのが実に興味深いものである。

 今のところ、俺は全部に興味が無い。それがなにか不思議な気分になった。

アップルがiPhone5および新iPodを発表

 インターネット上で流れていた噂通りのiPhoneだったのでむしろリークの精度が高いことにびっくりした。サプライズと言ったらiPodの新シリーズのほうが事前情報がなかった分ニュースを見ていてかるく驚いた。特にiPod nanoとか。
 今の俺はたけさんから譲ってもらったiPod touch3Gを使用しているわけだが、新しいiPod touchには興味が持てるものである(といってもアプリケーションソフトが3Gで走るうちは3Gで不便はないのだが)。

 といっても、真に革新的なのは「iPhoneを初めて出した時」であり、それに比べたら今回の「5」は要するに「画面が大きくなって薄くなって軽くなってコンピュータの性能が上がっただけ」なのであるからマイナーバージョンアップに過ぎないとも言える。
 やっぱり噂が出ている「iPad mini」にしても、「iPadを初めて発表した時」に比べたらやっぱりマイナーバージョンアップにすぎないと思う。だから、ジョブスがなくなってから「革新的なもの」をアップルはまだ出していないんじゃないかということも俺は思うので、これまでにはなかったような製品を出してくるジョブスがいた時のアップルのような製品の提案をこれからのアップルができるのかどうかということが気になるものである。

デオデオがエディオンになったらしい

 なんか数日前にダイレクトメールが来て「デオデオがエディオンになります」ということだった。今度の土曜日に行くと記念品の時計をくれるらしいので行ってみようかと思っているところ。
 広駅前から看板が見えるのだが確かに「EDION」になっていたのでびっくりした。もうデオデオではないのかと思うと感慨深いものである。

 本日にAPPLEが新製品発表会をして、予想ではiPhone5が出てくるんじゃないかとかって話になってきている。俺はその内にiPod touchを買うかもしれないので注目はしている。それよりはiPad miniのほうが気にはなるものであるが。

米Amazonが新しいキンドルを発表

120908amazon.jpg
↑金曜日のニュースであるが、米のAmazonが新しいキンドルを発表した。
 日本では相変わらず「近日発売」のまま進展がないが、アメリカではどんどんニューモデルが投入されて面白そうである。
 もっとも日本でもSONYがリーダーの新モデルを投入するという話も出してきているからぼちぼち動き出しているのかなということも思うけど。
 個人的にすぐ買う予定はないけれども気になるジャンルのニュースなので話題だけはウォッチしている。

「鉄道の日記念きっぷ」がリニューアルするそうな・俺にとってはどうなんだろう

> 「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」今年から「秋の乗り放題パス」に!
http://news.mynavi.jp/news/2012/08/24/015/

↑毎年体育の日の付近の10月上旬に「青春18きっぷ」の秋版ともいうべき「鉄道の日記念きっぷ」が発売されてきたが、今年はリニューアルするそうな。
 代金が安くなるのは歓迎であるが、これまでは一回単位で使えていたのが「3日連続」になってしまうのは俺にとってはあまり喜ばしくない制度改変である。
 これだと有給休暇を取って4連休にして東京に戻る、という使い方ができないのである。東京に行かなくても九州に行くのでも四日間での使い方ができないというのが結構辛いじゃないかと思うのだが。
 いいのか悪いのかよくわからない改変であるなと思った。JR西日本はとりあえず一日単位の切符を発売してくれるようなのでそれで大阪に行くのが良いのかなと思ってみたり。

広告・同人誌「ブロガーズユニオン11」の電子版メロンブックスDLにて無料配信中。

そごう呉店が来年閉店するそうな

 一昨日にインターネットのニュースで見てびっくりしたし、今日の中国新聞の一面にも載っていたが、セブン&アイが「そごう呉店」を来年閉店させるそうな。

 たしかに俺もここ最近は「ゆめタウン」にばかりでかけて「そごう」で買い物することが殆ど無かったので、客が減っていたのだなということは思うが、行かなかったとはいえ、呉駅前の「そごう」は呉駅のシンボルみたいなものだったのでそれがなくなってしまうということは、実用上はレクレとゆめタウンで困らないとはいえ寂しいという思いは感じるものである。

 最近はあまり行かなくなったものの、少し前は「そごう」の7Fのレストラン街にあるうどん屋でカツ丼・そばセットを食べるのを楽しみにしていたこともあった。閉店するまでにもう一度位は食べに行ってみようかしらんと思った。

アップルが第3世代iPadを発表のニュースを見て

 結局マイナーヴァージョンアップにしか見えないと感じた。ニュースを見るかぎり最大の売りが「画面の解像度が上がった」ということだが、たしかにこういうマイナーチェンジの繰り返しが続くとそのうち別物になるというのもわかるが、それにしても「これまでと革新的に違う」という変化では今回はないと感じた。それよりもsiriというのか。よく知らないのだが、音声でiPhoneを操作するソフトウェアのほうが、ツイッターを眺めていても注目されているようだった。

 結局、俺はたけさんから貸してもらったiPod touch(第3世代)をありがたく使っていて、それで主として英語のニュースのポッドキャストを視聴するのに役立てていて面白いとは思うが、それでも現状で4万円あったらアイパッド買わないで中古屋でパソコンを買っちゃうかなーと思う。あるいはiPod touchの新型(第四世代)とか。なんでかしらないけど俺はiPadにはそれほど惹かれないのである。それが自分でも不思議だ。電子書籍でアイブックスが機能したらまた話は別なのかな。そういえば結局4月からアマゾンが電子書籍をするってのもまた日経新聞のフライング記事っぽかったし。よくわからん。

3月の連休用に時刻表を買う/レールガンが面白い/放送大学に振込み

P1010002時刻表レールガン
↑3月の連休に新潟経由で東京に行くので電車移動の必須アイテムである携帯版時刻表を買ってきた。前回がJTB版のやつを買ったので今回は交通新聞社の時刻表を買ってきた。始発で出て終電で間に合うというタイトなスケジュールだが頑張って長岡駅まで行ってみたいと思っている。
 Amazonでポイント還元があったのでレールガンコミックスの最新刊を買って読んだ。・・・やっぱりレールガンが超面白い。ストーリーが面白いので小説版も面白いのだろうが最近は小説を読んでいる余裕が取れないので漫画版で読めるだけでもありがたいと思っている。

 今日は帰りに郵便局に立ち寄って前に契約していたプロバイダへモデムを返送して、それからコンビニで放送大学に入学金と学費を振りこんできた。放送大学に振込をするといよいよだなーという気分になってくる。4月前には学生証とテキストが届くのだろうか。なんにせよ楽しみなことである。

 ここ最近は冬に戻ったかのように寒い。それなので外に出るときに難儀している。

 日立製作所が子会社のハードディスクを作る部門をアメリカのウェスタンデジタルに売却するそうな。この日立のHDDの会社は俺が仕事探しの序盤に受けていて最初に最終面接まで行ったところである。あの最終面接で日立グローバルストレージテクノロジーズに合格して入社していたら俺は今どういうふうだったのだろうと、遠く広島からニュースを見て思っているところである。
 俺は適当に会社を受けて、そして偶然今の民間企業と契約することになった。これは本当にただの偶然だと思う。それが良いことなのか悪いことなのか、そしてこれからどうなるのかは「神のみぞ知る」としか言いようがない。今回ニュースを見ていてそんなことを思った。


↑連載している漫画が割と面白い。今月号から九州新幹線が全線開通して路線図で九州新幹線が鹿児島中央まで繋がっているのが個人的に感慨深かった。


↑レールガンもインデックスも漫画版はうまくコミカライズされていると思う。だから漫画版については読んでいて不満がない。十分楽しめる内容である。

明日はSONYリーダーとシャープのガラパゴスの発売日・個人的にボーナスも出るよ

となりの柏木さん2ハヤテP1010005
↑この前買った「となりの柏木さん」2巻と「ハヤテのごとく!」26巻。どちらも非常に面白くて読み応えがあった。

 一昨日ヤフーオークションで落札した本について出品者からメッセージが届く。ちょっと読む限り丁寧で親切そうな人である。インターネットは見知らぬ人が信用できないという意味の言説を時々見かけるが、メールやブログでまとまった量のオピニオンを読めばその人がどういう人か結構分かる、分からないまでもまともかやばいかの判別くらいはできるはずだというのが俺の意見である。
 この調子だったらトラブルなく取引ができそうでよかったと思っているところ。

 この前図書館で借りて読んだ「フリー」が面白かったので、「ロングテール」もよもうと思って、こちらは図書館に蔵書がなかったのでAmazonのマーケットプレイスで古本を買う。2006年に出たハードカバー版だというのに700円くらいして送料込みで950円くらいになった。まあそれでも1000円以下で入手できるならばまあ良かったんじゃないかと思っているところ。

 読書に関しては個人的に仕事を始めてお金ができるようになったことと、地理的条件として札幌にいるときよりも図書館が利用しやすくなった(呉は駅から徒歩圏内に中央図書館がある)、Amazonマーケットプレイスが手数料を引き下げた、とか、数々の要因が重なってかつてなく本が入手しやすい環境になっているのだが、仕事をおっぱじめた影響で本を読む時間がなかなか取れないのが苦しいところだ。

 明日12/10は前にも書いたとおりボーナスの支給が楽しみだが、それだけではなくて本好きとしてはSONYリーダーとシャープのガラパゴス発売も要チェックである。読書端末については情報が出回っているが、コンテンツを売るストアについての情報が明日にならないと分からないためそれが気になる。
 ハードの性能は問題ないだろうし、値段は普及すれば下がっていくだろうが、問題はコンテンツの供給体制である。
 というか、Amazonで古本を買いまくっている俺としては電子書籍が普及して「古本」がなくなってしまうと古本で本を安く入手するというルートがなくなるのでそれはデメリットだろうかとか、そんなことを思った。

呉-広島空港バス廃止のNEWSにチョットびっくりする

 夕食の時にNEWSを見ていたら呉市営バスが赤字で3路線を廃止へ、みたいな中で呉駅-広島空港バスも廃止とあったので個人的にびっくりした。・・・言われてみたらたしかに乗ったときにこの路線はがらがらだったから確かに採算が取れているとは思えなかったが、まさか 呉駅から空港に行くバスが廃止になるとは、というのは本当にびっくりだ。
 一応、広島第三の都市のキーステーションから空港に行くバスがないとは。ただでさえアクセスの悪い広島空港へのアクセスが直行バスの廃止でますます遠くなるものである。
・・・結局広島駅まで出てバスに乗るパターンになるのか。というか、そこまでしてわざわざ空港使う意味があるんかなとか、個人的に使っている?路線が廃止になるのは初めてだったので感慨深いものがあった。


 今日の夜に夜行バスで東京に戻る。ウィラー・トラベル万歳である。広島から東京まで片道6500円である。本当ならば今回こそ飛行機で移動するはずだったのだが、予定が直前まで決まらなかったので早割りがきかせられなくて結局行きが夜行バス、帰りがサンライズ瀬戸+岡山から新幹線というパッケージになった。
 日曜日はインディジャパンのレース観戦である。インディジャパンをライブで見るのは初めてなので感慨深いものである。全くもって。

日本大学通信制文理学部・最近買った漫画とか・女子フィギュア

日大通信教育
 この前の土日に札幌駅前のアスティ45ビルで通信制大学の合同入学説明会が開催されていたので出かけて資料をもらってきた。
・・・可能ならば日本大学通信制文理学部で「哲学」の勉強をやりたいと思う。あるいは「歴史学」。俺が働こうとしている広島の会社は製造業なので、会社の案内を見ている限りやれないことはないと思うのだが、実際に可能かどうかは入ってから調べてみないと分からない。ただ、制度的に可能ならばこれはぜひやりたい。今の俺の一番の目標である。これまでは物理学・機械工学と自然科学の勉強を中心にやってきたので(というかほぼ自然科学しかやってこなかったともいえる)今度からは人文科学・社会科学についての勉強をやりたいと思う。


 以下、最近買った漫画とか。
空色スクエア02
 とらのあなで「きららフォワード」連載の「空色スクエア」2巻を購入する。特典で小冊子がついてきた。

まんだらけ01
 まんだらけで適当に漫画を買ってきた。なのだが、パラパラと見ている限りにおいてあんまり面白そうじゃないのでろくに読まないで積んでいる。

銀盤カレイドスコープ〈vol.9〉シンデレラ・プログラム:Say it ain’t so (集英社スーパーダッシュ文庫)銀盤カレイドスコープ〈vol.9〉シンデレラ・プログラム:Say it ain’t so (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2006/11)
海原 零

商品詳細を見る

↑フィギュアスケートを舞台にした小説、「銀盤カレイドスコープ」。
 最後の8.9巻がオリンピック・世界選手権で主人公のタズサがリア・ガーネットと闘うシーンが描かれているが、今回のバンクーバー五輪の女子フィギュアがこの小説にかぶって仕方がなかった。

人気blogランキングへ

囲碁も将棋も麻雀も「スポーツ」でいいじゃねえか

 学校の図書室で新聞を読んでいた。

> 囲碁棋士日本代表、スポーツの大舞台へ アジア大会派遣
http://www.asahi.com/culture/update/0216/TKY201002160563.html

↑このニュースを読んで「おっ」と思った。アジア大会は相当大きなスポーツの大会なのだが(多分)、ちょっと前から種目に「チェス」を入れて、「チェスのどこがスポーツだ!」と突っ込まれていたが、次の中国大会ではチェスに加えて囲碁と中国将棋を正式種目にするそうな。

・・・俺はこれは結構いいと思うのだが。記事中の「国際的には「頭脳スポーツ」という言葉も定着しつつある」という文章どおり、囲碁も将棋もあれのゲーム性を考えたら「スポーツ」といってもいいのではないかと思う。
 冬季オリンピックのカーリングとかも結構「スポーツ」というには微妙な競技だし、ワールドゲームスのボーリングとビリヤードも「スポーツ」というにはちょっと微妙なスポーツである。だったらボードゲーム系全般を「頭脳スポーツ」だと言い切ってそれらの価値を認める方向に行ったほうが俺はいいと思う(というか、韓国だとテレビゲームも競技として認知されていて賞金稼ぎのプロがいると聴いている)。

 俺は最近になってやっと麻雀のルールを覚えてネットでたまに打つようになってきたのだが、日本では「賭博」の対象だと思われていて社会的地位の低い麻雀だってあれは立派な「頭脳スポーツ」ではないかと。
 いや、個人的には麻雀以上に将棋のほうが面白そうだと思ってはいるのだが、知り合いとパーティーゲーとしてやるには将棋はつらいので(将棋はあまりにガチの頭脳戦で疲れるし、運の要素が少なくちょっとの実力の差が勝ち負けに直結するのがつらい)最近は麻雀にシフトしてる。もっといったらゲームのルールを見た限りだとバックギャモンが相当面白そうなゲームだと俺は思っているのだが。

 どうせならばオリンピックの正式種目にチェスを格上げすればいいんだ。そして囲碁・将棋・麻雀も「頭脳スポーツ」だといって「これはただの遊びではない」と認知させて社会的地位をもっと上げてもいいんじゃないかと思う。そんなことを思うのだが、どうだろうかしらん。

人気blogランキングへ

同人誌・同人作家の可能性をキンドル自費出版のニュースを見て強く感じた

> 「キンドル」作家、募集中 米アマゾンが自費出版支援
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100117ATGM1601F17012010.html

↑このニュースを見ていて、「自費出版」がとんでもなくやりやすくなる可能性があるとの期待を強く持った。

 俺が「出版」の真似事がやりたくてコミックマーケットに同人誌を持ち込んで本の配布をしたりしているが(この前のコミケで結局トータルで同人誌を73部発行したのかな、早くPDF版も準備しないと)、コミケのサークル参加で本作りをやっていて思うことは「出版」というのが「流通」の問題が一番大きいんじゃないかということだ。

 印刷所に頼めば「物理的な本」は格安で作ることができる。俺の場合はコミケの同人誌をA5サイズ40ページで100部作るのに印刷所に依頼して18000円くらいだった。それにコミックマーケットへの場所代を8000円払って、合計でも3万円以下の料金で「本作り」をやっている。・・・実際問題アマチュアで自分の本を作ろうと思ったならば費用負担はこのくらいが限界だろう。
 これまでの「自費出版」のように、詳しくは知らないのだがちょっと聞いたところで数十万円から百万円を超えるような費用を負担して「自費出版」をすることはちょっと現実的ではない。
 だが、キンドルのような電子本での「出版」形式ならば現在のコミケのサークル参加のような感覚で、リーズナブルでの料金での「出版」が可能になるのではないか? という期待を俺は電子本に感じている。

 実際問題として、現在の本好き・読書家だったら「アマゾン・コム」を知らないとか使えないということはないだろう(年配の、インターネットをそもそも使えない人はいるかもしれないがこれからの若い世代はインターネットが使えないということはないはず)。
 そして将来にキンドルが電子本のスタンダードになるかはともかくとして、どうやら最近のキンドルの快進撃を見ていると電子本が本格普及する事柄はもう間違いないと思う。そうなったとしたら、あとはもう「流通」についてはデジタルデータをウェブサイトに登録するだけの問題であり、それが今の自費出版みたいな「全国の本屋に並べるための手数料を数十万円」なんてコストはありえない。せいぜい高くても数万円の手数料を払うことでアマゾンなりどこかのサイトに登録してもらってそれをDL販売する形式をとることは十分可能だ。

 俺だって、現在のところコミケのために同人誌を作ってそれのデータをPDF形式にしてインターネット上に置いているが、数万円の手数料でアマゾンのサイトで販売出来るならば相当に魅力的だ。それだったらもっと多くの読者に届くと思うし、面白い同人誌を作れば本格的に収益を上げる「販売」だってできるかもしれない。

 コミックマーケットを中心とした同人誌即売会が活発になり、アマチュアで漫画を描いている人の活動が盛んになって発行部数が数千部のサークルがあったり、「とらのあな」のような同人誌専門店が出来たりで、即売会の大手サークルの書き手は「事実上の出版をしている」セミプロだと思う。電子本の普及によって、漫画以外の書き手にもアマチュアのままでセミプロになる可能性を提供できるようになるのではないか。

 俺はパソコンを中心としたITが好きで、そして本・読書も好きだ。だから今までアマゾンのキンドルを中心とした電子本のニュースを興味深くチェックしていたのだが、それでも結局のところ「普及するとなんのメリットがあるのか?」という点についてはいまいちよく分からないままだった。まあ、それは今でも良く分からないが、考えていて「読み手には大きな変化はないかもしれないが、アマチュアの自費出版はもっとやりやすくなるはずだ」という可能性を思って、もしそうだとしたらすごく面白いことじゃないかと、結構期待するようになった。

 どうだろうかしらん。もし電子本の世界が本格到来して安い料金で「電子出版」ができるようになったら、俺もコミケで作っている同人誌のノウハウを流用して同人誌の電子出版をやってみたいものである。

人気blogランキングへ
自然科学49位

昨日の紀伊国屋のトークセッションの時にもらったサイン

日本の品格
 紀伊国屋書店札幌本店でのトークセッションとそのときに買った本。

サイン
 鈴木邦男にもらったサイン。いい記念になったと思う。

人気blogランキングへ
自然科学45位

紀伊国屋書店札幌本店で行われていた一水会顧問・鈴木邦男のトークセッションを聴いてきた

> 『日本の品格』刊行記念
> 日本のあるべき姿を語る
> 鈴木邦男×中島岳志トークセッション
http://www.kinokuniya.co.jp/01f/event/event.htm#sapporo_01

 そんなわけで、一水会顧問・鈴木邦男と週刊金曜日編集委員のトークセッションを聴いてきた。当然といえば当然だが右翼の話が中心でついていくのが相当大変だったが聴き応えがある話しだった。鈴木邦男を生で見たのは初めてだったのだが、たしかにこの人だったら「これが右翼?」と思うよなと思うような人だった。ラジオで聞いたときよりも声が良く通る印象を受けた。
 トークセッションの後にサイン会があったので本を一冊買って鈴木邦男のサインをもらうことが出来た。個人的にはだいぶ良かった。

日本の品格 (柏艪舎ネプチューンノンフィクションシリーズ)日本の品格 (柏艪舎ネプチューンノンフィクションシリーズ)
(2009/12)
鈴木 邦男

商品詳細を見る



今日はコミケ同人誌編集作業をちまちまとする
 コミックマーケットに出すための同人誌の原稿を集めてちまちまと編集作業をおっぱじめる。というか、せっかくだからなにかのコラムをもうちょっと書き足したくなってきたものでそれが困るものであろう。

人気blogランキングへ

kindleの話が日経社説で・アイカフェに行く・メモリをうっぱらう

 今日の日経新聞の社説を読んでいたらアマゾンの電子書籍端末kindleとそれに付随する書籍の電子配信サービスについての提言であった。私が注目している分野だけに「おっ」と思って読んでいた。
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20091119AS1K1900919112009.html

 あとは昨日大学生の10月時点での内定率が公表されたそうでそのニュースが各紙で大きく報道されていた。…まがりなりにも仕事が決まった俺はまだラッキーだったのだろうかと新聞を読みながらちまちまと思う。
 朝日新聞の社説が大学生の就職率の低下について書いていた。
http://www.asahi.com/paper/editorial20091120.html?ref=any#Edit2

 小惑星探査機「はやぶさ」がエンジンの故障を復旧させて地球への帰還のめどが立ったというニュースも読んだ。「はやぶさ」については9月下旬に相模原JAXAに行ったときに実物大模型が展示してあったので、その写真をいまさらながらに載せます。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0911/20/news064.html

はやぶさ模型
↑相模原JAXAの展示室に飾ってある小惑星探査機「はやぶさ」の実物大模型。10月上旬の「大気球シンポジウム」に行ったときに写真を撮ってきた。


 今日は朝5時半に起きたので6時間ナイトパックで漫画喫茶に行こうと思い立って札幌駅前のアイカフェに出かける。100円割引を使って6時間1100円で入ることが出来た。

BAKUMAN 5巻
さよなら絶望先生 新刊
とある魔術の禁書目録 コミック版 2-4巻
とある科学の超電磁砲 コミック版 4巻
月下の棋士 14-18巻
アカギ 最新巻
週刊少年サンデー二週分
ニュータイプ
週刊アスキー

↑あたりをちまちま読んできた。やはり近くに充実した漫画喫茶があると便利である。

 あとは少し前にパソコンのメモリを増設したので、それまで使っていた古いメモリが売れないかと思って「じゃんぱら札幌店」に持ち込んでみた。するとEeePC1000HEにささっていた1GBのメモリが800円、デスクトップPCにさしていた256MBのメモリが50円*4で200円、合計1000円になった。どうせ机の中で死蔵して埃をかぶせておくだけのものだったので、それが1000円に化けるというのはなかなか持って面白いことだと思った。

人気blogランキングへ
自然科学41位

JAXA韓国の報告書を書く・ネット飲み会の記事・大通アニメイトに行く

 JAXAのスポンサードででかけた韓国・テジョンのIAC・国際宇宙会議の参加報告書を金曜日までに出さないといけない。それなのでその原稿を二日ででっち上げようとちまちまと作文をしている。ちょっと考えて草稿を一気に書き上げる。「宇宙教育」の部分ではむしろ書きすぎて削るのが大変だったほどに書いてしまった。

 工学部図書室に出かけて新聞をまとめて読んでくる。どの新聞だったか忘れたが「ネット飲み会」についての記事が興味深かった。
 「アニメについて」のチャットをしながらパソコンの前でお酒を飲む「ネット飲み会」についての記事であった。…読んでいると「俺がやっているツイッター系のサービスでのチャットと同じじゃないか」と思って実に面白かった。個人的にツイッター系のサービスで同志とチャットをするのが実に楽しいものだと思っているが結構広まっているのかもしれん。

 JAXAの報告書の草稿を仕上げて、天気も良かったので大通に出かける。図書館カウンターで本を借りて、それからとらのあな・アニメイトに出かける。ちょっと前に発売された漫画「ハレルヤオーバードライブ」を購入する。チラッと読んでいるが面白い作品だと思う。注目作だと思う。

 今日はインターネットの新しい使い方として通信対戦ゲームをやってみようと思う。もしこの試みが上手くいったならば定常化させたいという思いも感じているだけに割りとドキドキする実験である。

 とりあえず、明日に報告書を仕上げてさっさと送る。それから、借りてきた本をひたすらに読み込みたい。読書・濫読が大事だ。


ハレルヤオーバードライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)ハレルヤオーバードライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2009/11/12)
高田 康太郎

商品詳細を見る

↑今日買ってきたゲッサン連載の漫画「ハレルヤオーバードライブ」。著者が音楽好きらしく音楽への愛があふれている作品。俺はそんなめちゃめちゃ音楽が好きなわけではないが、それでもこの楽しそうな雰囲気とあふれる勢いが実にいい、そんな作品だ。個人的にだいぶ当たりの作品だと思う。

人気blogランキングへ

新聞に無重力実験の記事・韓国体験談をざっと書く・外堀を埋めていく感じ

 韓国に行ったときの体験談を500字くらいで書く原稿をざっと書くものである。何を書いたものかと昨日一日もんもんとしていたが書き出したら一気に書いてしまった。500字くらいの原稿ならばチョコチョコ考えるよりも勢いに載せて一気に書いたほうがいいと思ったのでこれでいいと思う。
 体験談とは別に、報告書が2000字の分量であるのでそれを来週の金曜日までに書かないといけない。

 火曜日なので研究室のゼミがある。ゼミに出ていてつくづく「精神的に見て、俺はもうこの学校ではまともに闘える状況にはないな」ということを実感する。学校にいる意義が見出せない状態で学校にいることが本当につらい。…もはや来年3月に退学して「単位取得退学」にすることを目的にだらだら学校にいる、ということが目的のよく分からん状況に位置している。あとは要するに学費を払って3月まで「在籍」しているだけでいいので、もう本当に「いるだけ」が目的という有様だ。さて、一体全体何をしたものか。

 図書室に出かけて新聞をざっと読む。日曜日の新聞の読書面が面白い(「化物語」がオリコン調べでは上下巻あわせて56万部売れているそうな、というか新聞の読書欄に「化物語」が登場することがレアだ)。そう、新聞といえば今日の朝日新聞の科学面が「無重力実験」の特集で、記事の最後のほうに「無重力で線香花火を燃やす」という、俺がやった研究の話がちょこっと出てきたので「おや」っと思った。…俺は精神的に死に掛けているが、あの「線香花火@無重力」がまだ頑張っているというのを見るのは嬉しいものである。
https://aspara.asahi.com/blog/science/entry/WPAgId5oOu

 なかなか返せていなかったメールのレスをざっと書いて見たり、実験データをちょっと整理してみたり、地味な作業をちまちまとやってみる。こういう風な外堀を埋める作業がなんとか今後に生きてくればと思う。

 最近は意欲が薄れているのか読書に対する関心が以前よりも落ちている感じがする。今日は学校の北部図書館に本を返しに出かけたのだが、なんか棚を眺めていても新しく本を借りようという気分にならないというか、本を見て「面白そう」だと思うことがなくなってきたので自分でヤバい傾向だと思っている。
…既存の図書館がダメならば身銭を切ってでも面白そうな本を調達してこないといけないと思う。

功利主義者の読書術功利主義者の読書術
(2009/07)
佐藤 優

商品詳細を見る

↑アマゾンで見ていたらこの本がちょっと面白そうだと思うのだがどうだろうかしらん。今度本屋で立ち読みしてよさそうならば買ってきて読もうと思う。

「化物語」原作上巻は「まよいマイマイ」編をちまちまと読んでいる。…ちょっと長いので結構読むのが大変だ。俺の中では読んでいてめちゃめちゃ面白いってほど面白くもないので読む速度も遅くなってしまう。

人気blogランキングへ
自然科学38位

Navigations, etc.

Navigations

FC2カウンター

カウンターfrom2005.1.1

プロフィール

Yutaka ICHIMURA

Author:Yutaka ICHIMURA
 趣味はアニメ・漫画・ライトノベルなどポップカルチャー全般とモータースポーツ観戦、物理学・機械工学の勉強。
 コメント・TBは歓迎いたしますが、予告なく事前認証制にすることがあります。
 管理人へのメールはargonracing +at+ gmail.comからください(ただし普段使っていないアドレスなのでここからメールを送った場合はコメント欄にその旨を記載していただきますようお願いします)。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

リンク

http://www.inv.co.jp/~popls/

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

管理者ページ